« 秋の夜更けに | トップページ | ハロウィン尽くし »

冬時間

20081027_herbstmesse3_2 昨日、夏時間が終わり冬時間(というか標準タイム)になりました。冬時間に切り替わるのは夜中3時なので、睡眠時間が1時間増えるはずなのですが。。体内時計がきっちりセットされている娘は、昨日までの起床時間7時に準じて、6時起き。

日本でも夏時間の導入が検討されましたが、システム変更に巨額の費用がかかり、事故も懸念されるし、明るい時間に帰宅しづらいという労働慣行には合わないといった声も聞かれました。でも、こちらでは当たり前のように受け入れられていて、何事もなかったように、今日を迎えています。今日からはその夏時間に別れを告げて、急ぎ足で冬に向かいます。

20081025_f_family2_2 週末は、8ヶ月のお嬢さんを連れて友達夫婦がチューリッヒから遊びに来てくれました。絶好の秋晴れの中、一緒に牧場まで散歩したり、鶏にエサをやったり、3時間かけて食事をしたり、愉快に過ごしたのですが。。。

その翌日の日曜日。こともあろうに夫と喧嘩。楽しみにしていたHerbstmesse(秋のお祭り)も父娘二人で行ってもらい、私はふてくされておりました。今朝は母との国際電話で一通り話しを聞いてもらうと、気分も落ち着き、反省モードに。ともかく、どんな事情があろうとも、子供の前で喧嘩をするべきではないと、激しく後悔。喧嘩の最中は、「何事?」というようにキョトンとしていた娘ですが、今日になって喧嘩したことを謝ると、「パパが話しているとき、ママ泣いちゃったの?もうだいじょうぶ?」などと言うのです。本当に心苦しくなりました。

20081027_herbstmesse4喧嘩のことは水に流して、美味しいものでも食べて(&ワインでも飲んで)、笑って元気を出して、元通りに生活をしていかねば。結婚は忍耐と寛容。娘のためにも頑張ろう。

そんな訳で、今日の午後は、冷たい小雨の降るな中、娘の希望通り、Herbstmesseに行ってきました。本来ならば、晴天の日曜日に家族三人でいければ一番良かったのですけどね。

20081027_herbstmesse

|

« 秋の夜更けに | トップページ | ハロウィン尽くし »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
喧嘩を見せるのも良し悪しです。
全て臭いものには蓋では
教育にならないので
喧嘩して仲直りする姿を
見せてあげられれば良いんだと思いました。

投稿: トマト | 2008年10月28日 (火) 15時57分

こんにちは
喧嘩を見せるのも良し悪しだと思います。
全て臭いものに蓋をでは
あまり良い教育にはならないと感じます。
時には反面教師も必要。
喧嘩をしてその後仲直りをする姿を
見せてあげられれば良いんだと思いました。

投稿: トマト | 2008年10月28日 (火) 16時00分

すみません
投稿出来てないと思って2回もコメントしてしまいましたって
3回目失礼。

投稿: トマト | 2008年10月28日 (火) 16時01分

ハイジさん、
違う環境で育った男性と女性が結婚している訳ですから、当然意見も食い違うときがありますよね。

私もたまに旦那と喧嘩します。(もちろん良くないのですが、子どもの前であることがほとんどです・・・)
喧嘩の最中、息子は「何なに?どうしたの?」という顔で両親の顔を見比べ、なんとか二人に笑ってもらいたいといった感じでおどけて見せたり「ありゃ」と言ったりして自分の存在をアピールします。

