« 二人の仲 | トップページ | 白くなった黒い森 »

Guetzli

20071214_guetzli2 日本ではクリスマスといえばケーキが付き物ですが、スイスではあまり登場しません。代わりに、クリスマスの定番である甘い物と言えば、Guetzli(グエッツリー)と言う名のクリスマスクッキー。クリスマス近くとなると、パン屋でもスーパーでも、所狭しと出来合いのクッキーや材料が売られています。そして、家族や友達同士でも贈ったり、贈られたりする光景が繰り広げられます。

今年は夫もダイエット中だし、そんな店頭を横目で見ながら、素通りしていたのですが、先日ベビーシッターさんと4歳の娘さんが共同で作ったというクッキーを頂き、コロっと気変わり。ほのぼのとした手作りの味や形に心がなびき、「いいもんだなぁ、よし、私もやるか」と、スイッチが入りました。   

20071214_guetzli_2 でも、慣れないクッキー作りは、レシピを見い見い、集中力が必要となるので、娘の昼寝中や早朝に。三日間かけてこちら4種類が出来上がりました。左から、Mailaenderli(マイランダリ)、Zimtsterne(シナモン星)、Brunsli(ブルンスリ)、Sable(サブレ)。特にZimtsterneは夫のお気に入り。バターと小麦粉が入っておらず、卵白の力だけでアーモンド粉と砂糖がぎゅっと固められたようなクッキー。しっとりした歯ごたえとシナモンの香ばしさがポイントです。    

20071214_bettybossi_3 参考にしたのは、スイス人主婦のバイブルでもあるBetty Bossiの料理本。基本を忠実に守れば失敗は無いと言われていますが、なんせ私は材料も全部揃えていないので、粉砂糖の代わりに普通の砂糖で代用、Vanilla Zucker(バニラシュガー)も無いのでバニラエッセンスをふり掛けて、、、みたいな応急手当を施しつつ、なんとか完了。                      

クッキー作り、結構楽しいものですね。膨大な量の砂糖やバターには目を瞑るとして、誰に贈ろうかなぁ、早く娘と一緒にクッキー作りが出来るようにならないかなぁ、なんて思っています。

|

« 二人の仲 | トップページ | 白くなった黒い森 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

喜んで食べてあげましょう・・か?卵も砂糖もバターもなんのその、といいたいところですが、矢張りこちらもダイエット。コレステロールを下げるのに必死です。「でもちょっとなら・・」「いいですよね。」と、いいながら、ついつい食べ過ぎてしまう、この季節です。

投稿: rosemary | 2007年12月15日 (土) 10時14分

rosemaryさん、近所のAさんから二台目の冷蔵庫を譲り受けることになったので、昨日、冷蔵庫のサイズを測りに行った際に、クッキーを差し上げました。ずっと引越しの作業に明け暮れていてクリスマスらしいことが何も出来ないそうなので、たいそう喜んでくれました。クッキー作り、周りの笑顔が何よりの報酬ですね。rosemaryさんにも差し上げたいところなのですが。。。

投稿: ハイジ | 2007年12月16日 (日) 08時30分

シナモン星美味しそう!上手に焼けましたね。
私は近所でケーキを買ってお終いになりそうよ。飾りつけもナシ。クリスマスプレゼントも考え中。なーんもしてない。。。ヤバイ!

投稿: CACA | 2007年12月16日 (日) 08時47分

CACAさん、このクッキー、ゴロっとした触感と味わいがたまらないの。でも、ほんとは、繊細なヨックモックのクッキーとか食べたいんだけどねー。日本ならではの、フワフワのスポンジケーキも捨てがたし。

日本のクリスマスって商業的過ぎたり、若いカップル向けの気がして、近年は結構引いちゃってたっけ。
CACAさんは、クリスマス・お正月はご家族でゆっくり過ごせるのかしら?

投稿: ハイジ | 2007年12月16日 (日) 21時37分

ハイジさん、いつも謙遜してますが、クッキーも素敵な出来ばえじゃないですか。バターと小麦粉が入ってなくても、ちゃんとクッキーになるんだねぇ。
私も夫から「誕生日とクリスマスくらいは何かそれらしいお菓子を作れ」と言われているんだけど、普段がこんなんでしょ。とても作る気にはなれない。
いつか娘と一緒にクッキー作り、私もそんな美しい夢を描いてはいるのですが、納豆作りの方が現実に近いかもしれない。。。

投稿: よしこ | 2007年12月19日 (水) 10時53分

よしこさん、スイスのGuetzli、結構不思議よ。味も形もネーミングも。明日、率直なご感想をお聞きしてみたいぞよ。
この後、Anischraebeli(アニスクレブリ)も作ってみたのだけれど、あまりにも納得がいかず、「こんな形でいいの」「こんなに固くていいの」と夫に確認しまくり。スイス人の味覚・顎の強度ってやっぱり違うなぁと感じちゃった。

大好きな納豆。美味しく出来た暁には、作り方を伝授してね。もしくは、お宅にお邪魔しちゃう。

投稿: ハイジ | 2007年12月19日 (水) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/9412357

この記事へのトラックバック一覧です: Guetzli:

« 二人の仲 | トップページ | 白くなった黒い森 »