« Frohe Weihnachten! | トップページ | チューリッヒ動物園 »

聖ステファノの日

クリスマス休暇に入ってからやや風邪っぴきの一家ですが、それなりに元気。義両親がNの面倒をよくみてくれるので、睡眠時間、PCに向かう時間がやけに増えています。

26日は聖ステファノの日。スイスでは祝日にあたります。ウィキペディアによると、聖ステファノはユダヤ人キリスト教徒で、信仰のために自らの命を絶った、キリスト教における最初の殉職者。欧州の祝日は、キリスト教と関係があることが多いです。

前置きはさておき、この日は、見事な快晴。心も軽20081226_kirche1_2く、朝から動き回ります。

午前中は、義両親とそろって教会へ。夫が幼少の頃から通っている教会。そして、私達が8年前に結婚式を挙げた教会。当時からお世話になっている神父さんにもお会いし、ここは既に懐かしい場所となったんだなぁ、と8年の重みを感じます。

MIMという合唱団によるコーラスもありました。「天使にラブソングを」を彷彿とさせるゴスペルを織り交ぜながらの(スイスでは珍しい?)楽しい雰囲気の礼拝。Nもなんとか一時間半、持ちこたえましたー。

20081226_buchenegg1 午後はBucheneggでミニハイキング。-5℃でしたが、Bise(ビーゼ)という突き刺さるような北風で、体感気温は-10℃ぐらい。それでも、小さい子供連れのファミリーが多かったです。こうやって小さい頃から肺を鍛えるのでしょうか。

 

 

20081226_buchenegg2

  

Nは相変わらず、枝を拾ったりしながらのマイペース。「寒いから早く行こうよ。」と言っても、鼻タレNにはどこ吹く風。枝の端と端を持って電車ごっごをしたり、Nを歩ませようと工夫をしますが、結局はパパ抱っこ。

  

20081226_dinner夜はNのゴッドファザー宅にてディナー。私が知っている中では、スイス人で一番グルメな御方。彼が腕を振るう7コース(実際は8コースでしたが、最後は不覚にも脱落。。。)のプレートには酔いしれました。栗のスープとちょっと前に流行った(?)低温調理の鹿肉は圧巻でした。

20081227_noah今回はN抜きだったのですが、ちゃんとお土産まで用意してくれていました。いただいたのは、こちら、ノアの箱舟のぬいぐるみ。Aは"Affe(ゴリラ)"と言うように、アルファベットと動物の名前が覚えられるようになっています。"Dromedar(ヒトコブラクダ)"や"Qualle(くらげ)"など、私も新しい単語を一緒に勉強中。(^_^;)

|

« Frohe Weihnachten! | トップページ | チューリッヒ動物園 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

天使にラブソングを〜好きでした。
あの歌声聞くと鳥肌ものですよね〜。この時期クリスチャンじゃなくても教会でそんな聖歌隊の歌が聞けると心から洗われる気になります。素敵ですね〜!
早く風邪なおるといいですねー。

投稿: アミーガ | 2008年12月29日 (月) 21時42分

ハイジさん、ちょっぴりご無沙汰です。
クリスマスイブに、聖ステファノの日に、とても素敵なひとときを過ごされたのですね。記事を拝読すると夢のような感じです。プチハイクは辛かったかもしれませんが、凛とした空気の中の散策、羨ましいです。Nちゃんにとっても、たくさんプレゼントを貰って嬉しかったことでしょう。親も満足する一品というのが嬉しいですね。

今年もあと2日となりました。ハイジさんのブログに出逢えたこと、とても嬉しく思っています。心の底にしまい込んでいた「スイス再訪」の想いを目覚めさせてくださいました。いつか子連れでスイスを訪れるときにはバーゼルにも・・・・。その時、お会いできることを夢見て。風邪の具合はいかがですか?早く治りますように。では、よいお年を。

投稿: グリンデル | 2008年12月29日 (月) 22時09分

アミーガさん、この聖歌隊は、老若男女で構成されていて(写真では小さすぎて見えないけれど)、楽しい雰囲気が大好きなんです。義姉夫婦もこのMIMで出合ったり、私たちの結婚式でも演奏してくれたりと、縁が深いバンドだったりします。義父に言わせると、ちょっとアメリカンだそうですが。

まだ我が家はコホコホやってます。一年間ほぼ風邪知らずだったのに、ちょっと悔しいな。アミーガさんがたもどうぞお大事に!

投稿: ハイジ | 2008年12月30日 (火) 08時08分

グリンデルさん、こんにちは。夫の実家に一週間滞在するなんて友達には長くない?ってよく言われますが、今では結構自分ペースで動けるし、いい時間を過ごしています。大勢集まるときはどうしてもスイスジャーマンに支配されて、負担になるときもありますが、このプチハイクのときのようにこじんまりと家族で過ごす時間はいいものですね。

グリンデルさんはどんなクリスマスを過ごされたのでしょう、、、後ほど遊びに行きますね。

こちらこそグリンデルさんの育児の姿勢を拝見しながら、色々と刺激を受けています。いつかみんなでスイスハイキングしましょう。どうぞ良いお年を!

投稿: ハイジ | 2008年12月30日 (火) 08時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/26587498

この記事へのトラックバック一覧です: 聖ステファノの日:

« Frohe Weihnachten! | トップページ | チューリッヒ動物園 »