« 基地内でブランチ | トップページ | Park Hyattで幸せディナー »

温泉、昔の記憶とともに

20071001_onsen1両親と一緒に箱根の温泉へ。宿泊先は、かつてよく利用した、父の会社の保養所です。この保養所は、私が小・中学生だった頃、年末にになると両親がよく連れて行ってくれました。父は、年賀状用に版画をしたり、母は何度も温泉に浸かったり、妹と私はプレイルームでピンポンに明け暮れたり。思い思いに過ごしつつ、それでいて心の中ではしっかりと家族の絆を感じていたのだろうと思います。

20071001_onsen3そんな懐かしい思い出の詰まった保養所。長年足を運んでいなかったので、美化された思い出からはかけ離れた、寂れた景観になってしまっているのでは、と不安視していたのですが、いやいや何のその!食事・温泉・部屋、、、どれをとっても記憶の中より格段上でした。

20071001_onsen2温泉は、硫黄泉。近年、大涌谷の活動が盛んになり、硫黄の濃度が濃くなってきているそうで、娘は長湯はしませんでしたが、洗い場で終始湯かき棒をかざして遊んでいました。幸い、母と私だけでしたので、多少無茶な行動も許してしまったのですけれど。娘にとっての初温泉、楽しんでくれたようです。

20071001_onsen4こんなにゆったりと出来たのは、両親のおかげ。子供の面倒をみてくれる人が多ければ多いほど、負担は楽になりますね。二日間ともあいにくのお天気でどんよりと肌寒かったので、どこも観光せずに、ずっと保養所でのんびりと過ごしたのも良かったのかもしれません。一年分の垢を洗い流したような、さっぱりとしたすがすがしい気分です。

|

« 基地内でブランチ | トップページ | Park Hyattで幸せディナー »

帰省」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

素敵な過去のおはなし!
その過去のことが今現在にもつながっていて、又それを経験できることは、格別なことよね。私も東京へ戻ると、いろいろな昔の思い出の場所へ足を運ぶようにしてました。
昔のわかかった自分を彷彿とさせてくれる数々の場所たち。時間の流れを感じること。その流れに自分をゆだねているという感覚。


一年分のあかを温泉で流すことができて万歳だね。私は東京の3週間の湿度のおかげで、思いっきり汗をかくことを体験できました。あははは!

投稿: saharu | 2007年10月 3日 (水) 21時46分

これが保養所?立派な高級旅館のような感じだけど。お料理もこれぞ温泉って感じ。思い出のお宿、素敵ですね。
温泉ってベビには注意が必要だけど、本人は楽しくてしょうがないんだよね。Nちゃんのはしゃぎっぷりが窺えます。

それにしても、お母様もお父様も素敵だね~。メタボリックとは無縁なご家系なのね。ご家族みなさん上品な感じで憧れてしまいます★

投稿: CACA | 2007年10月 4日 (木) 08時04分

こんにちは。日本の会社はこういった施設が良く手が行き届いていますね。家族連れには有名な人の多い観光地よりずっとのんびり出来ると思います。私も今から息子を温泉に連れて行くのが楽しみです。私も両親の元で同じことを感じました。
 多くの人の目の届くところに子供がいると、私は全くストレスを感じずにすみました。子供もいつも誰かしら声を掛けてくれたりするので私と二人で家にいるより楽しかったと思います。立派なお料理ですね。私は早速此方の材料で料理を作ることで毎日頭を悩ませています。

投稿: apfeli | 2007年10月 4日 (木) 11時26分

saharuさん、うん、わかるわー。昔の思い出の場所に行って、時間の流れを感じたりすることって、生きていることを実感することなのかもしれないしね。思い出を上手に消化すると、今日からの新たな一歩をまた踏み出せるような気もするし。
saharuさんの日本滞在中は夏真っ盛りだったものね。デトックス効果が狙えたようね。最近はこちらも大分秋めいてきて、汗をかくことが大分減ってきちゃいました。

投稿: ハイジ | 2007年10月 5日 (金) 15時59分

CACAさん、保養所ってなかなか使えるのよ。リピーターが多いそうだし、みんなで施設を大事に使おう、みたいな気持ちになるのよね。キッズルームには遊具・絵本・ビデオなども揃っていて、長年の間、人々の寄付などによって徐々に改善されていったんだろうなぁって思わせる感じなの。
Aくんもそうですが、Nもパシャパシャが大好き。また温泉に連れていってあげたいです。(ちなみに、スイスにも温泉はあるのですが、たいていが水着着用、水温もぬるめです。やっぱ日本の温泉がいいや。)

投稿: ハイジ | 2007年10月 5日 (金) 16時02分

apfeliさん、子連れだと尚のこと、こういったこじんまりとした保養所がありがたく思えました。お食事も美味しくって。娘が生まれてからは、早食いのクセがついてしまったようで、食事のスピードが早いと父にも驚かれてしまいました。実家に滞在中の今、食べるの専門となっていますが、スイスに戻ったらapfeliさんを見習って、お料理作りもがんばりたいわ。もうすっかりスイスの生活ペースを取り戻されたのかしら?

投稿: ハイジ | 2007年10月 5日 (金) 16時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/8208292

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉、昔の記憶とともに:

« 基地内でブランチ | トップページ | Park Hyattで幸せディナー »