« 初節句におよばれ | トップページ | バタバタな一日 »

スペインかぶれ

20080307_from_harbor

Hola! スペイン、アリカンテから戻って来ました。太陽と情熱の国のイメージ通り、期待を裏切らない素敵な土地でした。昨日夕刻に帰ってきたばかりなのですが、スペインの日差し、そして人々の大らかさが既に恋しくなっています。というわけで、余韻冷めやらぬうちに、ぼちぼち更新していこうと思います。

これまでの私達家族の旅行と言えば、あちこち観光名所をくまなく巡り歩くのが主流でした。なんせ夫の歴史好きと私の貧乏性が相成って、激しく観て回る羽目に。でも、今回はあえてアリカンテという人口40万人程度の中規模都市を選びました。日本では知名度は低いと思うのですが、なかなかの穴場かもしれません。オフシーズンも手伝ってか、観光客でごった返すようなことは一切無く、のんびりするには最適の場所でした。

20080307_beim_strand 3月のアリカンテの気候は、スイスで言うと5月くらいでしょうか。思ったより涼しく、ビーチで泳ぐのはもってのほか、持参した半そでの出番さえ無く、残念でしたが、日差しはそれなりに強くてしっかり光合成が出来た気分です。

20080307_schwimmbad

 

 

 

 

 

毎日、ホテルのプールとジャグジーを利用したり、コスタブランカのビーチを散歩したり、足を止めては各自ビールやアイスクリームを嗜んだり、夜は娘とバブルバスに入ったり、実にのらりくら~りと。20080309_eis

 

 

 

 

20080308_ruetschbahn

娘は砂浜にある、遊具に夢中でした。滑り台も腹ばいになって足からシューしたり、ワザも磨いたようです。

20080309_sand

 

 

 

 

 

20080308_santa_barbara_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アリカンテでの見所のひとつ。サンタ・バーバラ城。城と言ってもお城がある訳ではないのですが、港や旧市街を見下ろす景色は最高。海からの風が心地よかったです。

 

20080307_esplanade1    

 

 

  

 

 

 

 

港の前には遊歩道が続いています。本格的な賑わいを見せるのは15時頃からですが、朝の人気の無いときに娘と散歩するのが好きでした。ここ、観光客だけでなく、地元のおじいさん達の社交場になっているようです。

20080309_wahl

 

  

ある日は、闘牛場へ。場所だけ一目見ようと思ったのですが、選挙の日と重なり、闘牛場内で投票が行われている最中だったので、入れませんでした。闘牛場で選挙、というのもお国柄ですね。

 

 

 

20080307_bar  

 

ここ数年で日本でも増えたスペインバルですが、本場のバルはいたって気取らず、子連れでも入りやすかったです。バルでは、小皿料理のタパスを頼めるのがいいですね。そこら辺にあるバルで、いわしの酢漬けやイカを巣揚げしただけのものでさえ美味しかったです。

 

 

 

20080310_paella

 

 

 

 

 

 

スペインに居るからには、こてこてのパエリアだっていただきましょう。パエリアの語源は、Patellaでフライパンのこと。"Para ella(For her)"で"彼女のために"が変形したものという説もあるとかないとか。いずれにせよ、このパエリア鍋、欲しくなっちゃいました。(でもって、夫にパエリアを作ってもらいたくなりました。)

              20080309_fruehstueck

 

 

 

 

   

 

ホテルの朝食。スペインオムレツのほか、ハム類が充実していました。チーズ、ヨーグルトはスイスが上かな。絞りたてのオレンジジュースはさすがに美味しく、娘もいっきに200mlガブ飲み。

20080311_aussicht ちなみに、ホテルは海の近くで、窓からはこんな眺めでした。

7時半頃。朝日を拝んだりもしましたっけ。20080309_sonnenaufgang   

 

 

 

   

 

 

20080306_abreise  

 

 

 

 

 

フライトは格安航空会社のRyan Airを初めて利用。航空料金そのものは2セント。空港利用税などが加算されて一人あたり130ユーロで落ち着きましたが、それでもお安いこと。バーゼルからアリカンテまではダイレクト便があるので、door to doorで5時間。(フライトは2時間)。便利な世の中になりました。

