« バレエ 二夜連続 | トップページ | 2歳5ヶ月 語録集 »

パン教室

20081128_brotスイスに居ながらにして、日本のフワフワパンが食べられる!と感激していたのは、ついこの間のこと。それが、自宅にてフワフワのパンが作れちゃううなんて!チューリッヒSavoyのパティシエを務める高橋さんが、バーゼルまではるばるお越しになり、我が家でパン教室を開催して下さいました。

まずは、レッスンですが、高橋さんが事前に用意して持ってきてくれた生地を成形するところから始まります。発酵が進み気味ということで、最初から飛ばします。先生が到着されるまで、のんびりとコーヒーをすすっていたメンバーですが、いっきに皆さん真剣顔。家の中が心地の良い緊張感・スピード感に包まれ、高橋さんのパ20081128_brot2ンワールドに染まりました。

パンの成形が終わった後は、発酵タイム。その間に、生地作りを学びます。ひたすら捏ね上げます。グルテンの状態の変化が面白いように感じられました。

今回のメニューは、アンパン、クリームパン、メロンパン、カレーパン、ソーセージパン。小麦粉などの材料のこと、捏ね方、形成の仕方、すべての点において目から鱗でした。惜しみなく秘訣を教えてもらっちゃって、良かったのかしら、と思うほど。 

20081128_brot4どのステップも順序だてて、かつ面白おかしく教えて下さいました。笑いながら、身についちゃうなんて、素敵過ぎます♪ そして、焼き立てのパンの美味しいことといったら。アツアツでフワフワで。それらは、殆どその日にお腹の中に消えゆきました。

理論が分かると、「なぜ」が分かり、これまでの失敗理由がはっきりします。(というか、そのはず。) 永久保存版のレシピを見ながら、「楽しくパン作り」「頭で考える」を実践してみたいと思います。冷蔵庫の中には、自分達が捏ね上げた生地があるので、まずは復習復習。

そうそう、教室に参加した友達の新しい面も発見。もんちっちさんは、小山のロールケーキやら、かなりの甘いもの通。華奢なBelleさんは、いやいやどっこい、パン捏ねがパワフル。編み物も得意なTさんはさすがに器用。Tさんの手先を横目で盗み見ながら、マネっこしてたのは私です。

反省点をあげるとすると、発酵にやや時間がかかったので、もう少し室温を上げておけば良かったかなぁ、ということ。あとは、事前に3~4時間かかる行程だと聞いていたので、子供達のために、おにぎりなど簡単な昼食を用意しておいてあげたら良かったかも。

20081128_brot3そうそう、うちの娘ですが、後半は高橋さんのストーカー状態。ちょっかい出してみたり、わざと目の前で(気を引こうと?)ネックレスを落としてみたり、「おいで~」と後をついて回ったり。娘まですっかり高橋さんのファンのようです。

ともかく、長い時間、放置していたのにもかかわらず、がんばってくれた子供達に感謝!また美味しいパンを作るからね~。

|

« バレエ 二夜連続 | トップページ | 2歳5ヶ月 語録集 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ハイジさん、こんにちは。
プロのパティシエをお呼びしてご自宅でパン教室とは・・・。
羨ましすぎます(@@)
ホントに美味しかったのだろうなぁと
想像しながら読みました。
自宅でパンづくり・・・・楽しそうですよね。
我が家でもやってみよ・・・(いや、やってもらおう)かな。

投稿: グリンデル | 2008年11月30日 (日) 23時45分

グリンデルさん、こんにちは。
ご存知の通り、スイスは固いパンが
主流ですから、日本のやわらか~いパンが
時々無性に恋しくなるわけです。
日本に居たら、自らパン作りをしようなんて
思いも寄りませんでしたが、
必要は発明の母と言うように、
無きゃ作る!となり、モノグサだけど
食い地は張っている私にはちょうど良い
のかもしれません。

パンの形成は、子供と一緒にやってみるのも
楽しいかもしれませんね~。

投稿: ハイジ | 2008年12月 1日 (月) 11時33分

おいしそうなパンができましたね~
プロの方から教えてもらえるなんて
すごい!
私はパン作りは、パン教室開く資格持ってる
友人に教わりました。
パン作り、一度覚えたらしばらくはまりますよ~ww
私も習ってから何ヶ月かパンづくりから
抜け出せずにいました。。。
ホームベーカリーもいいけど、やっぱり
手ごねでうまくいったときの美味しさには
かないませんよね~ww
ああ、、パン作りたいけど、さすがに激しい音がするので今はまだムリそうです。。

