« ベアラウフ | トップページ | ベジタリアンカフェ »

いよいよ託児所

20080403_kids_camp2_2 ちょっと前からあたためてきた事なのですが、そろそろ娘を託児所に預けようと思っています。友達の存在が一段と大きくなった娘にとっても、自分と向き合う時間がもっと必要な私としても、双方にとってメリットがあると判断したのが理由。ともすれば、「Nein(No)!」とイヤイヤ期突入の娘ですが、友達の言うことはすんなり聞いたり、他の子供達のマネっこはしたがりますからね。先々週ダウンして引篭もっていたときには、「みみちゃん(に)会いたい」と訴えるほどでした。物事にはタイミングがあると思うのですが、今がなんらかの変化に乗る時なのではという気がしています。

そこで、思い立って、

友達や近所の知り合いのお子さんが通っている、託児所まで見学に行ってきました。評判は聞いていたのですが、実際自分の目で見て納得。とても気に入り、ほぼ即決でした。とは言え、娘にとっても急激な変化は可哀相なので、まずは週に一回、半日保育からのスタートを考えています。  

20080403_kids_camp1 Kid's Camp Pre School & Kita Day Care Centerはバーゼルランド州から認可されています。(Spielgruppe等より基準が高いTagesstaetteという区分けだそう。) Pre-Schoolという名前の通り、幼稚園に移行する前の準備段階ということで、カリキュラムが充実しています。音楽や体操のレッスンも専属の先生の指導のもと行われるそうです。(アカデミック過ぎて、おそらく娘はまだついていけないでしょうけれど。。。)また、インターナショナルスクールにいずれ通うであろう子供達にも焦点が置かれているようで、4歳からは、インターで使っているものと同じ本、Oxford Reading Tree(ドイツ語の場合はLesebaum)が用いられるそうです。

20080403_kids_camp3_2 ここは、バイリンガルであることが一番の特徴。ドイツ語と英語が使用言語です。英語を学ばせたいスイス人や、ドイツ語にも触れさせたいアメリカ人のお子さんにとっては最適なのかもしれませんが、我が家では私は日本語、夫はドイツ語、と二ヶ国語に絞ってやってきたので、ここで英語が生活に大きく入りこむことによって、混乱を引き起こさないか懸念されるところではありますが。。。

 

20080403_kids_camp4_4施設に関して言えば、昨年出来たばかりなので、新しくてとっても綺麗。三方向に窓があり、明るく日が差し込んでいました。フローリングの広い床に、カラフルな椅子やテーブル。キッチンも清潔でしたし、保育が機能的に出来るよう、あらゆる工夫が施されていました。

 

 

20080403_kids_camp6 場所は、うちから車で5分とかかりません。(緊急時に安心!)また、託児所の近くには森のほかに、エミューやシェットランドポニーが飼育されている牧場があります。夏になったら、森まで歩いてピクニックをしたりもするそうです。託児所の目の前には専用の公園もあります。ただ、遊具がまだ少なく、ちょっぴり淋しい感じは拭い去ることが出来ませんが、これから少しずつ遊具を増やしていく方向だそうで、今後に期待。

 

この託児所、一週間に預ける最低時間数があるものの、まずは様子をみたいということで、融通をきかせてもらうことに。また、本来は2歳からなのですが、その点もなんとかクリア。

ということで、いよいよ来週からスタートします。初回は私も付き添う予定。徐々に軌道にのるのを見届けたら、私も今後のことについて、しっかり考えねばなぁと思っています。

|

« ベアラウフ | トップページ | ベジタリアンカフェ »

「育児」カテゴリの記事

コメント

写真と説明文で見る限り、この託児所星五つ。Pおじいちゃんもここなら、太鼓判を押してくれるでしょう。広々した教室に、Nちゃん一人が写っていると、手放すのは早すぎじゃないかと思うのですが、教室の隅に並べられた、子供用の白い椅子を見ると、受け入れ態勢充分な感じもするので安心です。何よりNちゃんが、友達を欲しがるようになったことが、託児所の決断を早めたのでしょうね。でも始めは矢張り緊張しますから、ママの傍に帰ってきたときはしっかり抱きしめましょう。週一の曜日は何曜日?

投稿: rosemary | 2008年4月 7日 (月) 08時37分

rosemaryさん、確かに手放すのは早過ぎないかなぁ、という迷いは少なからずあります。でも、あれこれ考え、夫とも話し合った上での決断。とりあえず、試してみて、もし上手くいかないようであれば、それから軌道修正しても遅くはないですしね。(この託児所は、3ヶ月ごとの契約です。)Nは、8ヶ月の頃からジムの託児所やベビーシッターさんに預けていますが、母子分離の状況に慣れていますし、人見知りはあまりしない子ですし、友達と楽しく遊べるようになった今は、上手くいくだろうと思っています。
今のところ、毎週木曜日の午後に預ける予定。母子水入らずの時間が減る分、その時間を大事に過ごしたいと思っています。

投稿: ハイジ | 2008年4月 7日 (月) 21時16分

上から3つ目の写真、自分の持ち物をかけるフックに会津木綿(もどき)の袋が下がっていますが、日本お子供さんがいるのでしょうか?Nちゃんもこんな手つくりのバッグが要るようになるのでしょうね。自分の名前の変わりに、動物や野菜、果物が目印になるのでしょうか、可愛い絵がフックの上に貼られていますね。Nちゃんは、きっと楽しい時間を過ごす事でしょう。木曜日の午後の空いた時間、ごろんと昼寝もいいもんです。心身の鋭気を養う為にもね。

