« やっぱり和食 | トップページ | 手術とその後 »

マック、ありがとう

20071020_n_with_mac 弱り目にたたり目ではありませんが、立て続けに悲しい出来事がありました。

そのうちの一つは、実家の犬マックが亡くなったこと。今朝、母からメールで連絡がありました。前日までは普通に食べて、散歩もしてと、変わりが無かったのに、目覚めると、少し体温を残したまま、硬くなっていたそうです。これまで15年間、両親に可愛いがられ、命をを全う出来たマックは幸せだったと思います。最初、実家にやってきたマックは、何かを恐れているかのようにビクビクと神経質そうで、よく噛み付いたりと気性も荒く、手のかかる犬だったのですが、両親の愛情を受けて、だんだんと優しい、安定した犬になっていきました。私と娘の里帰り中も、娘が食卓に座ると、マックはテーブル下に待機し、おこぼれを綺麗に片付けてくれました。また、娘が噛み付かれないかと心配していた私ですが、それは杞憂に終わり、マックは「おじいさん」の貫禄と余裕をしっかり見せ付けてくれました。今更ながらですが、有難うと伝えたいです。

こんな時に、娘に読んであげたい本二冊。「ねえ だっこして」「ずーっとずっと だいすきだよ

|

« やっぱり和食 | トップページ | 手術とその後 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

マックの命日は11月11日ですね・・記憶し易い様に数字をそろえてくれたのでしょうか・・・室内犬は寝食を共にする分、家族の一員をなくした様に寂しいです。人間年齢では90才を過ぎているでしょうか・・心臓病や癌の病気を持ちながら、よくここまで頑張ってきました。天命を全うしたと、いえるでしょうね。ホント「ありがとう」で見送ってあげたいです。Nちゃんにはこれぞ「わんわん」の貫禄を見せてくれました。おまけにナンバー1の椅子を譲って、二番手に控えるあたりなかなかお利口さんな犬でした。

投稿: rosemary | 2007年11月12日 (月) 12時33分

さっそく二冊の本、買いにいってきます。手元においてマックの写真の前で、読んでやりましょう。

投稿: rosemary | 2007年11月12日 (月) 12時37分

rosemaryさん、マックは幸せでしたね。お散歩もお風呂も看病もしっかり面倒をみてもらって。私の中では、ボンが一番だったので、ついマックにはそっけなく接してしまいましたが、Nに対してはジェラシーを見せないどころか、Nにちょっかいを出されても「仕方ないねぇ」と言わんばかりに大きく構えていて、本当に立派な犬でした。

投稿: ハイジ | 2007年11月12日 (月) 23時27分

先日、伺った時はとても元気だったのに、突然だったのですね。マックにとっては苦しまずに旅立てたことは幸せだったと思いますが、ご家族にとっては心の準備をする間もなく、悲しみをますます深いものにしているのではないでしょうか。私の実家でも2頭の犬を既に亡くしており、母はしばらくとても落ち込んでいました。心からお悔やみ申し上げます。 
冒頭に立て続けに悲しいことがあったと書いてあったので、マックの事以外にも悲しいことがあったの?とちょっと心配になってしまいました。

投稿: kana | 2007年11月14日 (水) 14時32分

一年前にお邪魔したときにマックには会ったことがあるけど、おとなしくてお利口なわんちゃんだったよね。お母様がペットロスにならないか心配です。
Nちゃんももう少し大きくなったらワンちゃんが欲しいというかな?

投稿: ふみ | 2007年11月15日 (木) 08時56分

お話に聞いていたマックくんが亡くなってしまうなんて。ご両親はきっと気を落とされていることでしょうね。。。
たくさん愛されて、長生きして、最後は苦しまず、マックくんは幸せな一生でしたね。きっと最後は家族の一員になったその日からの愛された記憶と共に旅立ったことでしょう。

投稿: CACA | 2007年11月15日 (木) 09時13分

kanaちゃん、優しいお心遣い、どうも有難う。Nがスイスに帰り、マックまで居なくなったので、淋しさはひとしおだったとは思います。
このところ別れの季節を告げる悲しいニュースが立て続けに入り、ズドンと落ち込んでしまったの。でも、思いっきり落ち込んじゃった後は、復活しています。悲しんでばかりいても仕方がないしね。そうそう、Nちゃんが歌っていたコブタの唄、時々私も歌っていますが、元気出るね。どうもありがとう。

投稿: ハイジ | 2007年11月16日 (金) 00時02分

ふみさん、一年の間に腫瘍が出来たり、背中の部分が剥げてしまったり、自分では起き上がれなくなってしまったり、年には逆らえないんだなぁって感じました。私自信も幼い頃にはボンという犬を飼っていたので、Nにも出来ればそういうチャンスを与えてあげられたらと思ってる。でも、現実問題、旅行や里帰りなども簡単に出来なくなってしまうし、かなり悩みそうだけれど。。。

投稿: ハイジ | 2007年11月16日 (金) 00時11分

CACAさん、そう言って頂けると、両親も気持ちが幾分楽になると思います。私は小さいときに飼っていたボンが一番!だと思っていたので、マックには若干つれない態度をとってたの。若いときはよく噛み付く犬だったし、ちょっと怖くって。今になって、もっと撫でてあげれば良かった、と後悔しちゃったり。でも、両親には目一杯可愛がられて幸せそうな犬でした。

投稿: ハイジ | 2007年11月16日 (金) 00時12分

お別れは寂しいよね。でも元気になって良かっわ。あの子ブタの歌を初めて聴いたのはアメリカにいたときで、なんとも単純な歌詞に元気をもらったのを覚えています。すぐにNちゃんも上手に歌えるようになるねー。楽しみね。

投稿: kana | 2007年11月19日 (月) 14時28分

kanaちゃん、どうもありがとうね。この間までは母、今は夫が輪唱に付き合わされています。そうね、娘Nと一緒に歌える日が楽しみだわ~。

投稿: ハイジ | 2007年11月20日 (火) 22時36分

マックの代理ママになって過ごした1年前を思いだしています。サツマイモ(焼いたの)やりんごが大好きだったこと。出かけている間、廊下にちょこんと座って帰りを待っている姿等。マックがいることで癒しになりました。マック、「ありがとう」の気持ちでいっぱいです。お母さんが今、喜多方に来てくれています。Nちゃんにまた、会える日を楽しみにしています。Aちゃんお体に気をつけてお過ごしください。Mさんにも宜しく。Aちゃんのスイス便り、写真も文章も上手で感心しながら楽しく読んでいます。

投稿: 台湾さん | 2007年12月 7日 (金) 13時40分

台湾さん、コメント有難うございます!嬉しびっくりでした。それからお電話まで有難うございました。みなさんの声が聞けて嬉しかったです。

長い廊下にちょこんと座っているマックを背後から撮った写真、あれは傑作ですねー。目の前の公園で散歩できたり、ピリッとした綺麗な空気を吸えて、マックにとっても喜多方留学は楽しかったことでしょう。

私達もまたお会いできる日を楽しみにしています。一緒にスイスで山登りなど出来たら素敵ですね。磐梯山には敵わないかもしれませんが、ぜひ比べに来て下さい。

投稿: ハイジ | 2007年12月 7日 (金) 14時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/8872799

この記事へのトラックバック一覧です: マック、ありがとう:

« やっぱり和食 | トップページ | 手術とその後 »