« 男の晩ご飯 | トップページ | 歌いたいお年頃 »

エスパニョールなブランチ

20080420_brunch 立て続けに食べ物の話で恐縮ですが、スペイン人の友達夫婦にお招き頂いた今朝のブランチが印象的だったので、ここに。

特筆すべきは、マンチェーゴというチーズ。スイスでは手に入らないので、直輸入したそうです。これは羊のチーズで、ちょっとクセがありますが、スペインでは、熟成期間によって分類されているメジャーなチーズだそう。そして、ロモというイベリコ豚のフィレで作ったソーセージも登場。これは噛めば噛むほど味わいが出るようで、かなりイケました。本場のチョリソーも頂きましたが、かなりねっとりとした触感。(無性にビールが飲みたくなってしまいましたが。)ちなみに、チョリソーは妊娠中は厳禁らしいです。

そうそう、知らなかったのですが、本場のスペイン料理は、バターは殆ど使わないそうですね。彼らはパンに付けるのも、アップルケーキの材料にもオリーブオイルを使っていました。

スペイン人のお二人は、絵に描いたような気さくで陽気なスペイン人。指定の10:30にお邪魔した時点では、彼女はシャワーを浴びていたようで、ビショビショのウェービーヘアのままハグとキスで迎えてくれました。大きな声で笑い、食卓にスペインの息吹だけでなく、しっかりと福も呼び込んでくれたようでくれたようです。

|

« 男の晩ご飯 | トップページ | 歌いたいお年頃 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

びしょびしょのウエィービーヘアーにバスローブでお出迎え、こんな気さくさと陽気さと、ルーズさが気に入りました。
ファジーなところも。。。大いに見習いたいものです。いつもかっきり、しっかり、すきもなくでは、人生疲れてしまいますもんね。それにしても楽しげな食卓ですね。それに子供たちが喜びそうなカラフルな色ずかい。。。親しい人とブランチっていいね!

投稿: rosemary | 2008年4月21日 (月) 14時59分

ほー初めて聞くチーズの名前。
ヨーロッパで育つ牛から出来るチーズは
どの国のも美味しいんだろうな。


投稿: midorim | 2008年4月22日 (火) 11時50分

rosemaryさん、そうですね、私はゲストを迎えるときはついかしこまってしまったり、準備の段階でピリピリするキライがあるけれど、こうやってリラックスできる術を学びたいなぁと思いました。 
彼女の旦那さんのドライなユーモアもなかなか良いんですよ。本当に素敵なカップルです。

投稿: ハイジ | 2008年4月22日 (火) 19時45分

midorimちゃん、こちらに来て何よりも美味しいと感じるのがチーズ。晩ご飯はワインとチーズだけでもOKな私にとっては天国なのかもしれないなぁ。値段も日本よりずっと安いし。娘もすでにエポワスとかアッペンツェラーなど上級者用(?)のチーズが大好きだよ。(塩分も多いと思うので、小出ししているけれど。。。)

投稿: ハイジ | 2008年4月22日 (火) 19時57分

私は山羊のウォッシュチーズとかくっさいのが大好きなので垂涎物です。ランチビールが欲しい!
ブランチっていうのも気さくな雰囲気だけど、このご夫婦も気さくな方なのね。くつろいだ様子が窺えます。こんな風に招かれたら変に気負いせずに楽しめるね~

投稿: CACA | 2008年4月23日 (水) 03時22分

CACAさん、そっか、やっぱり好きなのね~、クセあるチーズ。お酒がすすむんだよね。
ブランチは、お呼ばれする方にとっても、気分的に楽チン。夜と違って、子連れでもOKだし。本人達はまだ若いカップルで、子供はまだなのだけれど、子供に対して許容範囲が広くって、ビックリしちゃった。聞いてみたところ、お二人とも大家族で育っているので、それもあるのかなぁって、感心しまくりでした。

投稿: ハイジ | 2008年4月23日 (水) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/20432247

この記事へのトラックバック一覧です: エスパニョールなブランチ:

« 男の晩ご飯 | トップページ | 歌いたいお年頃 »