« ウィーンの甘い風 | トップページ | 魔の二歳児? »

親子関係

20080624_schloss_3 両親がスイスに滞在して早3週間。基本的には仲良くやっていますが、お互いの素の部分に触れることが多くなるにつれ、荒波が立つこともあったりなんかして。。。
 
先日、両親と話し合いをした時のこと。それぞれが抱える問題点が浮き彫りになり、ムードがやや下降気味。どうしても家族内だと、先入観を持って話してしまったり、言葉の棘が相手を傷つけたり、一個人としてではなく「子」や「親」として見てしまったり(当然といえば当然のことですが)、なかなか親子関係って難しいなぁと感じてしまいました。
 
20080625_park でも、ま、それは、良くも悪くも、近い存在である家族ならではのことなのでしょうし。許しあえる家族。甘えられる家族。だからこそ、忘れがちになってしまう感謝の気持ちや相手を尊重する態度。親と私の関係は、娘の育児にも関わってくるので、逃げずに、自分の課題としてとらえていきたいと思っています。
 
20080622_walk_2 と、少々固い話をしてしまいましたが、楽しいことにも目を向けて、、、と。今週は、親と公園に行ったり、バイエラー財団美術館に行ったり、散歩したり、街をブラブラしたり、近場で日常を楽しんでいます。私にとっては、一緒に母とキッチンに立ったり、父と散歩をしながら、世間話などに興じる時間が何よりの気分転換になっています。食事もみんなで一緒だと楽しいですね。娘もすっかりじぃじ・ばぁばに懐いています。娘の成長ぶりはまた別途。
 
残りの滞在8日間、毎日を大事にしなくては。20080622_sky_2

|

« ウィーンの甘い風 | トップページ | 魔の二歳児? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

親子も夫婦も、山あり谷あり。人生いつもいいことばかりじゃないですよ。でも大事なのは、家族の愛と信頼が根底にあれば、大少のギクシャクはその後の態度や言葉で許しあえるもの、と思っています。自分を見直す上でも、家族からのポイントは有難いと思うようになってきました。自分の場合、まず「聞く耳」を持つこと。人の話をじゅっくり聞くこと、せっかちな性格とひがみ根性をなおさなければと、重々反省した次第です。それは、とりもなおさず、親子関係って本当に大事だと思うから。。。。

投稿: rosemary | 2008年7月 1日 (火) 13時50分

rosemaryさん、家庭内で時折り起きるギクシャクは、関係を活性化させ、絆を深めることもあると思います。でも、そういった時に、どうやって折り合いを付けるかなのでしょうね。「聞く耳」も大事ですし、私の場合は、感情的にならずに自分の気持ちを相手に伝えるか、、、なのでしょう。親子って、本当に深遠なテーマですね。

投稿: ハイジ | 2008年7月 2日 (水) 06時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/21917550

この記事へのトラックバック一覧です: 親子関係:

« ウィーンの甘い風 | トップページ | 魔の二歳児? »