« Big Sis | トップページ | 娘のゴッドマザー »

ドイツ語学校 その後

20070621_obscura 世界最大の現代アートメッセである、Art Baselは終わってしまいましたが、その一環として企画されたトラム"Obscura"は明後日まで。「面白いからみんなで体験してみましょう」、と言い出したのは、ドイツ語学校の先生。初のプチ遠足ということで、私を含め生徒たちの表情もより生き生きと。走るアート、こと、トラム"Obscura"号にみなで乗車すると、窓のピンホールを通して、逆さまになった日常の風景が映し出され、なんとも幻想的な体験が出来ました。(写真だと、暗くてなんだか分かりませんね。。失敬。)調べてみたところ、obscuraとは、ラテン語で「暗い箱」を意味し、壁に穴が開いただけの暗い部屋からカメラの原理が導かれたのですね。ともかく、臨機応変で自由裁量のこの授業。ものの30分程度と言えど、教室内では学べないものを学べるような気がしました。

20070621_inlingua 授業もこれで5回目ですが、先生も朗らかで、クラスメート達も明るく、なんだか楽しい時間です。文法より会話に重きが置かれており、先日はハイリゲンダムの首脳会談や、フリーペーパー"Heute"について話し合ったり、現実的なテーマも大変興味深く。自分の意見をしっかり持っているクラスメートとの議論は、育児から離れたところで、社会に目を向けるために役立っている感じです。時には、ドイツ語の単語が限られていても、自分の意見を言えてしまうクラスメートに感心したりすることも。もうちょっと私も自分の考えを言えるようにならなきゃなぁ。。。 ちなみに、このドイツ語学校Inlinguaは、宿題に費やす時間も1時間程度。チューリッヒに住んでいたときに通ったOekosやAlphaと比べると楽勝もの。でも、今は、育児で手がまわらないこともありますし、宿題の提出や出席もそれ程厳しくない、ゆるりとした雰囲気のInlinguaを選んで良かったと思っています。

|

« Big Sis | トップページ | 娘のゴッドマザー »

ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

単語の数が限られていても、意見をまとめて人前で話が出来る、その箇所がとても印象に残りました。語学には積極性も必要と言う事でしょうか。国民性なんて言ってないで日本人もどんどん表に出て、大いに恥をかきましょう!!
クラスメイトが明るい人たちのようですし、先生もまた、実用的な授業と和やかな雰囲気を作り出し、そこに集まるだけで楽しい、という、語学習得の「つぼ」を心得た、先生のようですね。継続は力なりですから、ゆる~りと続けてくださいね。

投稿: rosemary | 2007年6月22日 (金) 13時52分

写真でイマイチ分からなかったのでHP見てみました。こういう体験型アート、好きです。日本には体験型は少ないので月末、新国立美術館へモネを観に行く予定です。
ドイツ語学校、良い先生や生徒さんで良かったですね。学校は飽きずに続けられて、実用的なのが一番。ニクイ先生ですね~

投稿: CACA | 2007年6月23日 (土) 13時44分

rosemaryさん、そうですねー、日本は恥の文化といわれているように、人の目を気にする傾向がありますが、語学を学ぶ時には、どうしても足枷になってしまいますね。とにかく間違ってもいいから話さないことには話せるようになりませんから。ということで、私もずうずうしくやりますよー。あとは、価値観や文化、育った環境などが似ていたりすると、言葉云々という前に、通じやすいということはあるのだろうなぁ、と思います。

投稿: ハイジ | 2007年6月23日 (土) 23時07分

CACAさん、ごめんね~、フラッシュたかなかったので、暗くてなんだかよく分からない写真になっちゃった。。。

新国立美術館のモネ、いいですねー。是非行ってみたい美術館です。Aくんと一緒に行くのかしら?レポート、楽しみにしていますね。

実は今晩、先生は生徒たちをご自宅でのBBQに誘ってくださっていました。私は先約があったので、行けなかったのだけれど、こういう粋な計らいをしてくれる、素敵な先生なのです。

投稿: ハイジ | 2007年6月23日 (土) 23時15分

いやいや、フラッシュ焚いたらせっかくのピンホールが台無しだったかもしれないし。良い刺激になりました。
しかし、素敵な先生!もう、教え方と言うより先生の人柄の良さかもね。
実は、旦那さんが美術番組をやっていて、モネのタダ券もらったの。本人は多忙で無理そうなんだけど、子連れで行ってこようと思ってます。黒川紀章の建築だけでも見る価値ありますよね~
近日レポートします。

投稿: CACA | 2007年6月24日 (日) 04時54分

CACAさん、いいなぁ~、モネのタダ券。でも、子連れの美術館は、まだ私はちょっと緊張しちゃう。。。歩き回って美術品に触れる、なんて心配はまだ無いけれど、静かな美術館でグズられたらどうしようと思って、かなり駆け足で作品を観てまわったことがありましたっけ。でも、Aくんはアーティストの卵ですし、案外一緒に楽しめちゃうかもしれませんね!新国立美術館も気になるけれど、Aくんの反応も気になるところだわ。

投稿: ハイジ | 2007年6月24日 (日) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/6876081

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語学校 その後:

« Big Sis | トップページ | 娘のゴッドマザー »