投稿: はるみみ | 2008年12月 3日 (水) 11時38分

はるみみさん、さすが、パン作りも
マスター済みなんですね!
私はこちらに来てから、Zopfという
三つ編みパンは何度か作ったことが
あるけれど、まさかクリームパンとか
作れるようになるなんて、感動でした。
スイスの小麦粉は中力子しかないので、
固いのは小麦粉のせい、なんて思っていた
のですけれど、習った生地はしっかり
現地の小麦粉。
もういい訳できません~。

今はまだ大変な時期ですものねー。
ゆっくりゆっくりお菓子や和菓子作りを
再開されて下さいね~。

投稿: ハイジ | 2008年12月 3日 (水) 13時26分

素敵ですね〜!そうそう外国で食べたくなるのが日本の菓子パン。アメリカだとデニッシュとかドーナツみたいのしかないし、アジア圏だとふわふわだけど味がなんか独特のスパイスみたいな?coldsweats01日本からホームベーカリーを持ってきたかったんですが、次回里帰りの時にでも購入したいもんですわ。
こんな教室ウチの近くにもできればいいな〜wink

投稿: アミーガ | 2008年12月 3日 (水) 17時54分

アミーガさん、やはり菓子パンって
懐かしくなりますよねー。
アメリカのこってりとしたデニッシュも
嫌いじゃないですけれど、
さっぱりとした甘さのフワフワ菓子パン、
たまらないですよねー。
自宅で作ると、焼き立てが出来上がるので、
これに増す幸せがあるかい!というぐらいに
感動しちゃいました。
たしかにホームベーカリーも魅力ですが、
日本から運ぶとなると重いし、変圧器も
必要になるし。。。
当面は手捏ねでがんばりまーす。
ストレス解消にもなりますよ~。(^o^)

投稿: ハイジ | 2008年12月 3日 (水) 20時00分

う、羨ましいかも…ナマツバゴックン。
私も、パン作り始めたいんですけど、
不安材料がひとつ…
美味しいパンが作れるようになったら、際限なく食べてしまうであろう我が家族→必然的に太ってしまうであろう我が家族…これ以上ダンナ氏をビッグにする訳にはいかない…
って、それだけの理由でまだ取り掛かってないんですよ。ここに書いていて我ながらこんな理由で…とちょっと情けなくなっちゃいました。
考え直してみようっと!!!

投稿: mic | 2008年12月 4日 (木) 11時17分

micさん、やっぱり主婦として家族の健康・体重管理が気になるところですよねー。実はうちの夫も、かなりビッグなんです。そろそろ三桁に届きそう?!

先日は、会社のジムから通達が来て(!)、
重い腰をあげて朝一でジムに行ったようですが、スポーツで消費するカロリーは何ぼのもの。私はもっと食事に気を使ってあげた方が良いのかもしれません。

あ、でも、幸いなことに、夫は菓子パンにはそれほど手を出さないのです。パンは固くて塩っぽいのが良い、、、と思う典型的スイス人のようで。子供の頃から慣れ親しんだ味って、根強いですよね~。

投稿: ハイジ | 2008年12月 4日 (木) 21時10分

ハイジさん、こんにちは。
先日はメールありがとうございました。
次回お会いできるのを楽しみにしています。

あんぱんがとってもおいしそう・・・
あんもお手製ですか?

投稿: choco | 2008年12月 4日 (木) 22時44分

chocoさん、餡を含めて、すべての具材はは、高橋さんがお持ち下さいました。パン生地はスイスで調達できますが、餡ものはすべて日本から職人さんが作ったものや産地にこだわった美味しいものを取り寄せていらっしゃったと思います。ちなみに、メロンパンの皮や、カスタードクリームのレシピは頂きました。

3人集まれば、バーゼルまで出張して開催して下さるそうですで、ご興味がありそうな周りのお友達にに打診してみて下さいね。

ではでは、持ち寄り市場でお会いできることを楽しみにしています~。

投稿: ハイジ | 2008年12月 4日 (木) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/25767988

この記事へのトラックバック一覧です: パン教室:

« バレエ 二夜連続 | トップページ | 2歳5ヶ月 語録集 »