« 夫のいない金曜日 | トップページ | 会社見学 »

Picard ピカール

20080522_picard2 子供と18時頃帰宅して(こちらは夏時間で21時頃にならないと暗くならないので、帰宅時間がずれ込むこと多々。)暖かくなってからは、外遊びが多くなり、家に着くと風呂場に直行せざると得ないことも。そんなこんなで、夕食の支度がさらに遅れてしまうのですが、そんな時の頼みの綱がこのPicardピカールの冷凍食品。

 20080522_picard1

 

ピカールは、フランスで全国展開している冷凍食品専門店。年々売り上げも増え、現在680店舗あります。働く一人暮らしの人からお年寄り、忙しいマダムにも人気だそう。外見は、倉庫といった趣きですが、中は清潔な感じ。そして、当然のごとく、冷凍食品のケースがずらーりと並んでいます。

 

ピカールでは、前菜からメイン、デザートなどの出来合いの物から、肉、魚介類、下ごしらえの済んだ野菜、パン、スープなど面白いほど色々な商品を取り扱っています。そして、友達から聞いていた通り、試したものはどれも美味しくてビックリ。(スイス舌になってるせいもあると思いますけどね、トホホ。)

20080522_picard4 出来合いのものは、パスタやピザ、タイカレーやクスクス、焼き鳥やお寿司まで、バラエティー豊か。その他、ハーブ類や各種ソース、エスカルゴや牛肉の赤ワイン煮、フランボワーズのビッシュなど、しっかりフレンチしている商品も沢山ありました。

 

20080522_picard3_2

 

サバやイトヨリなどの魚だってあるんですよ。ここのサバ、評判がいいようです。それから今が旬のアスパラガス。ここのは皮が既に剥いてあるんですねー。グリル済みのナスもラザニアなどに放り込むだけ。

 

ここ、しばらくお世話になりそうです。年収1200万円と試算された子持ち専業主婦の労働力ですが、上手に手抜き、いや、貴重な時間を有効活用したいものですね。

Picard Surgeles 6 Rue d’ Altkirch 68300, Saint Louis

Tel: 03.89.89.91.98

※スイスフランでも支払い可。

|

« 夫のいない金曜日 | トップページ | 会社見学 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

あ、この前お話ししていたお店ですね!
スイスフランでも買い物できるんですね。
現金主義なので助かります☆
早速今度行ってみまーす!
ありがとうございますっ。

投稿: moko | 2008年5月24日 (土) 22時39分

食卓に冷凍食品やTVディナーを並べても専業主婦の労働力は年収1200万円。そうか・・・結構働いているんだ・・・妙に感心しているrosemaryさんです。空いた時間はしっかり子供と向き合って、且つ自分の内面と向き合って、生活を楽しみ向上させられるんですもんね。いい事です。多いにピカールを利用しましょう。それにしてもさすが、おしゃれで、綺麗な店内です。清潔感が漂います。楽しみ!!

投稿: rosemary | 2008年5月25日 (日) 02時43分

パッケージが素敵だよね~
買いたくなるなる。

そういえば、最近義母に教わった
んだけど、きのこって冷凍保存
できるんだね。
解凍せずにそのままのしいたけを
炒め物に使ったけど、冷凍したと
感じなかったよ。

投稿: midorim | 2008年5月25日 (日) 09時11分

mokoさん、そうなの、こんなお店です。スイスフランもOKだけど、お釣りはユーロなので、小銭がどんどんたまっちゃうのが難。。。
Ryuくんはもぐもぐ期卒業の頃かしら?もう必要はないと思うけれど、野菜のピュレも種類が多くて、離乳食にも使えるなぁ、と思ったのでした。
あと、ここのマカロンも美味しいので試してみてね。もし予定があえば一緒に行きましょう!(おっと、その前に、私は冷凍庫のスペースを確認しなくっちゃ。。。)

