« 春のお散歩、徒然なるままに | トップページ | パーティーオンパレード »

託児所 三度目の正直?

20080424_kids_camp 託児所に通うようになって、一ヶ月たちました。先週はメーデーで託児所がお休み。ということで今日が三回目。そろそろNなりにどういう所なのかわかってきたと思うのですが、今日の朝食時に「今日はKids's Campに行こうね。」と朗らかに促すと、「Kids's Camp、キライ、ヤダー」との返答。う~ん、気が重くなりますね。が、私は鬼となり、娘を連れていきます。

Nは、私が立ち去ることを察すると同時に泣き出します。近所のベテランママさんから、「別れる時には、『また後で迎えに来るからね。』だけでなく『ママは○○をしなくてはならないの。』と説明を付け加えると納得しやすいんだよ。」と言われ、毎回実践していますが、娘には効果は薄いようで。。。今日も、託児所中が注目するほどの豪快な泣きっぷりを披露してくれました。でも、私がずるずると託児所に居残る限り、Spielgruppe(母親も一緒のプレイグループ)などと混乱するし、いつまでたっても託児所に慣れることが出来ないので、後ろ髪を引かれながらも、心を鬼にしてその場を立ち去っています。保育士さんに抱っこされながらもガン泣きする娘の声を聞くのは、耐え忍びないことですけれどね。。。

20080509_kids_camp2 この三回ともに天候に恵まれ、公園遊び(←公園は託児所専用です。)は毎回組み入れられていました。じょうろを使って水を注いだり、壁に水ブラシで「落書き」したり。室内では、お絵かきをしたり、粘土遊びをしたり。音楽のレッスンもあったようですが、横目でグルグル回るお得意の挙動で、皆の笑いを誘っていたそうです。

木曜日の午後は子供達が10名ほど。保育士さんは2人ついています。他にも2名の保育士の方々がいますが、どの方も体格がしっかりとしていて、エネルギーに満ちています。やはり小さい子供達をいっぺんにみるという仕事は、体力的にも精神的にも強くないと務まらないのでしょう。

20080508_kids_camp 迎えに行くと、初回は駆け寄ってきてくれましたが、今日は違います。私の方をチラッと見た後は、玩具に夢中になって帰りたくない素振りを見せるではありませんか。楽しめたのかな、と嬉しく思うのと同時に、それはそれでちょっと淋しかったりも。。。保育士さんにも、娘の様子を聞いてみると、最初だけ泣いたけれど、あとは楽しく遊んでいたそうです。「Nはとても好奇心も旺盛で、物怖じもせず、良い子ですね~。おやつのりんごも良く食べました。そうそう、一回大きなウ○○しましたよ。」との報告がありました。

ちなみに、ここは日本の託児所にあるような連絡ノートや掲示板が無く、子供の様子は直接聞かない限り、知るすべがありません。本人がどのように過ごしたのか、出来る限り知りたいと思う親としては、ちょっと物足りないかも。娘にも「今日は何して遊んだの?」などと聞いてみましたが、「ダンスした」、「お絵かきした」、「りんご食べた」、などと答えてくれるものの、「楽しかった」という一言はまだありません。

20080509_kids_camp3_3 子供にとって託児所は、友達が出来ると、ぐんと居心地が良くなってくると聞きます。それまでどれぐらいかかるだろう。。。ご近所のお子さん達もいるようだし、託児所以外でも親子で仲良くなれると良いけれど。。。 もう少し様子見です。

|

« 春のお散歩、徒然なるままに | トップページ | パーティーオンパレード »

「育児」カテゴリの記事

コメント

Nちゃん、しっかり託児所に馴染みはじめてますね☆
楽しかった、の一言はなくとも、今日●●した、ということを言えるのがすごい!
しっかり印象に残ってるんですね♪
ハルはまだ1回ですが、初回は「今日なにした?」って聞いても反応なしでした・・
明日はGWなどでパパともべったりだった
2週間をあけての2回めの幼稚園です。
まだ7時半というのに、お昼寝が短かったせいか「ねんねいこ、ねんね」と、今誘われ、
手を引っ張られました。。
明日に、むけてあまり早く寝すぎると朝が早すぎて幼稚園の時間大丈夫かな、、と
心配ですが、とりあえず、ベッドにいってきまーす☆

