« エスパニョールなブランチ | トップページ | ポーランド陶器、再び »

歌いたいお年頃

20080418_1 「こぶた、たぬき、きつね、ねーこ」、と突然歌えるようになりました!(^o^) 「ねこ」が「にゃーお」になったり、時々「きつね」が出てこないこともありますが。。。友達にもらった電子音のマラカスが火付け役になったのでしょう。

20080418_2

 

 

 

それから「アイアイ」も十八番。お姉ちゃんと一緒にアイアイを歌って踊ったことがよっぽど楽しかったと思われ。この4歳のお姉ちゃんの面倒見が良いことには毎回驚かされます。この日は公園で遊具に向かう二人の後を私が追いかけて行こうとすると、「Aさん(←私の名前)、私がNちゃんをみてるから、大丈夫よ。」とまで言ってくれました。4歳の彼女に私は全く頭があがりません。(^_^;) Nも相当慕っています。会えない日が続くと彼女の名前の呼んでラブコールしちゃいますからね。

今日の寺子屋は我が家で行ったのですが、娘は自分の家だとリラックスするのか、皆の前でも調子よく歌を披露していました。今日はみなで「かごめ、かごめ」をしたり、戸田研究所のリングカードを利用してカルタ取りをしたり。大分参加できるようになってきた娘に成長を感じました。

 

20080419_shimajiro こんな風に歌が好きで、穏やかに成長してきた娘ですが、最近は、私の顔をひっかいたり、オムツ換えのときに強くキックしたりと、少々凶暴な面も見せています。そういえば、「そろそろ親をぶったりする年齢に差しかかるかもしれない」と、友人が言っていたことを思い出しました。その心理の背景には、乳児期の娘にとっては「とにかく絶大なる母」だったのに対し、現在は知恵もつき、「自分にとって不都合な面もある母親」の像も見えるようになり、その結果、不満や苛立ちを母親にぶつけるという事があるそうです。

世の中が理不尽なことも、思い通りに行かないことも学んでいく過程だとは思いますが、そんな娘の気持ちを上手く受け止めてあげたいと思っています。とは言え、これがなかなかこれが難しい。。。。

20080418_trampolin1

 

 

 

20080418_trampolin2 

|

« エスパニョールなブランチ | トップページ | ポーランド陶器、再び »

「育児」カテゴリの記事

コメント

「歌いたいお年頃」、面白い題ですね。
そういえば先日の電話で「こぶた♪」とリズムをつけたら「たぬき、きつね、にゃお~」と返ってきたのには、びっくりしました。歌で会話が出来るなんて、「楽しいな!」とつくずく思いました。
ところで親をキックしたり、顔をひっかいたり、髪の毛を引っぱったりするのは幼児の成長の現われなんですね。単にいたずらかと思ってましたが、心理の背景を考えると、頭ごなしに叱れないですね。親の忍耐、寛容が肝要?

投稿: rosemary | 2008年4月24日 (木) 02時08分

わかる~!!
うちもまさに、最近なんか母を甘く見てるな??って感じですもん、、
笑いながらですが、ぺちっと叩いてきたり、
怒ってもへらへらしてて効き目なし、、
ただし、私が痛い目にあって「いたーーーい!!」「ハルちゃん、物を投げてあたたっらイタイんだよ」といった感じのときは
さすがにまずいと思うのか急に泣き出して大変です、、
そういう時期だったんですねw
勉強になりました。
寺子屋、いい習慣ですよね。
日本にいてもなかなかみんなでカルタや
カゴメなんてやらないし、私も
市民センターなどでそういう感じでいろいろ
できたらな・・と思いました☆

投稿: はるみみ | 2008年4月25日 (金) 17時04分

rosemaryさん、お歌の方は、先日のRyuくんのお誕生日会でみんなで歌った「ハッピーバースディ」が印象に残ったようで、「ハッピートゥーユーユー♪」と歌っています。歌いたいお熱はまだ続いているみたい。あと、子守唄として毎晩歌っている「ゆりかごの歌」(娘曰く、「ねんねのうた」)も上手ですよ。
引っかき傷の方はまだ私の左頬にしっかり残っています。新陳代謝が良い娘と違って、私の傷は残っちゃうだろうなぁ。。。(ToT)

投稿: ハイジ | 2008年4月27日 (日) 05時50分

はるみみさん、そっかー、やっぱり同じなんですね。腕に抱かれてなすがままの状態だった乳児期と比べると、なんとまぁ、挑戦的になったことだろうと改めてビックリします。ハルちゃんは叩いちゃった後とかに、謝ったりしますか?うちの子、まだ「ごめんね」が言えなくって。私に対してはともかく、他のお子さんを叩いちゃったときなどにはきちんと言えるような子になってほしいなぁと思っているのですが。。。
寺子屋は順調です。ここ2ヶ月の間に、娘も大分なれてきて、最初は「かごめかごめ」で手をつなぐのも嫌がっていたのに、今では「もう一回!」とリクエストするとほどに。カルタ取りも、2歳児に負け時と健闘していました。前回はうちのカルタだったから慣れていたせいもあるのですけどね。(^^;;

投稿: ハイジ | 2008年4月27日 (日) 06時10分

言葉だけじゃなく、お唄も歌えるんだね~
Aは合いの手入れたり、踊ったりする程度かな~
そういえば、私の回りも叩かれたりけられたりしてるみたい。我が家では、夫がやられ放題です。芸人なんでリアクションが面白いらしくって。

投稿: CACA | 2008年5月 2日 (金) 12時07分

CACAさん、唄はね、散歩中とか、運転中とか、料理中とか、他にすることが無いときとか、「ながら」で唄いながらも、適当に娘の気をひきつけられるし、都合が良かったりするのよね。私は音痴そのものだけど、唄ったり、音楽をかけることが多かったことが功を奏したのか、今のところNも唄うことは好きみたい。
そっかー、Aくんと旦那様のように、本気に叩くんじゃなくって、じゃれあう様子は微笑ましいね。私がムキになって「顔をたたいちゃダメ!」などと怒鳴っているからいけないのかな。冗談を冗談で返すような親子でいたいなぁとは思っています。

投稿: ハイジ | 2008年5月 4日 (日) 13時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/20519276

この記事へのトラックバック一覧です: 歌いたいお年頃:

« エスパニョールなブランチ | トップページ | ポーランド陶器、再び »