« ポーランド陶器と和食の日 | トップページ | ホームパーティー »

ベビースイミング

20070508_baby_swimming_1 初のベビースイミング@Rialto。お風呂が大好きな娘はきっとプールも喜ぶだろうと、母は水着なんてもう着たくないのに、ここは一つ体を張ることに。  

生徒数7人という少人数のクラスでしたが、日中の時間帯だったのに関わらず、うち二人はお父さん。 ロナウジーニョ似のお父さんもいて、一緒に行った友達は、「FCバーゼルの選手じゃない?」なんて見入っていましたけど。。ともかく、こちらではお父さんがバギーを押している姿も日常的に見かけますし、子育てに参加している父親は素敵ですね。

っと脱線してしまいましたが、クラスは30分、娘を抱きかかえたままプールの中をぐるぐる歩いたり、持ち上げたり、バタ足をしたり、ラッコ型になってみたり、歌をうたいながら行われます。3回ほど水中に潜ったのですが、事前にコツを教えてもらったのにもかかわらず、娘は水を飲んで咳き込んでしまいました。その後、本人はへっちゃらな顔をしていたので、あまり気にしなかったのですが、水を飲み過ぎると水中毒になる危険性があるようですね。気をつけねば。。    

プールでの子供達の反応は様々。泣いている子もいれば、我が娘のようにパシャパシャとはしゃぎまくりの子も。私としては、この笑顔が見れただけでも行った甲斐があったというもんです。ただ、難点をあげるとすると、ロッカールーム。と言うか、外にバギーを置くスペースが無いため、ロッカールームに置くのです。こちらのバギーはただでさえ大きいのですが、それが所狭しと並んでしまって、娘の体を乾かすのもオムツをするのも一苦労。せっかく楽しい気分でプールからあがっても、これでは台無しです。。

ということで、今後継続するかどうかは分かりませんが、元水泳部の母としては、泳ぐのが好きな子になってくれればと願っています。

|

« ポーランド陶器と和食の日 | トップページ | ホームパーティー »

「育児」カテゴリの記事

コメント

えっっ??水泳部だったのですか?毎週ジョギングもされてますよね。ほんとにトライアスロンですね。

私も、ベビースイミングや格好いいお父さんには興味あるけど。。。そうよ、そうなのよ、もちろん親の私も水着を着なくちゃいけないのよね。じゃ、だめだ。カナヅチにはなって欲しくないんだけどね。

投稿: よしこ | 2007年5月10日 (木) 13時04分

娘さんは水も怖がらずに、楽しめたみたいですね。お風呂より広々としてて、気持ちよかったのかな?
うちの子は顔に水がかかるだけできっと大泣きしちゃうだろうな・・・。私も子供の頃すごく水嫌いだったみたいだし。もう覚えてませんが。(笑
でも、小さい頃からプールとかに慣れている方が、物心着いてから初めてってのよりいいんでしょうね。
ところで、水の中でもやっぱりオムツってするんですよね??そんなことが、ふと気になったBelleでした。(笑


投稿: Belle | 2007年5月10日 (木) 18時24分

Nちゃんの水着ってどんなかな。。。おむつ式海水パンツなるものを想像していますが。。。思い切ったビキニだったりして。。想像するだけで楽しくなります。お腹の中で泳ぎをマスターした赤ちゃんは、水を怖がらないと、聞きましたが、そんな親子スイミングクラスがあるなんて、進んでいますね。お腹に乗せてラッコのように泳ぐ姿、一度拝見したいものです。
高校時代に一日4キロ近く泳いでいたあなたなら、何かあってもすばやい対応ができるでしょうし、安心です。いまだに水慣れしない私には
自分が溺れないようにするのが精一杯。泳げるって、いいことだー!!!

投稿: rosemary | 2007年5月11日 (金) 07時05分

よしこさん、気が付けば、高校=水泳部、大学=サイクリング部、会社=マラソン部、 と来てしまったのよね。今となっては過去の栄光だけど。

Eちゃんは運動神経もいいし、プールでもきっと大喜びでハッスルしそうだわ。今度、近くの公共のプールに一緒に行ってみません?


投稿: ハイジ | 2007年5月11日 (金) 12時48分

Belleさん、気にされた点ですが、びっくりするなかれ、オムツは無しなんです。水泳用のオムツも無しでOKとのこと。そのほうが体の動きをさまたげないし、そもそも水圧によって尿は出にくいらしいのです。でも実際は、垂れ流し、みたいです。幸い、「大」のケースはほとんど無いらしいですけれど。。

夏に向けて、Belleさんの娘さんも水とお友達になれるといいですね。

投稿: ハイジ | 2007年5月11日 (金) 13時08分

rosemaryさん、水着はフリフリのついたピンク色のパンツです。娘のぷにゅぷにゅのお腹と密着できるのはたまらないですね。ベビースイミングはトレーニングというより、親子の絆を深めるためにあるのでしょう。今回は、ベビースイミングの教室でコツを教えてもらったので、あとは公共のプールでラッコの続きをしたいなぁと思っています。

投稿: ハイジ | 2007年5月11日 (金) 13時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/6365708

この記事へのトラックバック一覧です: ベビースイミング:

» 水中毒 [水中毒]
水中毒という言葉を知っていますか?とっても怖い現象で知っておいて損はないですよ! [続きを読む]

受信: 2007年5月11日 (金) 01時22分

« ポーランド陶器と和食の日 | トップページ | ホームパーティー »