« 日本語環境 | トップページ | 天使の山で花三昧 »

パパのプリンセス

20080727_1_2週末になると、娘はパパにべったり。「Spielenしたい(遊びたい)」と言いながら、パパを、遊び場と化したウィンターガーデンに引き連れていきます。パパと遊ぶときは、ドイツ語が混じります。「Schau mal(見て)」や、時には「Nein!(ダメ!)」などとパパに指示する娘の声がキッチンまで聞こえてきます。時折り、お絵かきやレゴで作ったパパとの共同作品を、私に見せにきたりします。そんな二人の姿に、私も自然と穏やかな優しい気持ちに。子供が生まれる前までは知らなかった幸せです。

 20080727_2

歌が好きな娘のために、夫は、屋根裏からギターを引っぱり出して、練習に励むようになりました。Simon & GarfunkelやPaul McCartneylなど、Oldiesばかりですけどね。子供の歌の楽譜も買ってこようかなと言っているので、そのうち二人の合同演奏会でも開かれるかな~。  

20080727_3

 

 

父親にとって娘の存在は特別と言いますが、我が家もしかり。暑くないか、寒くないか、と気にかけるのも夫。食事を取り分けた後に、食べやすいように小さく切り分けるのも夫。お風呂の後にドライヤーまでかけるのも夫。娘がどんなに魔の二歳児を発揮しても、寛大に構えていられるのも夫。夫の前では、Nはいつもプリンセスです。 

 20080727_4_2

こんなラブラブな二人ですが、寝かしつけはママの役割り。役割を交代しようものなら、「パパ、あっち行って」と追い払ったりすることも。その後、私に、「パパ、可哀相よー」なんて言うのですが、意味分かっているのかな。ちょっぴり可哀相なパパ、、、今日もお仕事です。

|

« 日本語環境 | トップページ | 天使の山で花三昧 »

「育児」カテゴリの記事

コメント

それは旦那さんが偉いと思うわ。
父親にとって娘は特別な存在なのは、我が家も同じだけど、うちの人は暑いか寒いかなんて気にもとめないし、食べ物を細かく切り分けることも殆どないし、休日だって2時間も娘と一緒に遊んだらもういっぱいいっぱいだし、娘のイタズラ振りにキレてることもあるよ。
Nちゃんのおっとり優しい性格は、もちろん旦那さんからの遺伝もあるのだろうけど、そんな愛情にいっぱい包まれて育っているから、も大きいんだろね。

投稿: よしこ | 2008年7月29日 (火) 08時52分

Mのパパぶり素敵だね♪
子供ができて初めて見る旦那ちゃんの
側面ってなんかいいよね。
スイス行きたいな~

投稿: midorim | 2008年7月29日 (火) 10時17分

どの写真からも、パパの愛情がたっぷり感じられます。写っては、いないものの、カメラを構えてチャンスを狙うママの姿にも、Nちゃんに対する愛情を感じます。ギターを弾くパパとプリンセスの目線がピタッとあった2枚目の写真、特に好きです。子供と過ごす、こんな穏やかな時間、幼児期にはとても大事と聞きました。Nちゃんの健やかな成長をいつも祈っています。

投稿: rosemary | 2008年7月29日 (火) 12時56分

どこも同じですねww
うちもNちゃんパパほどの気配りはないものの、暑ければいつのまにかハルの服を脱がせてたり、しょっちゅうシャワーに連れてったり、体調を気にしたり。。
遊ぶのももっぱらパパとの方が楽しそうなのに、夜や、機嫌が悪いときだけは「おかーさんがいい~」と泣いてパパの抱擁を嫌がるのでかわいそうなもんです・・・
きっちり使い分けてるとこが子供の残酷さでもあり、かわいらしさでもありますよねww

投稿: はるみみ | 2008年7月29日 (火) 16時05分

よしこさん、夫はちょっと過保護かな。さすがに、最近は、娘に「自分でやるぅ」と抵抗されることも増えてきたけどね。いずれにしても、面倒をみてくれるんだから、文句は言えまい。それに、私の放任主義・ガミガミ度を考慮すると、アメとムチが釣り合ってちょうどいい具合になっているのかも。

投稿: ハイジ | 2008年7月30日 (水) 13時07分

midorimちゃん、お互い良いパパを持ってよかったよね~。Mも、子守が大変などと愚痴ったことは一度も無いけれど、直美と朝からつきっきりになる週末となると、昼寝は欠かさないので、やはり体力的にもくたびれるんだろうなぁって思う。YタンもMもがんばれ~、ってとこだね。
スイス、おいでおいで~。みんなで子育て談義しながら、一杯やろうよ。

投稿: ハイジ | 2008年7月30日 (水) 13時08分

rosemaryさん、この写真、私も気に入ってます。ちょっと暗くてピンボケですけれど。最初のうちは、Nは神妙な顔して聞いたり、Simon&Garfunkelの写真に興味津々でしたが、最近は、ギターの曲にあわせてベッドの上をジャンプしまくっていて、歌はそっちのけ。。。パパのモーティベーションを維持させるために、どうしたものかと頭をひねっているところです。

投稿: ハイジ | 2008年7月30日 (水) 13時08分

はるみみさん、ハルちゃんとN、そしてパパ同士も似てますね~。ほんとうに、子供は邪気が無いだけ、(または邪気が無いから余計に)残酷ですよね。欲求に忠実で、すべてが体当たりで表現しますものね。特に、Nはゴッドファザーが苦手で、露骨に怖がります。彼は、夫の長年の親友で、足長おじさんのごとくプレゼントを沢山くれるのに。。。来週はそのゴッドファザーとの再会。どうなることやら、です。

投稿: ハイジ | 2008年7月30日 (水) 13時09分

そうですよね~パパにとって娘はプリンセスlovelyですよね~!うちも娘と居るときのパパは全力で喜ばそうと遊ぶので、直ぐ疲れちゃいますsweat01笑;それにタフで元気な娘なので!でも、やっぱ寝るときはママなんですよねーwink泣かれちゃったりした時は、確かになんだか可愛そうsweat02どこも一緒なんですね~smile

投稿: アミーガ | 2008年8月 1日 (金) 01時56分

アミーガさん、ふふふ、お嬢さんもプリンセスなんですね~。パパはどんな風に遊んでいらっしゃるのかしら?スペインらしい遊び方ってあるのかな?うちの子は、1歳3ヶ月頃、パパじゃないとダメな時期があったんです。私が抱っこを代わろうものなら、パパにしがみついて泣いたこともありました。ママが嫌いなのかな~、なんて真剣に悩んだこともありましたっけ。今となっては、パパにべったりのまま、寝かしつけもパパがやってくれないかなぁ、、、なんて思っちゃうこともあったりします。^^;

投稿: ハイジ | 2008年8月 3日 (日) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/22598876

この記事へのトラックバック一覧です: パパのプリンセス:

« 日本語環境 | トップページ | 天使の山で花三昧 »