« 納豆一膳の幸せ | トップページ | イタリアン万歳! »

2歳3ヶ月 覚書

20080902_trampolin 起床7:30頃、昼寝12:30~14:00、就寝20:30頃で落ち着いています。夜中も起きることなく、順調。

言葉はさらに上達。日々一緒にいる私でも、言葉の発達を実感できるほど。最近は、文章から一歩進んで、出来事を伝えようとします。と言っても、つっかえつっかえだったり、支離滅裂だったり。

特に、最近は作り話も目立ちます。2、3歳児は夢と現実が入り混じって、空想の話をすることがあるそうですが、Nもちょっとしたホラ吹き。願望や虚勢も混じっている気がします。例をあげると、こんなところ。 

  • 「これ、買ったの。一人で買い物したの。散歩して行ったの。」 二歳児、まだ一人では行けるはずはなく。夢の中で行ったのかな?
  • 「パパ(が)ジンボリーに行きたいって言ってるよ。行こうよ。パパとママとNちゃんと。」 自分が行きたいくせして、あたかも第三者の口ぶりで語ります。遠まわしに自分の願望を伝えているようです。親にはバレバレだけど。
  • 「ジェニー(お人形)いたいいたいしちゃったの。だから、病院行くの。大きな病院に○○ちゃんいるかなぁ。」 最近、お見舞いなどで病院に行く機会が多かったためか、友達と会える楽しい場だと勘違いしてしまっている娘。
  • 「大きくなって5歳になったの。」 5歳になるお姉ちゃんと遊んだ後での話。お姉ちゃんの影響は絶大です。普段は年齢を尋ねると、「2さ~い」とピースサインで答えてくれます。

20080904_big_sisters とまぁこんな感じでNの空想の世界は繰り広げられているのです。とりあえず、私は真に受け止めないで、「本当~?」「へ~、そうなの~。」などと軽く受け答えています。自然に話せる環境を作ってあげたいのと、空想、はたまた想像力は、心を豊かにしてくれるでしょうから。「ウソでしょう。」と決め付けて、話の腰を折ったりしないようには気をつけています。

そうそう、数字は1から10まで数えられるように。「何個ある?」と聞くと、7個ぐらいまでだったら、ほぼ正確に(飽きずに)数えられます。

20080906_jungle_gym_2 そんな口達者な娘ですが、体の方だって鍛えています。先日、友達にディズニージャングルジムのお下がりをいただきました。よじ登ったり、ぶらさがったり、猿と化しています。親の体力を損なわず、どんどん娘のエネルギーを奪ってくれるので、これは有り難し~。

|

« 納豆一膳の幸せ | トップページ | イタリアン万歳! »

「育児」カテゴリの記事

コメント

口達者、すごくわかります。
あたかも第三者のような口ぶりもよくわかります。笑
空想と現実が混じってしまうんですね。
ウソつきなのかと心配していたのでほっとしました。
2歳3ヶ月なのに、ジャングルジム上手ですね~!!!!

投稿: tae | 2008年9月10日 (水) 02時43分

taeさん、あ、ひまりちゃんも可愛いウソつきちゃんなんですね。ウソと言っても、人を傷つけたりするウソとは違いますものね。大いに、子供の想像力を楽しんじゃいましょう。

よじ登れる物だったら何にでもよじ登ってしまう娘なので、ジャングルジムは大ヒット。しかも、スイスの公園ってあまりジャングルジムって置いてないんですよね。でも、いつか落ちるのではと心配なので、下に敷くクッションかカーペットを近々買いに行かなきゃって思っています。

投稿: ハイジ | 2008年9月10日 (水) 23時23分

益々の天才少女ぶりに東京のオバちゃんは舌を巻いてしまいます。
Aなどまだまだ2語分もおぼつかないよ。会話がスムーズな分、ストレスも少なくて済みそうよね。

さて、通信トラブルが直ったと思ったらPCが壊れてしまい、ついで携帯までも壊れて散々でしたが、とうとうミニモバイルを買っちゃいました。デスクトップに比べると使いづらいし、慣れも必要な感じですが、これで覗き見みたいな状況から開放されてコメントも入れられるわ♪

投稿: CACA | 2008年9月12日 (金) 09時37分

CACAさん、お久しぶり~!嬉しいわぁ。

Nのおしゃべりは、誰に似たのやら。。。面白い発言やほのぼの発言があって癒されることもあるけれど、しんどいなぁと思うことも。Nのおしゃべりに気をとられて集中なんて出来やしないし。「いい加減にして!」「分かった?」「~って言ったでしょ。」「静かにして!」などと誰かさんの口調そっくりで真似されたりするんだもの、、、大変です。

PC、携帯とトラブル続きだったのね。。。お疲れ様でした!またAくんの近況も聞かせてね!

投稿: ハイジ | 2008年9月12日 (金) 21時18分

冒険家のNちゃんから目を離してはいけませんよ~。一年前のジャングルジムは、滑り台が精一杯だったのに、今は怖いもの知らず・・・成長の証ですね。でも石床にはマットが必要かもね。マットをひいてもkeep eye on です。言葉が増えて、会話が楽しくてしかない、という感じですね。ハイジママは、あいずちが、上手です。見習って、聞き上手になるよう、心がけましょう。

CACAさんの久しぶり登場、「待ってました!!」の掛け声です。どうしてるかな?って心配してました。よかった!
育児日記の再開、Aくんの成長振りを楽しみにしています。

投稿: rosemary | 2008年9月13日 (土) 13時25分

rosemaryさん、子供って、案外、親が思っている以上に出来ちゃったりするものなんですよね。私も最初はジャングルジムに登る娘を背後で支えていましたが、自分でちゃんと危険を察知して用心しているようなんです。親としては、子供の安全を見守りながらも、過干渉にはならないように、なんて思っていますが、これが難しいですけどね。

このジャングルジムは以前お世話になっていたベビーシッターさんのお嬢さんのお譲りなんです。上まで登ってサーカスまがいの曲芸をしていたお嬢さんを思い出しますが、そのうちNも。お楽しみに!

CACAさん&Aくん親子と皆で再会出来るのはいつでしょうね~。そちらも楽しみにして。

投稿: ハイジ | 2008年9月13日 (土) 15時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/23632236

この記事へのトラックバック一覧です: 2歳3ヶ月 覚書:

« 納豆一膳の幸せ | トップページ | イタリアン万歳! »