« バタバタな一日 | トップページ | 春よ、来い »

増えゆく玩具

20080319_wintergarten 「子どもを不幸にするいちばん確実な方法はなにか、それをあなたがたは知っているだろうか?それは、いつでもなんでも手に入れられるようにしてやることだ。」というのは、「エミール」の中で語ったルソーの一節。我が家の増えつつある玩具の量を見ながら、この言葉を思い出しました。たしかに、我慢を覚える、手持ちの物で工夫する、といったことも大事。そんなことも念頭に置きながらも、家族・親戚からお下がりを譲ってもらったり、玩具は増える一方です。(^_^;)

  

 

 

 

Ludothek 今後は買い与えるのは控えめにし、どんどん活用しようと思っているのが、Ludothek(ルドテーク)。言うなれば、玩具の図書館です。年会費30Frを払い会員になれば、1回につき4点まで、6週間レンタルできます。ボランティアの方々が働いていらっしゃるので、常時開いている訳ではなく、月・木の午後2時間のみ。ですから、カレンダーにマークをつけ、忘れないように通っていますが、数ある玩具の中からを色々と試せるのが利点。親の予想に反して、見向きもしない玩具もあれば、夢中になって遊ぶのもあったり。特定の玩具に夢中になる時期・タイミングってある気がするので、このLudothekは実に有り難い存在です。

20080319_1

  

開けぇ。。。 

 

20080319_2  

ゴマ!

 

 

 

娘がここ数週間ハマっているのが、こちら。扉と同じ色の鍵を選ぶ・鍵穴の形にあわせながら差込む・差込ながら鍵を回す・扉を開ける・中のものを取り出す、、、と、なかなか高度な技術を使います。娘が小さな頭と手を駆使して、果敢に挑んでいますが、時々鍵開けに成功した暁には、自分で手を叩いたりして自画自賛しています。難度が高すぎるだろうと思って、自ら買うことはなかったであろう玩具ですが、こんな掘り出し物に出合えるのも、Ludothekならでは。

20080318_1また、玩具に頼らない遊び方も出来ればと思っていますが、その辺は親の工夫のしどころなのでしょうか。洗濯物を洗濯機に入れたり、スプーンなどをテーブルに運んだり、「お手伝い」をすることも立派な「遊び」ですしね。あとは、散歩中の階段の上り下りや石集めにも夢中になりますし、友達から借りた、ミッフィーの童謡などや手遊び、はないちもんめ等の遊びもどんどん取り入れていこうと思っています。そして、なんといっても友達と一緒のときが楽しそう。7人の友達の名前も呼べるようになりました。そろそろナーサリーを検討する時期に来ているのかな、、、などと考えています。 

 

そうそう、最近は、「おへそ、見えない」「車、行っちゃった」「ミルク、無~い」と二語文が増えてきました。さらに、昨晩は、「ママ、キッチン、パパ、抱っこ」と夫に言いました。夫の解釈によると、「ママはキッチンにいるから、パパ、(私を)抱っこして(キッチンに)連れていって。」とのこと。「こんなに沢山しゃべったよ」と娘を抱えた夫は息をはずませて階下に降りてきました。強引で贔屓目な解釈ですが、いっきに四語文だわ♪なんて喜んじゃってます。

|

« バタバタな一日 | トップページ | 春よ、来い »

「育児」カテゴリの記事

コメント

お下がりで育った子供時代のせいでしょうか、私は根っからのリサイクル派。「貧乏臭い」とか「ケチ」とかあまり好ましい賛辞(?)ではないけれど、世の中全体に、やっとリサイクルのよさを認識する時代になったと嬉しくなります。
まして成長の早い子供の普段服や玩具は充分間に合わせられますもんね。以前もルドテークのお店の事がアップされていたけれど、玩具のメンテナンスも、6週間のレンタルも、会員会費制やボランテアのシステムも本当に素晴らしいですね。Nちゃんの借りた玩具で夢中に遊ぶ姿は微笑ましいです。頭の中は、どんなに活発に働いているかを想像するのもたのしいですね。きっと、皺がいっぱい出来ていくんだろうね!

言葉の発達も、きくだけで楽しくなります。なまの声はもっとなんでしょうね。

投稿: rosemary | 2008年3月21日 (金) 02時26分

rosemaryさん、リサイクルはいい習慣ですよね。思い起こせば、子供の頃、アメリカでよくGarage Saleに出かけていきましたが、その頃からリサイクル精神の根が育っていったのかもしれません。スイスでも、古いものを大事にする文化だなぁと思うことがよくあります。人も含めて古いものに価値を見出す社会って、居心地がいいもんですよね。(こう考えるようになったのは、歳をとった証拠でもあるのかもしれませんけれど。^^;)

玩具に関して思うのですけれど、大事なのは玩具自体ではなく、どうやって遊ぶかなのでしょうね。父が結局はハードウェアではなく、アプリケーションが大事だ、みたいなことを言っていたことをふと思い出しました。一緒に笑ったり、夢中になったり、共感できる時間をもっと作りたいです。

投稿: ハイジ | 2008年3月22日 (土) 19時50分

なんて無駄の無いシステムでしょう。日本にもこんなのがあればいいのに。
うちも玩具屋敷と化してしまい。。。オークションもめんどくさいので、どこかに寄付できたらな~と思案中。

Nちゃん、4語文すごいね!!やっぱり天才だよ!言葉が達者な女の子は多いけど、こんなに話せる子に会ったこと無いもん。想像したら嬉しくなっちゃったよ。

投稿: CACA | 2008年3月23日 (日) 05時36分

CACAさん、そっか、やっぱり玩具屋敷なのね~(笑)。ルドテークは便利なのですが、もし私が日本にいたら同じように利用していたかなぁと考えてしまいました。日本には購買意欲をあおるような、魅惑的な新製品が多いしねぇ。ルドテークに置いてあるような、一昔前から変わっていないような手垢べったりの玩具を借りる気にはならなかったかも。少子化だと、親もついついお財布をはたいてしまうのかな。あー、それにしてもなんとかしなくては、この玩具の在庫。寄付もいいテかもね。

娘は終始喋りっぱなし。ベビーシッターさんにも良く喋るねぇ、と言われます。でも、イントネーションや発音が娘流なので、分かる人にしか分からないのかも。でも、娘は必死に相槌を求めるので、おしゃべりに付き合うのも嬉しくもシンドイです。(^_^;)

投稿: ハイジ | 2008年3月24日 (月) 16時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/11506893

この記事へのトラックバック一覧です: 増えゆく玩具:

« バタバタな一日 | トップページ | 春よ、来い »