その時は喧嘩に集中してるのでちゃんと分かってやれなくて、後ですごく申し訳ない気持ちになって、ぎゅっと息子を抱きしめたくなるよ。

喧嘩を見せるのは良くないけれど、息子がいる事でわりとすぐに冷静な気持ちに戻れるし、子はかすがい、言うけど本当にそうだと思います。

投稿: もんちっち | 2008年10月28日 (火) 20時23分

トマトさん、そうですね、、、確かに反面教師も必要なのかも。親だって人間ですし、感情的になったり、ぶつかり合ったりだってします。そんな生の姿を見ながら子供も感情を学んでいくのかな、とも思いますし。でも、私の場合、反面教師の度(?)と頻度には気をつけねば、です。自分が子供だったときに、親が喧嘩しているのを傍で聞くのは、やっぱり嫌だったんですよね。。。

投稿: ハイジ | 2008年10月28日 (火) 23時09分

もんちっちさん、経験をシェアしてくれてありがとう。子供の健気さには本当に心を打たれちゃうね。私もNが居るのに、かなり大人気ない言動をとってしまって、後から申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。この歳の子供にとっては、パパとママが自分の世界のすべてといっても過言でないかもしれないのものね。我慢がならないことも目をつぶって許す、そんな寛容さが欲しいです。子はかすがい、、、本当にそうですね。

投稿: ハイジ | 2008年10月28日 (火) 23時11分

とうとう冬時間だね。これからの長い冬、ちょっと憂鬱だけど、みんなで楽しい企画をいっぱい出して、有意義な時間をつくっていきたいな。

けんか、わたくしも、だんなが秋休みで2週間ほど休みだったときかなりの頻度でしとりました。けんかのテーマは家事の分担と清潔さの程度、子供とずっといっしょの一日の予定の立て方、でした。一方的に私が不満だったので、かなりいらいらするので、子供の前で本当に困りましたが、けんかをすることも避けることもできず。

心身ともに疲れ果てた前半1週間の休みでした。これから子供たちがどんどん大きくなるのでこの2年くらいで何とかけんかの頻度と度数を和らげていければというのが、目下の私の最大の子育て中の目標かもしれません。お互い、がんばりませう、、、

投稿: saharu | 2008年10月29日 (水) 06時46分

今日もまたここで学びがありました。
子供の前で夫婦喧嘩してしまっても、子供の前でちゃんと仲直りしている所を見せるのも大事なんですね〜!そうやって子供も仲直りの仕方を学ぶんですねー。
いつもウチの娘の先を見越して、楽しく拝見させてもらってます。ハイジさんの娘さんや家族へ対する深い愛情があふれてる感じですよね〜。

PS。あ、本当だ!ダウンジャケット着てる〜。笑;寒そうですね〜coldsweats01

投稿: アミーガ | 2008年10月29日 (水) 15時06分

あのまっ青な青空は何処に行ったのでしう。どんよりした寒空ですね。厚手のジャケットを着る季節がやってきましたか・・・。長い冬を温かく楽しく過ごしてください。けんかも、「雨降って地固まる」の諺通り、都度足場を固めていけたらそんなに悪いもんじゃないカモ・・
せっかくの夫婦喧嘩、いいほうにもっていかないと、時間とエネルギーを消費するだけ・・それじゃ疲れちゃいますモンね。いくつになっても、なんでも学習です。

投稿: rosemary | 2008年10月30日 (木) 03時20分

冬時間、夏時間、という観念がまあったくなく過ごしてきたので、多分導入されてもしばらく戸惑うだろうな・・
でも、当たり前になってる国もいっぱいありますよね。
地球は大きいなーんて思ったりw
ケンカ、ささいな言い合いはよくあります。。が、ちょっと声のトーンが荒く、大きくなった瞬間、ハルが「だーめーー!!めーーー!!ばっちんよ!」と私達以上に大きな声で怒り出すので、すぐ「しまった!」tp気付かされ、大きなケンカにはならずに済んでます。
子供ってほんと敏感だな、と感じますね。
自分も子供のころ、親のケンカを目の前で見たときはすごく悲しい、怖い、イヤだ、って感じた記憶があるので気をつけなきゃ、、ですw

