« ハロウィン尽くし | トップページ | 三人のお誕生日会 »

祖母

20081102_gift私の祖母が他界しました。享年87歳。父方の祖母ですが、これまでとても元気な様子でしたので、永眠してしまうなんて夢にも思いませんでした。祖母はいつも電話越しやSkype越しでも元気で、頭もしっかりしていましたし、口もなかなか達者。いつの間にか祖母ペースで会話が進み、そして、決まって、「神様に祈っとるで。」と言いながら、忙しそうに電話をきるおばぁちゃん。

そのおばぁちゃんがもうこの世にはいない。心に冷たい風が吹き抜けるような淋しさを感じます。おばぁちゃんの健康を過信し過ぎて、なかなか会いに行かなかったという後悔の念もありますが、おばぁちゃんが天国から見ていてくれる、と強く感じる、確信に近い気持ちが救いになっています。おばぁちゃんの血もしっかり引き継いだNの成長振りを、きっとあたたかく見守っていてくれるはず。

今、私に出来ること。具体的なことはここでははしょりますが、家族を大事にしよう、笑顔でいよう、ということです。

※上の写真は、祖母がNのために教会のバザーで買ったというお人形、それから何かのスクラップです。以前、母経由で送ってもらっていたものですが、形見として大事にします。

|

« ハロウィン尽くし | トップページ | 三人のお誕生日会 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自分のことより子供たち、孫たちの家族の健康と平安をいつも祈っていたおばあちゃんでした。「神様の祝福があるように」と、最後まで手を合わせていました。その願いを大事にしましょうね。

お人形を見て思い出しました。Nちゃんにもう一つの預かり物があります。つつましくためたお年玉、お正月に贈りましょう。

投稿: rosemary | 2008年11月 6日 (木) 01時17分

それは寂しいニュースですね。
普段会っていなくても、大切な人の訃報は心に穴があいたようにずっしりと感じます。
きっと空の上から見守っていますよ。

投稿: tae | 2008年11月 6日 (木) 03時24分

rosemaryさん、「祈っとるで」と言う口癖だけでなく、「よう越えとるで」などと歯に衣着せない話し方も、お魚を上手に食べる器用さも、鮮明によみがえってきました。裁縫の腕も一流でしたね。習っておけばよかったなぁ、とちょっぴり悔やまれます。

おばぁちゃんがいなければ、私も娘もこの世にいない。そんな事実に、血のつながりの不思議さを感じています。娘がもう少し大きくなったら、おばぁちゃんのこと、話してあげようと思います。

投稿: ハイジ | 2008年11月 7日 (金) 14時02分

taeさん、「空の上から見てる」それを強~く感じています。

子供の頃は、お正月といった節目節目には必ず会っていたのに、大人になってからは、なかなか会えなくて。。。祖母が元気で一人暮らしをしている時に、東京-名古屋という距離だし、遊びに行けばよかったのにと思います。

投稿: ハイジ | 2008年11月 7日 (金) 14時18分

ハイジさん、私の祖母も88歳です。
何だか人事のように思えなくて…。
「祈ってるからね」という所、慌てて電話を切る所も似ています。「電話代がかさむだろうから…」って心配してくれているんですね。
伯母がブログを読んでくれていて、様子を祖母に伝えてくれているらしいですが、それに甘えて電話とか久しくしていなかったな…と。
生きていてくれるうちに、私にやれる事をやらなくちゃな、と思いました。

投稿: mic | 2008年11月 8日 (土) 07時37分

micさん、こういう時に遠く離れていると、もどかしい思いもしますよね。。。すぐに飛んで行けるようにしたいけれど、お子さんの学校のことなど色々あると思いますし。。。

でも、出来ることをする、一生懸命に生きる、といったことが、親孝行・はたまたおじいさん・おばあさん孝行だったりしますよね。micさんのブログからエネルギーをもらっている一人の読者として思うのですけれど、前向きに生きている姿はきっとお祖母さまにも伝わっていると思います。

投稿: ハイジ | 2008年11月 8日 (土) 14時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/25067547

この記事へのトラックバック一覧です: 祖母:

« ハロウィン尽くし | トップページ | 三人のお誕生日会 »