« 8年 | トップページ | 娘一人でお誕生会へ »

ランチ会、そして寺子屋

すでに二週間ほど前の話です。。。
まだ夏でしたねぇ。

20080910_lunch

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

退院したばかりの友達を元気づけるべく、お食事会。
もんちっちさんには南瓜の煮物とターメリックの効いた
シチューを差し入れて頂いて、なかなか充実し食卓に。
その他、レンコンのきんぴら(レンコンはフライブルクに行った友達からの頂き物)、
納豆、ひじき、ハンバーグ、大根のサラダ。
友達曰く、おばぁちゃんちみたいな食卓。健康的だ。

この後は、我が家での寺子屋。かごめかごめ、
ずいずいずっころばし、手遊び歌を何曲か、絵本を3冊ほど。
今回は特別企画といたしまして、友達の提案により、折り紙大会。
紙コップを作りましたー。(勿論、親のヘルプ付きで。)

子供達も総勢11名集まると、我が家も熱気ムンムン。
有り余る子供達のエネルギーの発散場所を求めて、
牧場のトランポリンへと繰り出します。  

20080910_trampolin      

 

 

 

 

 

 

 

天候に恵まれたせいか、トランポリン広場が稀に見る賑わい。
5台あるうち、やっとこさ1台をゲット。
最初は定員オーバー気味(でも、重量的には100kgなので
セーフか。)ですが、一人脱落、二人脱落、といった感じで、
体力のある子ほど最後まで残ります。弱肉強食の世界。
総じて、女の子の方がしぶとい傾向にあるのも面白い。

夜は、そのまま友達親子も一緒にラザニアを囲みます。
昔の大家族みたいに、気兼ねしない友達と皆で子供達を
あやしながらワイワイ過ごす、こういう一日って貴重です。

20080910_corn

|

« 8年 | トップページ | 娘一人でお誕生会へ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 私達は子どもが大きくなってからこちらに来たので新参者なんですが、
 生まれた時からこっちで、ずーっと一緒に育ってきたミックスの子達は、大きくなってもと~っても仲良しですし、親同士の結束も固いですね~。
 そういう関係が小さいうちから築いていけるのって、すごく貴重な事なのではないかと思います。親子共々、自分が安心できる居場所がある、というか。
 羨ましいな、と思ったりしました♪

投稿: mic | 2008年9月22日 (月) 08時42分

micさん、なるほど~、道理でJuliちゃんとAirちゃんの日本語がお上手なのですねー。以前、Blogで披露してくれた作文にもビックリしました。でも、Micさんが徹底して子供達とは日本語、というのが功を奏しているのでしょうね。

こちらで知り合った日本人のお母さん達とは、「海外で子育て」という強力な共通項がありますし、一致団結している感じです。気さくな方ばかりだし。まさに拠り所的な存在です。

ただ、ドイツ語を話す機会がめっきり減ってしまっていて、もう少しスイス社会に飛び込まないといけないなぁ、とも思っています。ゲマインデ主催の月一の母子の集まりなんかに参加しているものの、なかなか難しいですね。スイス人の友達ってなかなか出来ません。(ToT) ま、気長にいきまーす。

投稿: ハイジ | 2008年9月22日 (月) 21時40分

いつも寺子屋でお世話になってます。はいじさんのおもてなしはとっても素敵でうっとりしてしまいます。寺子屋前のこのランチんもすごすぎます。いつかお料理教室もはいじさんが開催してくれたらななんて考えています。
私はもう、スイス社会に無理に飛び出すよりも、まずは心のよりどころの基盤をしっかりと作って幸せオーラに包まれるようにしたらいいのかなあなんておもっているきょうこのごろなんですが、ねえ。どうなんでしょうねえ。

投稿: saharu | 2008年9月23日 (火) 07時12分

ハイジさん、
この間は美味しくて楽しいランチでした。
とくに蓮根が食べれるなんて!貴重な食材をありがとうございました!

私はたまたまYさん労い会に便乗しただけでしたが、今度また持ち寄りでランチしたいですね♪

ハイジさんにはいつも良い刺激をもらっています。
語学堪能、家事も完璧、お料理上手、Nちゃんへの接し方を見ていて
いつも子育ての勉強になります。

投稿: もんちっち | 2008年9月23日 (火) 09時06分

saharuさま、こちらこそ、いつもありがとう。お料理教室は私には無理無理だけど、(お下品に味見しているところとか、冷蔵庫を足で閉めるところとか、見られちゃうもんねぇ。ははは。)ジョギング教室とか山歩き教室だったら、もっと現実味を帯びているかも。

そうですね、スイス社会に溶け込むのって、語学以外の壁が立ちはだかっているように思います。(ま、私の場合、まずはドイツ語およびスイスドイツ語のレベルアップが必須だけど。)子供が学校に通うようになると、お母さん同士が知り合って、運よくば、仲良くなれたりするのかな。ま、友達って、躍起になっている時には見つからないものだし、気楽に構えることにします。この奥深いテーマについては、持ち寄りランチ会で美味しいものをつつきながら、引き続きお話したいですね。当面は、既存のネットワークを大事にして、と思っています。

投稿: ハイジ | 2008年9月23日 (火) 13時01分

もんちっちさん、こちらこそ、美味しいお差し入れをどうも有難う!夫も、野菜煮の味付けがたいそう気に入ったとのこと。ご馳走様でした!蓮根はドイツのMさんからの頂き物。フライブルグなとの都会だと、やっぱりこういった食材も手に入るんだなぁ、と羨ましく思いました。ちなみに、蓮根って家庭菜園で作れるのかな。今年は紫蘇にさえ失敗したクセして、来年は紫蘇・三つ葉・柚子、と夢ばかりふくらんでいるの。

持ち寄りランチ会、本当に楽しかったし、是非またやりましょう!普段の娘と二人のときより、ずっと栄養が取れるし、料理を作るのさえ楽しくなっちゃう気がします。

投稿: ハイジ | 2008年9月23日 (火) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/23787453

この記事へのトラックバック一覧です: ランチ会、そして寺子屋:

« 8年 | トップページ | 娘一人でお誕生会へ »