« Kabocha | トップページ | フランスの物産展へ »

ジンボリー、スイスに進出!

20070901_gymboree1 CACAさんのジンボリー体験記を読んで、スイスにもこの幼児教室があればいいのに、と思っていたのですが、なんとその願いが叶ったりで、今日9月1日、グランドオープン!早速、無料体験レッスンに参加するため、開店と同時の10時に駆けつけました。

20070901_gymboree2 バーゼルのジンボリーは、バーゼル駅(SBB)や駐車場(Elisabethen)にも近い便利なロケーションにあり、その割りには会場は広く、施設も遊具もまだピカピカ、スタッフはネイティブもしくは英語が堪能、クッション張りのフロアなど、それだけでも十分に親の心をくすぐります。そして、講師の指導のもとキャッチーな歌とともに、遊具などを使って体を動かし始めると、子供達の目は輝きだします。我が子は最初は親にくっついていましたが、徐々にトコトコ星人と化し、数々の遊具に突き進んで行ったり、音楽に乗って体を揺すったり、笑顔もこぼれるように。私が他のママさんとおしゃべりとしている間、娘がいなくなったと思ったら、コーヒーの香りが漂うキッチンに潜入ていたり。楽しんでいる娘の姿を見て、心は決まりました。子供にかかる予算に糸目をつけなくなる私は格好の鴨かもしれないと苦笑しつつも、申し込もうと心に決めて会場をあとにしました。娘は1歳2ヶ月になり、他の子供にも関心を持ち始め 、言葉ではなくともコミュニケーションをとろうとしています。是非、他の子供と接する機会を増やしてあげたいと思いました。ちなみに、このジンボリー、スイスでは知名度はまだ低いようですが、アメリカ人のお母さん達は「よくぞスイスに」とばかり飛びついていました。

20070901_gymboree3_7 さてと、あとはスケジュールとのにらめっこ。母子ピラティスやキンダーミュージック等なんやかんやと申し込み済みなので、どこにジンボリーを組み入れようかと楽しく悩むことにします。予定を入れ過ぎかな。。。でも、外で遊べなくなる冬場には、こういった室内の遊び場が必要ですしね。秋から活動開始、母子ともに楽しみますよー!

|

« Kabocha | トップページ | フランスの物産展へ »

「育児」カテゴリの記事

コメント

祝・バーゼル教室開講!!日本の教室と遊具も壁の色もまったく同じですね。
アメリカで上の子を通わせていたというママから聞いたのだけど、アメリカの教室と内容も同じなんだそうです。ただ違う点もあって、授業料が日本の方が高くいんだとか。スイスも物価高だし、いいお値段しそうだね。

ともあれ、Nちゃんもお気に召した様子で良かったね~ Aは丸太転がしで必ず愚図ります。みんなで一緒にやらされるのが嫌みたい。
ジンボリーは幼児教室と言ってもお受験教室と違ってのびのびしてるところが私は好きです。衛生的な教室でいろんな子供と身体を使った遊びが出来るしね。

秋から更に忙しくなりそうだね。

投稿: CACA | 2007年9月 2日 (日) 21時24分

CACAさん、ジンボリー、続けてみないと分からないこともあるとは思うのですが、最初の印象はとても良かったです!Aくんと娘がそれぞれ日本とスイスで丸太転がしやパラシュート遊びをやっていると思うと、なんだか嬉しいし。確かにちょっとお高いんですけどね。でも、公園や動物園に行けなくなるスイスの冬を乗り切るためにも、ジンボリーは良いと思うわ。

そうそう、広尾のジンボリーでスタッフをされてた方が今はバーゼル勤務になったそうで、日本のことも懐かしそうに話されてました。その方から聞いたのですけれど、会員になれば、広尾の施設も2回だか使えるんですって。CACAさんが行かれるときにでも、くっついて行っていいかしら?