投稿: はるみみ | 2008年10月30日 (木) 11時07分

saharuさん、昨日はありがとうね。昨日だけじゃなくって、いつも相談に乗ってくれて、本当に助かってます。私達の抱える悩みってすごーく似てたりして、ちょっぴり嬉しくもあり、非常に心強くもあり。

私の場合、義母の指摘するように、相手に期待しちゃうのがいけないんだろうなぁって思うようになりました。「分かって欲しい」「理解して欲しい」といった期待が無意識の中にあるせいで、実際、私の思惑とは裏腹に、全然違う言動や対応が返ってくると、イライラして相手を攻めてしまう。。。我が家の喧嘩のパターンを見ると、そんな感じが多いです。かといって、一緒に暮らしている限り、相手に対する期待を無くすということは、難しいですしね。。。

でも、いつも母子の集まりの後には、どこにでも迎えに来てくれるご主人、エライなぁ、スゴイなぁって感心しています。白馬の騎士みたいで。お互いに、夫の良いところをなるべく見るようにしたいものですね。がんばりませう。

投稿: ハイジ | 2008年10月30日 (木) 22時58分

アミーガさん、まだこのくらいの月齢だと、一年の差って大きいと思うのですけれど、徐々にその差が縮まって、同じような発達振りや、悩みを共有できたりするかもしれませんねー。楽しみです。

そうですね、先ほどは、娘の寝かしつけをする際に、三人で川の字になってゴロンとしながら、絵本を読みました。やっぱりパパ・ママの間で安心している娘の姿を見ると、私も不思議と穏やかな気持ちになれます。

今朝は雪でしたよー。寒すぎ。Californiaの太陽が羨ましい~。

投稿: ハイジ | 2008年10月30日 (木) 22時59分

rosemaryさん、夫婦喧嘩と言っても、やはり程度があると思うんですよね。我が家の場合、かなーり激しいので。。。ここ数ヶ月、順調に来ていた分、今回の衝突は、応えました。出来ることなら、もう一度、日曜日の朝からやり直したい気持ちです。

もちろん、喧嘩の後で、「義理の両親のところに一週間ぐらい行ってきたら?リラックスできるから。」などと本気で言う夫はかなり鈍感?と思えることもありますが、根本的にはいい人。その夫の私に対するかねてからの願いというのは、「優しく言って欲しい」ということなんです。(それが難しかったりするんですけどね。)でも、私は夫に、「人の話を聞いてくれない」と文句を言うクセに、自分も夫の話を聞いていませんね。。。今、冷静になって考えてみると、色々と反省点が湧き上がってきます。

投稿: ハイジ | 2008年10月30日 (木) 23時00分

はるみみさん、ハルちゃんは立派な仲裁屋さんですね~。Nはあまりの激しさにビックリして声も出なかったのかも。。。(うー、本当にダメ親です。)声を荒げるのはいつも私の方で、夫はとにかく冷静で平和主義者。義理の両親をみてても感じますが、大声で喧嘩をすることは絶対にないような家庭に育ったようです。だから余計に(?)、私一人でカッカしちゃうような気もするんですけどね。。。

私は今回のことをブログに書くなんては恥かも、、、とも思ったのですが、思い切って書いてよかったかもしれません。なんだか頭の整理も出来た気がしますし、みんなに励ましてもらった気もします。子供のためにも、今後は今回のような喧嘩は絶対避けなければ、、、と思っています。

投稿: ハイジ | 2008年10月30日 (木) 23時01分

夫婦で喧嘩できるのは正しい有り方だと思います。私は喧嘩できないからなぁ、でももちろん日々の不満はあるわけで、そのイライラが娘に向かってしまうこともあって、我ながら「最低ー」て自己嫌悪に陥るよ。
「喧嘩するのは仲の良い証拠」て言うけど、「喧嘩」て、お互いの関係に自信と信頼がなければできないことじゃないかな。激しい喧嘩もしちゃった後で、Nちゃのことを一番に考えているハイジさんの気持ちは、絶対Nちゃんのも伝わってるはずだよ。