投稿: はるみみ | 2008年5月11日 (日) 12時29分

子供を手元から離す親の気持ちって複雑ですね。譬えそれがチョットの時間であっても・・・泣かれたり、後追いされたりするのは、後ろ髪引かれるようで、立ち去り難いし、さりとてあっさり「バイバイ」されるのも寂しい気がしたり・・・・そんな時間も長い人生からみると一時ですから、充分楽しんでください。それにしても「ダンスした」「林檎食べた」なんて報告するNちゃんは、しっかり楽しんでいる証拠です。すご~い!!壁の落書き、といい、ピンクの持ち物入れといい、しっかりひとり立ちってかんじですね。

投稿: rosemary | 2008年5月12日 (月) 07時54分

うちも実は託児所に通わせているのですが、娘さんの通っている託児所は設備が整っていて素晴らしいですね~!公園の広いこと。羨ましい限りです。ご近所に引っ越したくなりました(笑)。
泣きじゃくる子供を置いていくのは辛いですよね。でも、大丈夫ですよ。すぐ友達も沢山できて、じゃ~ねママ!と笑顔で手を振ってくれるようになりますよ!

投稿: Lia | 2008年5月12日 (月) 09時53分

はるみみさん、二回目の幼稚園、無事に乗りきったのかしら?幼稚園には万全の体調でのぞませてあげたいですもんね。私も託児所の前の日は、睡眠時間の調節をして、それなりに作戦を練ってます。(^_-) 
「何したの?」の問いに答えてくれるようになったのはいいのですが、時々デタラメいいますからねー。食べてないのに食べた、とか、「ヘビ、こんなに大きい」とかトンチンカンな回答が帰ってくることも。もしかしたら、私に読解力が足りないのかな。
ハルちゃん、率先してねんねに行こうだなんて、羨ましいわぁ。うちは、どんだけ眠たくても、「ねんね、ヤダー」と抵抗します。

投稿: ハイジ | 2008年5月12日 (月) 13時14分

rosemaryさん、週に一回、4時間だけだと、なかなか馴染むのにも時間がかかるかもしれないという判断で、金曜日の午前中も通うことにしました。その日は四人のうち特に評判のいい保育士のかたがいらしているそうで、Nもその方に馴染んでくれればなぁと思っています。
また、先日オーストラリア(しかもパース!)出身の友達と久しぶりに電話で話していたのですが、Nより2週間だけ年上の女の子を金曜日の午前中に通わせるそうです。なかなか幸先がいい話でしょう?楽しみです。

投稿: ハイジ | 2008年5月12日 (月) 13時15分

Liaさん、まぁ、坊くんも託児所通っているんですね。逞しい坊くんでも、最初は別れ際は泣いちゃったりしたのかしら?馴染んでいる日本人のベビーシッターさんに預ける際には、バイバーイと笑顔なので、(もしくは、即、遊び出し、私のことは眼中になくなります。)慣れの問題なのでしょうね。
公園はこれでもまだ発展途上らしくって、今後さらに遊具が増えるらしいです。一点心配なのは、ここはバイリンガル(ドイツ語と英語)なのですが、英語圏の子供の方が若干多く、英語の方が上達しちゃうらしい点。ま、子供の語学の能力は未知数ですからね。当面は気楽に構えることにします。

投稿: ハイジ | 2008年5月12日 (月) 13時17分

お迎えに行った時に泣かなければ、楽しんでいた証拠なんだそうですよ!
Nちゃんもママと離れるのは寂しいけれど、ナーサリーは楽しんでいるのでしょう。
そうそう、壁のお絵かき、顔のようなものを書いているように見えるけど、もう、書けるの?うちの子はまだまだ丸も上手にかけないよ。

投稿: CACA | 2008年5月18日 (日) 07時58分

CACAさん、そっか、そうなんですね。じゃ、安心!
つい先日も別れ際に、大泣きをされて、託児所にいた子供達もみんな「大丈夫?」といった顔で私達親子を見ていました。派手なお別れの儀式はしばらく続きそう。。。
Nはまだ顔は描けないなぁ。最近、比較的まっすぐな線や丸い線が描けるようにはなってきたけれど。丸らしい線を描いて「りんごみたーい」「ママ、りんごだーい好き」などと口の方が達者のようです。

投稿: ハイジ | 2008年5月18日 (日) 13時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/20604637

この記事へのトラックバック一覧です: 託児所 三度目の正直?:

« 春のお散歩、徒然なるままに | トップページ | パーティーオンパレード »