« 誕生日の来客 | トップページ | ベビーシッターさん »

花の歳時記

20070605_blumen 娘を連れて近くの花畑へ。好きな花を好きなだけ摘んだ後は、良心箱にコインをチャリン。今はラベンダーやBartnelken(アメリカナデシコ)が満開です。バラもちらほら咲き始めていますが、もうちょっとしたらクロッカスや向日葵なども出番を迎えます。このセルフの花畑、花にも旬があるんだなぁ、と改めて思い起こさせてくれます。  大地に根付いて、太陽をいっぱい浴びている花たち。なんだか、のびのびと幸せそうです。

20070605_getreide_2 ところで、なぜか穀物(ライ麦?)も花に紛れて栽培されているのですが、一体どうやって使うのでしょう。お飾りとは思えないし。。今度、ライ麦を収穫している人に出くわしたら聞いてみたいと思っています。

それから、個人的に気になっているのが、Sonnenhut(エキナセア)。アメリカ先住民の万能薬だったそうです。免疫力向上やアレルギー緩和に役立つそうなので、ハーブティーにして飲んでみようかな。

ただ、自然の中で咲く花には、蜂が群がっていたり、積んできた花を活けようとすると小さい虫が飛び出てきたりするので、ご注意を。

20070605_blumen_weg

|

« 誕生日の来客 | トップページ | ベビーシッターさん »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

好きな花を好きなだけ摘んで、御代は良心箱へ。
広々した畑には作物だけでなく、お花やハーブも栽培されて、色とりどりの花が緑に映えて、とてもきれいですね。田園さながらの風景写真 、そんな素敵な環境は時に、虫や鉢に驚かされるでしょうけど、あんまり毛嫌いしないで、ファーブルの目を育てる好機にして下さいな。
Nちゃんは、フライドグリーントォメィト(トマト)の映画の中のbee charmerのような女の子になるかも。この映画はお勧めです。観たかしら?10年くらい前のフィルムですが。。さて畑の中のライ麦は、きっと穂を乾かしてドライフラワーのアレンジメントに使ったりするのじゃないかしら。。エキナセァは試飲後の味の報告、待ってまーす。

投稿: rosemary | 2007年6月 6日 (水) 13時47分

一つ、書き忘れました。「花の歳時記」で一番強い印象だったのに.。それは最後の写真のNちゃんの表情です。振り返ったその顔は、お散歩に連れ出してもらった嬉しさで、満面の笑み。どの花より可愛い!と思いました。

投稿: rosemary | 2007年6月 6日 (水) 14時01分

rosemaryさん、この間まではチューリップが楽しめましたし、これからはrosemaryさんの好きなバラが見ごろを迎えます。

私の天敵である蜂に対し、ファーブルの目を養えるかどうかは別として、虫は田舎生活にはつきものなので、大騒ぎしないようにしています。虫だけでなく、牛や鶏やコウノトリにも囲まれている毎日を過ごしていると、生き物は人間だけじゃないんだなぁ、なんて思います。東京に住んでいるときは考えもしなかったことですが。

ライ麦もデコレーションにしちゃうとは、斬新な。ドライコーンの感覚ですね。

フライドグリーントマト、今度観てみますね。

昨日は友達とプールにも入ったり、多忙な一日でしたが、娘は絶好調。もっちろん、どの花より可愛いかったですよ。(親バカ)

投稿: ハイジ | 2007年6月 6日 (水) 15時15分

近くにこんなお花畑があるなんて、なんて素敵なんでしょう。
ほんと、お散歩好きにはたまりませんね。

ところで最後の写真、私もとってもいい写真だなあって思いました。
Nちゃんもカメラマンさんもとっても素敵!

投稿: naoko | 2007年6月 6日 (水) 16時55分

naokoさん、素敵でしょう?きっとNぴょんなら目を輝かせて散歩を楽しめると思うわ。それにね、近くのAllschwilの森の中には3kmほどの散歩コースがあるので、健脚ぶりを発揮していただくべく、是非遊びにいらして欲しいわ~、としつこく勧誘してみます。

実は、私も、最後の写真はなかなかいいじゃん、と思っちゃったりしています。被写体への愛情がなせるワザかな。

投稿: ハイジ | 2007年6月 6日 (水) 20時44分

そうそう、いつも思っていたのだけど、その辺の広っぱに雑草のように生い茂ってる花たちって、勝手に摘んでもいいのかな、て。でも、良心箱があるんなら、良心も痛まず気兼ねなく摘めるからいいよね。

私たちが子供の頃って、そんな広っぱがいっぱいあって、草や花も自由に摘んだりしたじゃない。そうやって自然と親しむ経験を娘たちにもさせてあげたいいよね。ご近所なのね。今度連れて行ってください!

投稿: よしこ | 2007年6月 7日 (木) 07時59分

よしこさん、「広っぱ」って言葉、懐かしいわ。いい言葉ね。たしかに、昔は広っぱで、たんぽぽやつくしを摘んだり、ピーピー豆を鳴らしたり、四葉のクローバー探しに夢中になったりしたよねぇ。童心に返って、是非みんなで花摘みしましょ。

昨日、Sさんが時々行くという、近くの公園も視察に行ったら、小さい子用の滑り台も出来ていました。(てか、Eちゃんは大きい滑り台で十分OKだったね。)花摘みと組み合わせて、一緒に行こう~!

投稿: ハイジ | 2007年6月 7日 (木) 14時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/6681810

この記事へのトラックバック一覧です: 花の歳時記:

« 誕生日の来客 | トップページ | ベビーシッターさん »