投稿: rosemary | 2008年4月 9日 (水) 03時45分

大きな一歩ですね☆
うちは私が今きついからという理由で
預けたい気持山々ですが、とてもとてもハルがそういう段階にはいたってません、、
お友達も年上のお姉ちゃんに限って好きみたいだし、何より私と離れて一人で、がまったく大変なことになってしまうので、
精神的にもまだいい影響を与えないようなという親の甘さから、、
ほんとはそういう子こそ、少しずつ子供社会に出したほうがいいんでしょうが、
この年齢で預けれるのはうちの地域では週1の朝から14時まで、でその後不安からべったりやらなんやらなると逆に大変かも。。とか
いろいろ臆病になってしまってます、、
言葉のことなど、Nちゃんはとても学習が早いみたいですね♪
ハルはパカパカも「かぱかぱ」だし、暖かいねっていうのも「あかたいねー」とか、
ごちゃ混ぜ言葉が多いです、
何より、、、パパはいえるのに、ママとか
お母さん、は言ってくれないのが寂しい・・

来週からママもがんばりどきですね☆
ムリせずがんばってください♪

投稿: はるみみ | 2008年4月 9日 (水) 08時25分

う~ん、ここ良さそう!家具がIKEAの商品なのね。この白のハイチェア、我が家のと一緒よ(笑)
広々してるし、先々のことも考えられたカリキュラムも素敵。キッズクラブは小規模でアットホームだけど、こちらはキチンとした学校らしい感じだね。
シッターさんや託児所はNちゃん中心だけど、プリスクールはみんなが主役。友達から学ぶこともいろいろ多いでしょうね。Nちゃんなら直ぐに馴染むだろうから大丈夫。友達が増えるから楽しいよ!
子供にとって親は神以上の存在だけど、親がどんなに頑張ってもしてやれることには限りが有ります。子供自身が学び、掴み取るチャンスを与える良い機会になると思うよ!
Nちゃんもハイジさんも気楽に頑張ってね。

投稿: CACA | 2008年4月10日 (木) 18時59分

rosemaryさん、言われてみれば、カラフルな会津木綿のようにも見えますね。日本人の友達(旦那様はアメリカ人)の息子さんが一人通っていますが、そのお子さんのものなのかな?
ちなみに日本だと、保育園に入るにあたり、手作りのバッグなどを準備する必要があるようですけれど、こちらはお母さん達に手作りを強いることはないようです。(裁縫才能ゼロの私としては一安心。)
アルファベットはまだ読めない子も多いですものね、馬、豚、なす、キャベツなどの絵が名札代わりになっているようです。Nは果たして何になるのかな。

投稿: ハイジ | 2008年4月14日 (月) 13時13分

はるみみさん、お気持ち、わかります。私も、申し込んでしまった後に、果たしてこれでよかっただろうかと悩んでしまいました。でも、娘は8ヶ月の頃からベビーシッターさんや週に1~2時間、ジムの託児所にも預けていましたし、大丈夫だろうと自分に言い聞かせています。出来ることなら娘が3歳になるまでは、しっかり私が面倒をみようと思っていたのですけれどね。。。すでに方針転換です。娘によかれと思って決めたことですが、親の都合という面が大きいのかも。ハルちゃんはお母さんとずっと一緒にいれて幸せだと思います。

投稿: ハイジ | 2008年4月14日 (月) 13時16分

CACAさん、励ましてくれてありがとう。まだちょっぴり心の迷いはあるんだけれどね。早すぎないかなぁって。アットホームなキッズクラブならまだしも、ここはプリスクールの雰囲気だし、大きなお子さん達に圧倒されないといいけれど、と願うばかりです。
今週木曜日が初日。持ち物リストを見ながら、Nの好きな(寝るときに必要な)ぬいぐるみや、服の着替え、室内履きなどを用意しています。ちょっとドキドキするけれど、またご報告させていただくね。
IKEAのハイチェアが一緒ということで、ちょっぴり嬉しいな。そいえば、担当の人が、遊具入れのボックスをまたIKEA行って買わなきゃ、って言ってました。

投稿: ハイジ | 2008年4月14日 (月) 13時20分

もう初日は迎えたかしら?きっとお友達と遊べて楽しい時間になると思うよ。(朝のお別れは泣かれるとつらいけどね)一人ひとり、マークが決まってるのかな?フックのとこrに絵札みたいなのが見えるけど。子供って大人よりお友達のものを覚えてるんだよね。朝の支度の時に前の人のエプロンを見て「Aちゃーん、D君」と指差して今日いるお友達を確認してたりするよ。初日レポート楽しみにしてます!

投稿: ふみ | 2008年4月15日 (火) 00時08分

ふみさん、初日は明後日なの。私がちゃんと子離れできるかが一番の問題だったりして。友達から聞いたけれど、別れる際に、「またあとで迎えにいくからね。バイバイ。」というだけでなく、「ママは○○をしなくちゃいけないからね。」と補足すると子供としても納得しやすいらしい。
ご指摘のとおり、一人ひとりのマークが決まっているらしいの。豚とか茄子のマークまであるのよ。
そうね、Nも、遊びに来た友達の長靴をみて、「Eちゃん」などと言ったりします。所有格の概念がハヤリのようで、「ママ(の)カメラ」などと言ったりね。
そういえば、Kちゃんの保育園の入園が決まったときに、ふみさんは綺麗な袋とか布団カバーなどを手作りしてたよね~。こちらは要請されることは無いようなので、私の裁縫の才能は封じ込めることにしました。(^_-)

投稿: ハイジ | 2008年4月15日 (火) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/12369293

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ託児所:

« ベアラウフ | トップページ | ベジタリアンカフェ »