« こんな夏の休日 | トップページ | ランニングシューズ »

Bon Anniversaire!

20080806_birthdayparty_4先週、バーゼルに近いフランスに住むお友達の家で、3歳になる息子さんのお誕生会がありました。チョコレートケーキは、息子さんのために、卵・乳製品を使用しないもの。重曹とお酢が膨らむ秘訣だそうですが、こんなにも膨らむなんて、感動~。しっとり感もあり、美味しかった!その他、フランスの香り漂うキッシュと、味噌ダレの野菜スティックなど、健康を気遣うお母さん達にも嬉しい配慮。「子供の喜ぶ姿が親にとっては何よりも嬉しい」というお母さんの愛情をひしと感じるお誕生会でした。

 20080806_terakoya_2 

 

       

                                           

この日は寺子屋も兼ねていたので、読み聞かせなども行いました。写真は、友達が撮ってくれたものですが、子供達の真剣な表情が可愛いです。(「うずらちゃんのかくれんぼ」を読んでいた時で、Nは種明かしをしようと、身を乗り出しちゃってますが。)

 

20080806_carton_house カルタ取り・ずいずいずっころばしもやってみましたが、集中力はすぐ途切れ、子供達は自由気ままに羽を伸ばして遊んでいました。2~3歳にもなると、個性が際立ってきます。お昼寝をしなくなる年齢なので、夕方の時間帯はちょっと波乱含みでしたが。。。Nはレゴに食いついた後は、ダンボール箱で作った家にはびこっていました。これ、うちでも作ってみようっと。

|

« こんな夏の休日 | トップページ | ランニングシューズ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ダンボールハウス!うちもつい最近作りましたよw
といっても、こんな立派なのじゃなく、たまたまあったでっかいのに窓つけたりドアつけたりしただけですが、、、
でも。ハルはかなりお気に入りのようで
「またあそぼうね」といいながらダンボール我が家に入っていき、しばらく中で歌ったり、誰かと?話したりして出てきません。。
夜はそこで寝ると言い張って困りますが、、

投稿: はるみみ | 2008年8月16日 (土) 09時42分

子供は、テーブルの下、押入れの中、クローゼットなど、狭いところが好きですが、これって自分の世界を作る第一歩だと聞きました。近所のアメリカ人のお母さんは、二人の子供の2段ベッドを黒っぽい布で囲んで、月や星をちりばめていました。これだけの段ボールがおけるスペースと、潜り抜けができるおうちは、子供にとってもしあわせです。大いに段ボールのお家で遊ばせてあげてくださいね。

投稿: rosemary | 2008年8月17日 (日) 06時37分

はるみみさん、ほんと、子供って、狭いところが好きですよねー。ハルちゃんはそこで寝たがる程だなんて、勇気があるというか、自立してますね~。(うちはいつも同じベッド、同じ枕が無いとダメな、へタレちゃん。。。)ダンボールハウスはまだトライしてませんが、ちょっと前までは、ルドテック(玩具の図書館)で借りたミニテントがありました。Nは玩具や本を持ち込むんだりしていました。「ママも入って」と言うので、二人で入って本を読んだり。(なぜか、パパは禁制でしたが。)でも、日中、陽があたって、ビニールハウス状態で暑かったー。私はもう勘弁って感じでしたけど、Nはやはり楽しんでいましたねー。

投稿: ハイジ | 2008年8月17日 (日) 06時57分

rosemaryさん、そうなんですよね、手持ちの家具に毛布をかけたりするだけでも、立派な「個室」が出来上がるんですよね。そいえば、日本人のベビーシッターさんのおうちで、そんな遊び方をしていました。ダンボールハウスを作りたいと思ったところで、手元に手頃なものが見つからなくって。。。(必要なときに無い、、、ありがちですね。)
先日注文した、「おしいれのぼうけん」にも描かれていると思うのですけれど、暗くて狭いところに、大きな世界が広がっていたりするんですよね。子供達の豊かな想像力の産物なのでしょう。

投稿: ハイジ | 2008年8月17日 (日) 06時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/22949340

この記事へのトラックバック一覧です: Bon Anniversaire!:

« こんな夏の休日 | トップページ | ランニングシューズ »