20080306_ryanair2

 

 

 

 

 

 

Ryan Airはご覧の通り、"guaranteed lowest fairs"と"most punctual major airline"が宣伝文句。でも、いや、だから(?)、搭乗カウンターでの対応は悪く、15kgの重量制限で、16.5kgだったところ、「ダメダメ」と手で追い返されてしまいました。娘がグズり始めていたので、見逃して欲しかったのですけれどね。。。甘いかな。。。機内では夫がChicken Ceasar Sandwichを頼んだところ、別のものが提供され、こちらが気が付いて苦情を言ってはじめて「今はこれしかない」との説明。返金ももちろん無し。ま、そもそもサービスは期待しちゃいけ無いってことですね。  

 

20080310_spital

 

 

 

 

 

 

 

最終日二日目。砂遊びがたたったのか、(風が強い日が一日あって、目をこすったのが原因のようです。)Nが結膜炎になってしまい、慌てて小児科のある総合病院に緊急で駆け込みました。英語を話せる関係者が病院になかなかおらず、夫のフランス語とかたことのスペイン語で対応。1時間の待ち時間の後に、診察室に入ると、先生も英語が出来ないときました。(←スイスでは考えられないことなのですけれどね。)別の先生を見つけてもらって、処置を施してもらいました。ちなみに治療費は無料。早めの処置の甲斐あってか、今はすっかり回復しています。 

20080310_spital_anzeige_3 そうそう、病院内の案内は、正式なスペイン語だけでなく、バレンシア地方のスペイン語(?)の両方で記されていました。ちょうど、共通語と大阪弁で二列表記されているようなものでしょうか。 

 

 

 

 

長々と書いてしまいましたが、ここまでお読みいただきどうも有難うございました。ぼちぼち更新する予定が、情熱余って、書き続けてしまいました。

スペイン、本当に魅力的な国。私は大学ではスペイン語をかじったり、小松原庸子スペイン舞踏団の「真夏の夜のフラメンコ」を友達と観ながらセビジャーナスを見よう見まねで踊ってみたり、シェリーやテンプラニーリョのワインをあおったり(?!)、それなりにスペインかぶれしていたのですが、スペイン贔屓、まだまだ続きそうです。20080308_eis

|

« 初節句におよばれ | トップページ | バタバタな一日 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

情熱のリポート(笑)くまなく楽しませていただきました☆あまりにボキャブラリーが少ない自分がイヤになりますが・・・本当に素敵!息をのむ景色ばかりで、しばしの海外旅行気分味わいました。とはいってもハイジさんのブログはわたしにとっていつも海外旅行なんですけどね~airplane
スペインも素敵ですが、ハイジさんお住まいのバーゼルもとても素敵!山好きで、毎夏北アルプスなんぞ登っていますが、いつの日かホントのアルプスに足を運びたいものですconfident

投稿: hinamama | 2008年3月12日 (水) 14時55分

hinamamaさん、コメントをどうもありがとうございました!このアリカンテという場所は、友達のオススメもあって行ってきたのですが、子連れ旅行をするには最適でした。バルセロナあたりもちょこっと興味があったのですけれど、子連れですと、大都市はなかなかチャレンジングですしね。

そうでしたねー、登山に行かれたときの、ご主人様の背中にちょこんと背負われたの息子さんのお写真を思い出しました。今年は、ご自分で歩けちゃいそうですね。スイスのアルプスへも是非いらして下さい!

hinamamaさんの文章、大好きです。素敵な詩を読んでいるような、あたたか~い気持ちに包まれます。

投稿: ハイジ | 2008年3月13日 (木) 21時01分

ハイジさん、いやはやスペインかぶれのタイトルに、早とちり。水にあったって湿疹でも出来たかとビックリしました。学生時代からの憧れ、念願のスペインですから、きっとお国のよさを満喫した事でしょう。Nちゃんの結膜炎、治りが早くてよかった。よかった。短い滞在で、お医者に行ったり選挙風景を見たりと、実にイベントフル、でも美しい南国の、ゆったりさが写真から伝わって、こちらも充分楽しめましたよ。いいところですね。アリカンテ、アリガットゥ!

