« 会社見学 | トップページ | 祝二歳! »

手作りの醍醐味

Doyayaki ドラヤキ作りにハマッています。 まさか自分が餡子から手作りするとは昔は考えも出来ませんでした。時間がかかることは避け、チャチャチャッと効率良く動くのが好きだった私。でも、実際、手作りするということは時間もかかりますが、自分の心を落ち着かせるぬくもりの力、とでも言うのでしょうか、緩やかな時間が自分を癒してくれるんです。現代社会は、効率という名のもとに、時間をかけること、手作りをすること、を排他してきたのかもしれません。。。 餡子の入った鍋底をかきまぜながら、そんなことを考えてしまいました。

20080530_azuki 子供の頃の記憶をたどっても、やはり両親が手作りをしてくれたものって結構印象に残っているんですよね。お弁当一つとっても、母の作る甘めの卵焼きやおかかとチーズの入った大きめのおにぎりは、今でも最高の位置を占めています。そんな手作りの品々が、両親の愛情という形で、私という人間の底辺になっているのかもしれないなぁ、なんて思います。

それにしても、子育てに携わっていなければ、そして何かと不便なスイスに住んで居なければ、ドラヤキや餃子も一から手作りなんてしなかっただろうし。。。ある意味、娘の存在が、私の欠落部分を気づかせてくれました。

とは言え、やはり何かと忙しい育児に家事業。忙しいのに、手作りなんてしていると、余計にキーッとなることもあるので、要注意。私の場合、冷凍食品や外部のヘルプも活用しながら、出来る範囲で、メリハリをつけて、、、というのがポイントですかね。

|

« 会社見学 | トップページ | 祝二歳! »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

おいしそう!!

本当に現代人は何故か忙しくて、大切なものを見失いがちなのかもしれませんね。

今週は伊東の温泉に3泊4日で行ってきました。
なーんにもないところで、温泉とお散歩と読書と、おまけににんじんジュースとショウガ湯だけの簡単な断食・・・。
でもすごーくシンプルな自分になれて、とっても豊かな気分でした。

でも手作りのどら焼きも食べたいな・・・。
穏やかな時間を楽しんでください。

投稿: naoko | 2008年6月 1日 (日) 09時25分

じ~んとくるブログだなぁ。
しかしあまりにもプロフェッショナルなどらやきに驚きました。
スイスではもちろん日本でもお店だせるよー。すっごーい。

投稿: tohro | 2008年6月 1日 (日) 15時22分

おいしかったです!!ハイジさんのドラ焼き!
スイスでドラ焼きが食べられるだなんて思ってもいなかったので感動でした。

この前頂いたドラ焼きに触発され(笑)、私は昨日の夜から金時豆を水に浸け、先ほど煮終わりました。久しぶりの金時はおいしかったです。

そして、最近ご無沙汰しているカルトナージュもまた始めようと思い、先週、ダンボールから道具を引っ張り出したところでした。
たとえ育児で忙しくても、育児以外の何かに手間暇をかけることが返って息抜きになったりすることもあると思うので、大切ですよね。やりすぎちゃうとオーバーヒートしちゃいますけどっ ;-p

投稿: moko | 2008年6月 2日 (月) 00時29分

いやぁ~びっくりしました。いつの間にか腕をあげましたね。ドラ焼きなどは手に入り難い、懐かしい日本の味では、と思ってましたが、これだけのものが作れるなんて・・・・プロも顔負けです。
時間をかける、手抜きするのバランス(台所)料理が、長続きする秘訣かも。。

投稿: rosemary | 2008年6月 2日 (月) 11時50分

naokoさん、うーん、素敵!温泉・散歩・読書とnaoぴょんの好きな物ばかりで、さぞかし癒されたのでhそうね~。そういえば、以前にも同じような座禅的な旅行されたのではなかったでしたっけ?グルメなnaoぴょんが、人参ジュースとしょうが湯だけで、乗り切っちゃうのも、なかなか不思議というか、頑張ったというか。デトックス効果で、ますます健康美人な感じになったことでしょう!

仕事をしていると、本当の自分を見失いがちだけど、バランスをとって生活している姿は素敵だわ。応援しています。

投稿: ハイジ | 2008年6月 2日 (月) 12時58分

tohroさん、へへ、我ながら、スゴイでしょう?私がいかに料理嫌いだったか知っているtohroさん(以前は、専ら、料理担当のtohroさん、片付け担当の私と役割が決まっていたもんね。)としては尚更かもね。

あ、でもね、綺麗に見えるのは、最初のうちに焼いたサイズが均等のものを撮影したから。後の方は、すっごく不揃いよ。ま、Nも喜んで食べてくれるので、せっせとドラヤキ作りに精を出すことにします。

投稿: ハイジ | 2008年6月 2日 (月) 13時05分

mokoさん、いやいや、、、餡子の出来がその時々によって違うし、まだまだ訓練中。寛大なmokoさんの優しさはありがたいわ。もうちょっと試行錯誤を重ねて、美味しいの作れるようになるまで待っててね。:)

金時かー、食べたくなってきたぞ。(笑)カルトナージュが何であるのか知らなかったんだけど、とっても綺麗!実用的なところもgood。センスのいいmokoさんの家の中が一段と華やぎそう。今度、ぜひ見せてくださいね。

手作りは、貴重な時間のやりくりが出来てこそ、かもね。日本に居れば、ドラヤキなんてコンビニでも100円そこらで買えちゃうのになぁって、ふと思うことも無きにしも非ず。

投稿: ハイジ | 2008年6月 2日 (月) 13時21分

rosemaryさん、手作りといっても、まだ料理の分野だけですもんね。お裁縫は中学のときの浴衣作りでストップしたままですし。会津のMさんのように陶芸も出来たらと思うことはあるけれど、これはNがもうちょっと大きくなってからでないと無理そうです。ま、当面は、Nと一緒のレベルで工作(ねんどいじりとか)に励むかな。。。

レシピは今やネットでも入手できるから便利な世の中になりました。このドラヤキもhttp://cookpad.com/comet/recipe/14588/を参考にしました。夜、ボケーっとレシピ集の写真を眺めたりするのもちょっとした娯楽だったりします。(食い地が張ってるだけだったりして。)

投稿: ハイジ | 2008年6月 2日 (月) 13時30分

餡子からなんて尊敬します。
簡単に口に出来ないから、買って食べたって感動ものでしょうに、作っちゃうなんてもっと感動!そりゃぁ、美味しいに決まってる!!

投稿: CACA | 2008年6月 5日 (木) 17時31分

CACAさん、私ね、餡子が昔から好きだったの。洋菓子より、たい焼きとかを好む、おばさんテイストな子だったのね。おばさんとなった今もやはり和菓子は大好き。無ければ作っちゃえ、というのが、実は最初のきっかけだったのかもしれません。必要は発明の母って感じ?もちろん、娘にも日本の味に親しみながら大きくなって欲しいと思っているし、手作りという形で少しでも愛情を伝えられたらなぁとも思っています。
今度は、塩辛が手に入ったので、キムチ作りに挑戦です。

投稿: ハイジ | 2008年6月 6日 (金) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/21331750

この記事へのトラックバック一覧です: 手作りの醍醐味:

« 会社見学 | トップページ | 祝二歳! »