投稿: ハイジ | 2007年9月 2日 (日) 22時36分

うん、一緒に行こ行こ!楽しみ♪
広尾にいたスタッフさんがバーゼルにいるってのもすごいね。会員証は世界共通なので転勤族の人もよく利用するんだそうですよ。


投稿: CACA | 2007年9月 2日 (日) 23時32分

ビバ!ジンボリー!!お二人の共通項が広がりますね。Nちゃん、A君が一緒に遊ぶ姿を思い浮かべて「あ~きよ来い、は~やく来い♪歩き始めたふ~たりが♪~♪」なんて歌ってしまいそう・・・Nちゃんが遊具や人に慣れていく様子の写真は、可愛いですね。下の写真は音楽に合わせて身体を動かしているのかな・・中心がぶれてないのできっと、ダンス上手な子かもよ。

投稿: rosemary | 2007年9月 3日 (月) 03時37分

ジンボリー、懐かしいな。ちょうどうちの娘がNちゃんぐらいの時にアメリカで通っていました。週1のレッスン以外に自由に遊んで良い時間とかもあって利用していました。外遊びが出来ない季節にはとても助かるよね~。帰国時にCDを買ってきたんだけれど今でも時々聞いて楽しんでいます。

投稿: kana | 2007年9月 3日 (月) 07時40分

CACAさん、いえーい!楽しみです!娘と私はかなりオノボリサン全開で行くと思うけれど、お手柔らかにお願いしますね。

投稿: ハイジ | 2007年9月 3日 (月) 21時13分

rosemaryさん、娘はマラカスも気に入ったようで、ずっとシャカシャカと楽しそうにしていました。マラカスを返却する際にはちょっと泣かれちゃうほどに。
足元がしっかりしてきたので、素足だと大分早く歩けるようになりましたし、頭をゴチンすることも少なくなってきました。音楽にあわせて踊れる日も近いかしら。

投稿: ハイジ | 2007年9月 3日 (月) 21時15分

kanaちゃん、ほほう、本場アメリカのジンボリー、体験済みなのね!KanaちゃんちのNちゃんも楽しく遊んでいたのかしら?アメリカらしい楽天的なノリなので、気軽に楽しめそうなところも気に入ったし、ひそかに親達の交流の場にもなることも期待しているの。
CDもあるんだ-、私も買っちゃいそうだな。。。

投稿: ハイジ | 2007年9月 3日 (月) 21時17分

うちは「三歳までは幼児教室に通わせなくていいよ。」という旦那の方針も(が?)あり、まだそういうところには行ったことがないんだけど、写真見るととても明るくて楽しそうな雰囲気ねー。毎日朝から晩まで子供と一緒にいる母親からすると、外で子供が楽しんでくれる機会があると、子供のためにもなるような気がするし、母親自体も気晴らしになって助かるんだけどねぇ。

投稿: よしこ | 2007年9月 5日 (水) 08時27分

よしこさん、たしかに「教室」と言うと、画一的な指導で子供を型にはめるようなイメージだよね。私は幼児期は自由に、時には失敗をしながら、のびのびと成長していくのが理想だなぁと思っていたんだけど、ここのジンボリーは、結構自由な雰囲気もあって気に入りました。みんなで行うパラシュート遊びのときに娘は滑り台の方に興味があって勝手に遊ばせてたし。夏場は、公園や動物園など行けるけれど、冬場がね。。。また、みんなでお互いの家を行き来するジプシー生活も始まるね。

投稿: ハイジ | 2007年9月 6日 (木) 07時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/7776337

この記事へのトラックバック一覧です: ジンボリー、スイスに進出!:

» 英語部門情報商材−2007.9.1 集計ランキング更新☆ [英語部門-情報商材・評価ランキング10☆]
英語情報商材の2007.9.1集計ランキング◇◆◇◆◇ [続きを読む]

受信: 2007年9月 2日 (日) 09時16分

» 「パートナーピラティス」 伊達公子さん ミハエル・クルムさん [Yoga++]
元女子プロテニス選手の伊達公子さんと夫でドイツ人のレーシングドライバーのミハエル・クルムさんが「無理せずキレイでかっこよくなりたい」という人にオススメする1冊。1日1ポーズで21パターン、3週間でアスリートボディになれるそう。 ■クリックすると記...... [続きを読む]

受信: 2007年9月 4日 (火) 16時59分

« Kabocha | トップページ | フランスの物産展へ »