投稿: rosemary | 2008年3月14日 (金) 07時34分

スペイン旅行記、楽しく読ませてもらいました。お茶の間留学の気分です。
お天気にも恵まれてゆったり出来たようですね。羨ましい!Nちゃん、目、大変だったね。旅先での体調不良はいつもと勝手が違うからハラハラしちゃうよね。きっとご主人が頼もしく見えたことでしょう。
そうそう、ピンクのサングラスしたNちゃんの写真をAに「Nちゃんだよ」って見せたらチューしてました!(笑)

投稿: CACA | 2008年3月14日 (金) 08時09分

rosemaryさん、念願のスペイン、家族3人で行けてよかったです。アリカンテ、アリガットゥ、ですね。

スペイン語の響き、改めて素敵だなぁと思いました。ついでに、堅苦しいドイツ語ではなくスペイン語だったらもっと情熱的に勉強するのになぁ、、、なんて思っちゃいました。

それにしても、フライトは2時間とはいえ、やはりしんどかったです。お昼寝の時間帯だったのに、娘は座席にのぼったりおりたり元気一杯。離発着時のシートベルトが嫌で、大泣きしたり。2歳半ぐらいになると、分別がついて、少しはフライトも楽になると友達から聞いたのですけれど、そうなると航空料金がしっかり一人分とられちゃいますしねぇ。。。悩ましいところです。

投稿: ハイジ | 2008年3月14日 (金) 12時53分

CACAさん、今回は風邪薬一式持っていたのに、まさか結膜炎になるなんて。子供はいつなんどきどんな病気にかかるか分かりませんね。

たしかに夫のことはちょっと見直しました。スペイン語は習っていないのに、私より上手にしゃべれていたし。「3年住めば、マスターできそうだ。」なんて生意気なことも言ってましたよ。やっぱり語源が似ていると、上達のスピードも違うのだろうなぁ。(と片付けてみる。)

Aくん、写真を見てくれたんだー、嬉しい!しかもチューときたなんて、Nは幸せものだわ。チュー返し、ぜひお願いね。(^*^)

投稿: ハイジ | 2008年3月14日 (金) 12時56分

スペイン、聞いただけで熱い!イメージが、、
最後まで一気に楽しく読ませていただきました☆
日本では旅行といっても旦那さんの休みに合わせてせいぜい2泊3日くらい、、
なんだかのんびりしにいく旅行っていいです☆
結膜炎、早めの対応で大事に至らずよかったですね。
先日、ハルも黄砂の影響のようで、急に多量の目やにがでるようになってしまい、眼科初受診しました。
目薬だされたけど、ぎゅーーっと目をつぶるのでだまし討ちしながらの点眼、、
それもそう長くはきかず、最近やっと目やにもでなくなって治ってきたようです。

投稿: はるみみ | 2008年3月17日 (月) 15時04分

はるみみさん、そうですね~、いつもはバタバタ旅行で娘を振り回してばかりでしたけれど、今回はあえて何もしない旅行にしてみました。朝ごはんを食べながら「今日は砂浜にいく?プールに行く?」なんて会話をする旅行。娘にとっても無理がなくって良かったなぁ、と思っています。

黄砂、大変らしいですね。義理のお姉さん家族は現在北京在住なのですが、朝テーブルを拭いても、夕方には埃や黄砂が積もっているそうです。神奈川の母も洗濯物が汚れると言ってました。心配ですよね。。。ハルちゃんもどうぞお大事に。

東京辺りでは、マスクをする幼子も見かけると最近耳にしました。子供が出来てからは、環境問題がすごく気になります。

投稿: ハイジ | 2008年3月19日 (水) 13時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/11190823

この記事へのトラックバック一覧です: スペインかぶれ:

« 初節句におよばれ | トップページ | バタバタな一日 »