« 亭主留守の間に | トップページ | 秋を感じつつ »

パパっ子

20070908_2 本日、夫が海外出張から帰ってきました。娘は、それはそれは喜んで、夫にしがみついて離れません。長時間のフライトの後は、ゆっくりシャワーを浴びたいであろうと思い、娘の抱っこを代わろうとすると、娘は「パパがいい~」とばかりにしがみつく手を強め、泣き出すではありませんか。「一週間お世話をしたのは私なのよぉ」と叫びたいところなのですが。。。ま、ここは一つ大人になって、夫の満足げな顔を尻目に、「ママと一緒に玩具で遊ぼうね。」などとなだめながら、階下に連れて降りてきます。

「母親は居て当然の存在であるのに対し、父親とは会える時間が限られていて、しかもその限られた時間の中で遊び担当なので、なおさら父親になつくんだよ」と友達に言われたことを思い出していましたが、やはりちょっぴり淋しい気持ちになりますね。まだ、肝心なときには「ママ~」と言うようなので、夫が娘の面倒をよく見てくれることに感謝し、時には夫に花を持たせてあげるのもいいだろうと寛大に構えていたいものですけれど。。。

|

« 亭主留守の間に | トップページ | 秋を感じつつ »

「育児」カテゴリの記事

コメント

花を持たせてあげましょう。そのほうが家庭円満、父娘の絆円満、しいては、ハイジさんの育児解放の時間とゆとり時間が持てて、結構いいものです。出張帰りのパパから片時も離れないNちゃんはもう誰が父親か、わかるんですね。そういえばCACAさんも、お父さんをダッシュで迎えるA君の事を書いていましたね。仕事の疲れもいっぺんに吹き飛ばす「力」を持っている子供の愛情表現って凄いね。でも大丈夫、一番頼りにするのはヤッパリオッパイをくれたお母さ
ん。

投稿: rosemary | 2007年9月 9日 (日) 02時35分

rosemaryさん、そうですね、思い切って任せてしまうことにしました。おかげで、ジョギングやパソコンに向かう時間が出来るのですからね。今は二人で夢の中。また同じような格好でお昼寝しているのでしょう。

投稿: ハイジ | 2007年9月 9日 (日) 14時16分

ご主人戻られてホッと一息着けますね。なんて素敵な光景だろう!Nちゃん、パパの愛情を一身に受け、それを何倍にもして返してご主人を癒してる、それがこちらにも伝わってきます。

そうそう、男親って遊び担当の、良いとこ取りですよね。うちのTOTOなんぞ、Aがうんちすると小学生のように大騒ぎします。気が付いたなら換えてあげれば良いのに。グズグズが長引いてくると、なんでもおっぱいのせいにするし(笑)
でも私はね、生まれた時からずっとTOTOに譲るようにしてます。どうしてもAと一緒にいる時間は限られてるし、家族のために頑張って働いてくれてるから、ご褒美のつもりで。それに私、絶対の自信があるから~

投稿: CACA | 2007年9月 9日 (日) 17時05分

CACAさん、母親って、嫌がる子のオムツを替えたり、お風呂に入れさせたり、世話焼き係り。一方で、楽しい時間を一緒に過ごすのが父親の役目。なんだか割りにあわないなぁって思ってしまうことがあります。それに、私も以前はよくおっぱいのせいにされました。グズり出すと、「お乳飲みたいんじゃない?」ってバトンタッチされちゃうの。母親としての自信はあると思っていても、どこかで不安もあったり。夫も大変だろうなぁと頭でわかっていても、悪態をついちゃったり。私はまだまだです。。。

投稿: ハイジ | 2007年9月 9日 (日) 22時51分

少し寂しく感じられるハイジさんが偉いと思うわ。私なんかいつなんどきでも、「もっと父親のところへ行ってくれーー」と願ってしまうもん。もちろんMさんも、素敵なパパだからなんだろうけど。
うちも来週から3週間ほど夫が不在。いなかったら「タッタ、タッタ(パパのこと)」と騒いだりするのかな。ちゃんと覚えててくれるかしらん。帰ってきたときには、Nちゃんみたいに抱きついてやってくれーって。いじけられたら困るもん。

投稿: よしこ | 2007年9月11日 (火) 13時18分

私は二児出産後、体が思うように動かせないときにだんなに対してそう言う気持を抱いたなあ。というか、そういうときだけでなく、子供の世話で精一杯がんばってるときって、やっぱり子供からもその努力にみあうような愛着を返してほしいものなのよね。
私ももっと寛大にならないといけないなあと思うことがもうたくさんありすぎて。とにかく、すかれる母親になりたいなあというのが私の目標というか願いというか。お互い愛らしい母親になれるようがんばってみましょうねえ。

投稿: さはる | 2007年9月11日 (火) 14時23分

よしこさん、うーむ、3週間か。。。娘と二人っきりだと、夜ご飯も簡素にして(ま、うちはもともと簡素ですが。)自分ペースで出来るという利点もあるけれど、さすがに3週間は長いかしら。。。大変だけど、乗り切ってね。タッタとEちゃんの再会の場面も楽しみです。
うちの夫は、娘に甘いからねー、娘が躓くだけでもすぐに抱っこ。食後、顔を拭くときも、冷たいガーゼはダメで、電子レンジであたためたりしてるのよ。過保護でしょう?

投稿: ハイジ | 2007年9月11日 (火) 23時16分

さはるさん、子育てに見返りを求めてはいけない、と思っていてもこれがなかなか難しいのよね。その点、仕事をしていた時は、報酬という目に見える形での報いがあったけれど。。。でも、きっと子供達はまだ言葉では表現ができなくとも、お母さん・お父さんが大好きなんだ、と自信を持たなきゃいけないのかもね。私も娘には愛情を一杯感じて育って欲しいと思っています。お互い、愛らしいお母さんを目指しましょうね。

投稿: ハイジ | 2007年9月11日 (火) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/7864258

この記事へのトラックバック一覧です: パパっ子:

« 亭主留守の間に | トップページ | 秋を感じつつ »