投稿: よしこ | 2008年10月31日 (金) 12時06分

ハイジさん、今日はそちらに伺いたかったんですけど、ちょっと無理でした。たくさんの方が来られましたか?
あまり「良い親」であろうとし過ぎると、却ってストレスになるかもなので(いえ、私の場合はそうなので…)、程々でいいような気もします♪親も不完全な人間ですもの♪
子どもが「自分のせい」と思ってしまわないようにだけ、ちょっとフォローさえ怠らなければ、大丈夫ですよ!
毎日毎日ケンカとか、憎しみのぶつかり合いがずっと続いてるとか、そういうのとはまた次元が違うのですから。

投稿: mic | 2008年10月31日 (金) 15時34分

ハイジさん、こんにちは。
久しぶりにブログを拝見し、自分の若かった頃を思い出しました。
2歳前の息子の前で大喧嘩をし、気がついたら年が明けていた、、、なんていう大晦日も体験し、その後長く胸が痛かったこともありました。
小さな子供がいる分、余計に母親は、二重、三重と自分を責めたり、気持ちが重くなったりしたような気がします。
Nちゃんの言葉が、健気でとてもかわいい!
また、気持ちを切り替えて、持ち前の利発さと、明るさを発揮して乗り切ってくださいね。
私は久々の日本帰国から戻ってきたばかりです。

投稿: mima | 2008年11月 2日 (日) 12時44分

よしこさん、いやいやいや、私はもうちょっと忍耐を覚えないといけないのね。。。喧嘩を正当化しちゃうと、私はますます図に乗りそうだし。。。私にとっては、棘のある言い方で夫を攻めるのは容易いことなんだけど、すぐに人のせいにするのではなく、自分の問題として捉えて処理する能力を身につけなきゃいけないんだよね。いい歳をした大人なんだし。ま、ともかく、お互いにストレスをためないように、上手に発散しましょう。今日も、居心地の良いよしこさん宅で、おしゃべり三昧と美味して健康的なお食事にあずかることが出来て、気分が晴れました。どうもありがとう!

投稿: ハイジ | 2008年11月 4日 (火) 22時44分

micさん、そうですね、親だって不完全。頭のどこかではわかっていても、どうしても、理想を追い求めてしまって、現実の姿に落胆し、余計に自己嫌悪に陥る、、、なんてこともあります。夫と喧嘩したら、「あ、私が悪かったー、ごめんねー。」なんて謝る心の余裕があれば良いのですが、どうしても夫も私もマジメな方なので、問題が深刻になっちゃうんですよね。。。最近よく思うのですが、ユーモア、もしくは少なくとも真剣になり過ぎない素質って、大事なのかもしれませんね。人生、気楽に、前向きに、いきたいです。
持ち寄り市場は、あいにくの雨足の中でしたが、なかなかの盛況振りでしたよー。ご一緒できることを楽しみにしています!

投稿: ハイジ | 2008年11月 4日 (火) 22時45分

mimaさん、こんにちは!ご無沙汰しています。秋の日本は堪能されましたか?
mimaさんも同じご経験があるということで、少しホッとしたような。。。喧嘩した後の、あの後味の悪さと言ったら、なかなか立ち直るのに時間がかかりますよね。。。そういう私も、ようやく、復活してきました。母親になると、やはりこういう人間でありたい、という理想が芽生えるのかもしれません。でも、怒ったり泣いたり、人間らしい面を見せるのも、または反面教師になるのも、子供の情感を育てる上で大事なのかも、なんて開き直ってみたりも。なんだか難しいですね。
もうそちらは雪化粧をした山々の景色が綺麗なのでしょうね~。またお会いして色々とおしゃべりしたいです。

投稿: ハイジ | 2008年11月 4日 (火) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/24819360

この記事へのトラックバック一覧です: 冬時間:

« 秋の夜更けに | トップページ | ハロウィン尽くし »