投稿: ハイジ | 2008年5月25日 (日) 13時39分

rosemaryさん、この1200万というのはアメリカの人材情報会社が、「コック」「保育士」「運転手」に依頼したと考え、はじきだした数字。この数字が多いか少ないかは人によって違うと思うけれど、私が感じるのは、育児って、これまでに経験した仕事のどれよりもハードだなぁってこと。でも、お金では換算できない報酬が沢山ありますものね。どっと疲れたり、心の底から笑ったり、落ち込んだり、幸せを感じたり、、、そんな繰り返しです。
冷凍食品、一応気になるので、原産国を確認しています。欧州産のものが多いようだし、大丈夫かな。。。

投稿: ハイジ | 2008年5月25日 (日) 13時49分

midorimちゃん、へー、きのこ、冷凍できるんだー。ま、考えてみれば、水分含有量とか少なそうだし、大丈夫なのかもね。
スイスで夏になると出回るのは、アンズダケ。(ちなみに、ドイツ語ではPfifferlinge、スイスドイツ語ではEierschwaemmli。)香り高く、肉料理にあいます。以前、親戚の人と一緒にこのアンズダケ狩りに行ったのだけれど、収穫したものは、煮沸した瓶に入れて、オイル漬けにしてたっけ。1年は持つみたい。
幸い、しいたけは、日本のように、肉厚ではないけれど、こちらのスーパーでも買えるの。今度、冷凍してみようぞ。

投稿: ハイジ | 2008年5月25日 (日) 13時58分

おじゃましまあす。
楽しいブログでハイジさん母娘の素敵な日常がのぞかせていただきました。

私実はピカール行った事なくて 見かけるたび興味深々だったのですう。

ということで行ってみよっっと。でも冷凍庫ってすぐいっぱいになるよね。まずは今入ってる食材達を片付けてから。だね。

うちのお姑さんもシャンピニオンを薄く切って冷凍庫の一番上の薄い棚(大きい冷蔵庫には保冷剤とか入れる引き出しがついてない?)にぎっちり並べて凍らして、そしてからタッパーとかにうつして保存してる。同じく、イチゴの薄切りや、フランボワーズも可。

投稿: mado | 2008年5月26日 (月) 10時54分

madoさん、ドイツよりようこそ!コメントありがとうね。
むむぅ、みんな冷凍の達人だったのね。冷凍シャンピニオンは、ちょっとだけ欲しい時、缶詰だと多いし、、、なんて時には便利そうね。イチゴも冷凍できるのね。ピューレにしなくても大丈夫なのには驚き。こちらも今度試してみるね。ちなみに、今年は4月が寒かったせいか、イチゴが若干すっぱい気がするのだけれど、気のせい?
madoさんの日記も楽しみにしているね~。

投稿: ハイジ | 2008年5月26日 (月) 12時09分

食いついてしまいました。
ズボラ主婦日本代表の私だったら毎日ピカールご飯だね。
うちではご飯も惣菜も沢山作って小分けにして冷凍。素材も火を通しておいて小分けで冷凍。Aがウルサイから出来るだけ調理時間を短縮したいし、面倒くさいし。食事の時にはそれぞれを組み合わせて解凍するだけです。
冷凍やレトルト、乾物、ガンガン使ってます。そして、その時間でAとたくさんスキンシップしてます。
食事は美味しくて、安全で、栄養があって、楽しければ良いのです!って言い訳かな?(笑)

投稿: CACA | 2008年5月30日 (金) 01時42分

CACAさん、あ、嬉しい!同じく冷凍庫の達人なのね。作った物を小分けにして冷凍、は賢い方法。日本だったら手軽にお惣菜やお弁当が手に入るから、私だったら専らそれらに頼っちゃいそう。出前とかランチとかだってスイスより断然美味しくてお安いし。
私も計量が必要なお菓子作りとかするときは、Nが昼寝中でないとやはり無理。。。時々パンをコネコネしたり、砂糖を入れたりするのを手伝ってもらうのだけれど、汚したりして余計に仕事が増えちゃうのよね。いつになったら楽しく一緒にお菓子作りできるようになるのかなぁ。

投稿: ハイジ | 2008年5月31日 (土) 13時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/21140688

この記事へのトラックバック一覧です: Picard ピカール:

« 夫のいない金曜日 | トップページ | 会社見学 »