« 母子手帳 | トップページ | 薬漬け。。。 »

Bad Ragatzからの息吹

20080207 リヒテンシュタインとの国境近くのBuchsに住んでいた頃知り合った友達と(友達と呼ぶのはおこがましいかな。。。)6年振りの再会。はるばるBad Ragatzからスイスをほぼ横断するかたちで、我が家まで遊びに来てくださいました。これまで、子供のことや手の手術の件などでサポートを頂き、心強い存在になってくれています。

彼女は日本初のモンテソーリの幼稚園で先生を務められたご経験もあり、読書家で、今は絵画教室にも通われているとか。モンテソーリについてのお話はもちろん、面白いエピソード満載の彼女自身の子育て談義を聞き、とても身のある時間を過ごすことができました。

一泊二日の短いご滞在でしたが、寝食をともにし、私達家族の普段着の生活を見てもらって、距離もぐーっと近くなった気がします。16歳になった息子さんと良い関係を保ちながら、自分らしく地に足をつけて生活をしている姿はとても魅力的。私も、15年後に娘とどういう関係を築いているのか、自分自身はどうありたいか、といった事にも思いをめぐらすきっかけになりました。

それから、気の利いたギフトの数々。ハイジの里にも近く、温泉地としても有名なBad Ragatzの香りが漂ってくるかしら。一部、ご紹介を。 
 
Heidi ハイディの本:これが、スイス産の公式な(?)ハイジの絵本。素朴な挿し絵と子供の作文のような文体にホッとします。文を担当したユルグ・ウィンクラーによると、「ハイディはあまりにも、いい子で、信心深く、宗教的でありすぎる」のかもしれないものの「良いこと、正しいこと、美しいことを信じる心を失ってしまわないことは、今の時代においてこそ重要ではないか」と問いかけています。 
 
  
  
 
Nusstorte
Nusstorte(ヌストルテ):この地方の名物でもある、クルミとキャラメルのタルトです。クルミ好きの私、これに目がありません。カロリーなんてこの際、気にしない、気にしない。。。
 
 
  
  
 
 
Sekt_3 リヒテンシュタインのシャンペン:リヒテンシュタインという、小豆島とほぼ同程度の大きさの国でワインやシャンペンをつくっているんですねー。これは特別な日にとっておきます。
  
  
    
 
 
 
Fishing_4 そして、まさにノックアウトのアイテムがこちら。手作りの魚釣りセットです。遊び方の参考に、ということで持ってきて下さった写真には、当時2歳の息子さんが帽子をかぶって、あたかも野外で釣りを楽しむ一人前の大人のような姿が。微笑みを誘います。今はご家族三者三様の趣味でお忙しいそうですが、元気一杯の息子さんがこのように愛情をたっぷり受けて成長されたのでしょう。  
  
 
改めて、素敵な時間を有難うございました。
    
     

|

« 母子手帳 | トップページ | 薬漬け。。。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ヌストルテのデザインを見て思い出しました。そういえばエデガディン地方の民家の漆喰壁に似たものが描かれていたなあと。味まで思い出したような気がしました。Danke!

投稿: kazros | 2008年2月13日 (水) 01時44分

Bad RagatzからBaselまでどのくらいかかるのかしら?横断とありますから、結構な距離があるんでしょうね。友、「遠方より来る、これに勝る嬉しき事なし」。沢山のお土産、一つ一つに感服してしまいました。ハイディは有名なハイジさんの呼び名なんですね。確かに、ハイディの心意気に学ばなきゃならない時代になってきたようです。それにしても手作り魚釣りセット、にっくいなぁ~!!

投稿: rosemary | 2008年2月13日 (水) 12時11分

kazrosさん、言われてみればそうですね。壁をひっかいたような模様。実際の窓より大きめに囲った枠の模様。質素ですが、どこかホッとするようなデザイン。日本の木造の家も好きですが、エンガディン地方の家並みもいいですよね。

投稿: ハイジ | 2008年2月13日 (水) 13時52分

rosemaryさん、スイス横断は、電車に揺られること約2時間半ですね。スイスに住んでいると、30分以上かかると「遠い」と感じます。車でお迎えに行った際に、友達はお洒落なギャザーのフレアスカートと、ワイン色のウェイストがしぼられたジャケットを着て颯爽を立って待っていました。横には沢山のプレゼントの詰ったバッグ。まるで、我が家にクリスマスが来たようでした。

彼女はとても16才の息子さんがいらっしゃるようには見えず、私もNが独立する頃には、彼女のようにエレガントで、豊かな人間性を持っていたいなぁとつくづくと感じました。日々の育児にバタバタとしながらも、自分磨きも大事ですね。

投稿: ハイジ | 2008年2月13日 (水) 13時54分

素敵ね~、この方☆
こういう方から学んだ情報、私に流してください、是非(笑)
手作りの魚釣りセット、私も胸打たれました。ちょっと、作ってみようと思います。

投稿: CACA | 2008年2月15日 (金) 02時20分

CACAさん、そうなんです、すっごく魅力的なかた。育児の体験談も具体的で面白かったですし、人間としても、こういうオーラを出せる女性になりたいなぁと思わせるような存在です。
魚釣り、ぜひAくんと楽しんでみてね。磁石は、Jの形をした磁石がいいみたい。この写真では見づらいけれど、魚は娘が色を塗り、お目目を書きました。(半分以上、お友達が手伝ってくれましたけれど。)

投稿: ハイジ | 2008年2月16日 (土) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/10456151

この記事へのトラックバック一覧です: Bad Ragatzからの息吹:

« 母子手帳 | トップページ | 薬漬け。。。 »