« つかぬ間の晴れ間に初歩き | トップページ | 娘の性格 »

ご近所さんのおもてなし

20070707_bbq_1 スイス人との近所づきあいは難しいという心積もりでいたせいでしょうか、それが良い意味で裏切られると、余計に嬉しいですね。

以前アペロにお招きしたことのある、階下に住んでいるカップルが、BBQに呼んで下さいました。娘の生活リズムにあわせて16時からの開始。階下にお邪魔すると、1歳の娘のために座席や食器まで用意されていたのには驚きましたが、娘もしっかり歓迎されているようで、嬉しかったです。

BBQといえど、お肉とソーセージだけでなく、5種類ものサラダが並べられていました。久々に気温が上昇した今日のような日には、最適ですね。酔いも手伝ってか気分が良くなった私は、サラダを2皿分頂いた後、チキンとラムも平らげてしまうほどの絶好調ぶり。これも、娘がお二人に懐いて、ボールの転がし合いまでしていてくれたおかげです。

そして、残ったサラダとデザートはタッパーに入れ、お持ち帰りにしてくれる気の利き様。スポーツ好きな、若いカップルですが、こんな気さくで素敵なおもてなしが出来、子供の面倒までもみてくれるなんて、脱帽でした。

一般的に、スイス人は親しくなるまでに時間がかかり、積極的にこちらからアプローチすると引いてしまう、と思っていましたが、少し考えが変わりそうです。そして、「おもてなし」とはまずは「気持ち」ありき、なのですね。改めてそんなことを実感した晩でした。

|

« つかぬ間の晴れ間に初歩き | トップページ | 娘の性格 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

「おもてなし」とは、まずは「心ありき」、のお言葉、しかと承りました。ホントそうですね。友達や、ご近所、親しい人を招いた時はご馳走は二の次、暖かい気配りで、居心地のいいもてなしをしようと思いました。


投稿: rosemary | 2007年7月 8日 (日) 12時48分

rosemaryさん、おもてなしの真髄って、高価な食材を使った、手の込んだお料理を用意することだけではなく、それ以上に、ゲストにどうやって喜んでもらえるか、と相手の立場に立つことが大事なんだなぁと改めて実感。そして、ゲストとともに自分も一緒に楽しんじゃうことも大事なのかと。(このためには、余裕、慣れ、なども必要なのでしょうね。)我が家も、お客さんが多い方ですが、上手におもてなしを心がけ、和気藹々と楽しい時間を重ねていきたいな、と思っています。

投稿: ハイジ | 2007年7月 8日 (日) 14時08分

素敵なご近所さん!ハイジさんの周りには良い方ばかりね。類友かな?あなたの人柄ですよ、きっと。
以前住んでいたマンションは年配の方が多く、ご近所付き合いがあり、おすそ分けをしたりされたりで楽しかったのですが、今のマンションは若夫婦が多いせいか、目を合わせないようにしている人ばかり。私が挨拶するとしぶしぶな感じで答えてくれますが、明らかにめんどくさそう。
おもてなしって、その人のテリトリーに招き入れてもらう、それだけでも十分感じますもの。ましてや、心尽くしとなれば嬉しさもひとしお。しょっちゅう顔を合わせる仲に素敵なご近所さんがいると気持ち良く暮らせますよね~

投稿: CACA | 2007年7月 9日 (月) 13時56分

CACAさん、今は、恵まれている環境だと痛感しつつ感謝しています。これまで何度も引越しを重ねてきたけれど、こんなにスムーズに馴染めたのは初めてなの。以前は、スイスでは、友達をつくろうと躍起になって空回りしたことも。でも、今回は肩の力が抜けてマイペース(正確に言えば、娘と一緒なのでアワーペースかな。)でやっているのだけれど、どうやらそれが良いみたい。バーゼルという適度な規模の町だということもあるし、何よりもベビがいるおかげかもしれません。東京(しかも港区)のような時間の流れが速い大都会だと、近所づきあいはたしかに難しそう。。。六本木にいたときは、挨拶を交わすのが関の山だったもの。時間があえば、お茶でも飲みながら世間話をする、、、そんな余裕が欲しいですね~。

投稿: ハイジ | 2007年7月10日 (火) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/7071587

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所さんのおもてなし:

« つかぬ間の晴れ間に初歩き | トップページ | 娘の性格 »