« ストラスブールへ行こう | トップページ | Winter Wonderland »

元気が出る夜

バーゼル子供会の新・旧お世話係の打ち上げ!(←完全に名目ですが。。)ということで、女性四名+子供達が結集!いやぁ、「打ち上げ」っていい響きですね~。いなり寿司・おにぎり・ロールケーキを作って、キンと冷やしたムルソー持って、スカートなんぞはいて、友人宅に向かいます。私ったら気合入り過ぎ?  

他の方々が持ち寄った品々も加わり、ゴージャスな食卓となりました。手作りキムチ、芋の煮付け、その他数々のお惣菜、白身魚の青のり焼き、手作りアンマン、などなど。。。最初はお腹が減っていたので、写真は無し。  

20081208_samugetan お腹が一段落した頃に出てきたのが、こちら、参鶏湯(サムゲタン)!いやはや、スイスでこれをいただけるとは。これは、昔は韓国では王室でしか味わえない、高価なお薬膳料理でした。免疫活性化のこの健康食は、コラーゲンもたっぷり、女性の味方です。  

マーケットに出向いて、こだわり野菜を買うYさん。素材の持ち味にとことんこだわるお料理には、いつも舌鼓をうつばかりですが、今回もしかり。  

当然、おしゃべりもはずみました。ワイン片手に熱く語り合うのは、もっぱら育児ネタ。特に、友達がためになったという「ちょっと気になる子の育て方」(著:萩原光)の本を引き合いに出しながら、子供が「泣く」「ダダコネする」ことの意義・理由について、学んだ気がします。 

娘が泣くと、私は動揺してしまい、ストレスとして感じ、さらには「ちゃんと言葉で言ってごらん。」と諭すように言うクセがあります。言葉が出来るようになったんだから言葉で語れるでしょ、という期待があるからなのですが、なんせまだ二歳児。気持ちのコントロールがまだ上手く出来るはずはなく、心の奥底にある緊張や不安を「泣く」「ダダコネ」という形で吐き出しているそうです。泣くことは、自己表現の第一歩。泣くことは甘えることでもあり、自然な欲求でもあります。今後は、もっと気持ちの代弁をしてあげたり、上手にわだかまりを発散させてあげるようにしようと思います。少なくとも「泣きたいときは泣いてもいいよ。」と言えるようにならないと。。。(←これが難しいんだが。)  

20081208_kidsそのうち、子供達はトイレにこもっていたと思ったら、別の部屋に立てこもり(大人は立ち入り禁止!)なにやら遊んでいてくれたので、時間を忘れてくつろいでしまいました。  

なんて素敵な時間だったんだろう。サムゲタンと大事な仲間に、元気をもらった夜でした。

|

« ストラスブールへ行こう | トップページ | Winter Wonderland »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

子育ての情報交換って、なんて大事なんでしょう!親にとっては「泣く」「駄々をこねる」のあり難くない感情表現にも、ちゃーんとした理由があるのですね。「泣いてもいいよ。」と接しられる「肝っ玉かあちゃん」にならなくちゃね・・・・回りを気にしてついつい、泣き止ます事を先決する、威圧的な親になってしまうことを反省しきり・・・
それにしても、皆さんの料理上手に舌を巻いてしまいます。いえいえ、舌でお味見させてもらいたいです。
お仲間との時間、元気をもらい、楽しい夜でよかったですね。子供たちも、自分たちで遊べる、おりこうさんに成長しているようで、なによりです。

投稿: rosemary | 2008年12月11日 (木) 01時27分

rosemaryさん、子育て仲間がいるおかげで、こちらでも楽しく育児が出来るんだー、ってつくづく思います。境遇が似ているので、悩みを分かちあったり、子育て方針がとても似ていたり、ということもありますが、この日はなるほどー、と思えることが多くて、勉強にもなりました。それに、ママ友と会うのは大抵日中ですが、夜だと、堂々と(?)お酒が飲めるし、あとはもう寝るだけ、というリラックス感があって、いいもんですね。

直美もベッドタイムを大幅に過ぎても、それほどグズらず、親孝行してくれました~。

投稿: ハイジ | 2008年12月12日 (金) 00時07分

皆さんの夫さんは、どうなちゃってるの?Mさんは出張中?ところで、お酒チョットなら、の油断は大敵です。『のんだら運転するな』『運転するならのむな』を守ってくださいよ。

投稿: rosemary | 2008年12月12日 (金) 03時16分

rosemaryさん、確かにそうですね、飲んだら運転はNOですよね。でも、この日はほとんど飲んでいないのですよ~。(以前の飲みっぷりからすると信じられないかもしれませんが。。。)どうぞご心配なく。

旦那さん達は、それぞれ出張中だったり、お仕事だったり。ちなみに、Mは家でのんびり一人時間を楽しんでいたようです。「もっとゆっくりしてくればいいのに。」と私がニコニコ顔で帰宅したのを喜んでくれました。

投稿: ハイジ | 2008年12月12日 (金) 09時56分

「まぐまぐ」というサイトから発行されている「癒しの子育て・親育ち便り」というメルマガが、この萩原さんの書かれているものらしいです。
私この「まぐまぐ」に登録していて、毎週「育児のまぐまぐ」っていうメルマガが届くんですけど、そこにもこの方の「育児相談室」が載っていますよ。かなりためになる♪良かったら見てみてくださいね。

投稿: mic | 2008年12月12日 (金) 19時56分

ハイジさん、ちょっぴりご無沙汰です。異国での子育て、お仲間の存在はとても大きなモノでしょう。そして、旦那さんの協力、と言うかご理解・・・・とても大切ですよね。

まだ2歳・・・そうなんですよね。親とは現金なモノで、子供がひとつ何かが出来ると、もう自分と同等の立場で考えてしまいがちですよね。私もしゅんの時、そんな失敗を続けてしまいました(^^;;。そのためにしゅんは優しすぎるというか、人の目を気にする性格になってしまったのでは?と反省しています。2人目は同じ過ちをしないようにしなくては・・・・。といっても次男坊ってすでに手強いんですよぉ。

さて、先日の絵本のお話、記事にしましたのでお暇な時にでもご覧ください。TBもさせていただきました。

投稿: グリンデル | 2008年12月13日 (土) 08時15分

micさん、これはこれは耳寄りな情報を、ありがとうございます!早速登録しちゃいました。友達にも教えてあげなきゃ。この萩原さんの、「大人だったそうでしょ。」というような、子供の視点に立った見方が好きです。

先日はどうもありがとうございました!早速美味しい納豆をお昼に頂いています。お昼どきによく親とSkypeをするのですが、「納豆ばかり食べてるね。」って言われてます。でも、美味しいんだもん。Nも食べてくれるんだもん。ご馳走様です!

投稿: ハイジ | 2008年12月13日 (土) 12時42分

グリンデルさん、こんにちは。そうですよね、私なんてかなり現金。。。つい「もう二歳になったんだから。」とか「もう大きくなったでしょ。」と言ってしまうのですが、大人のずるさなのかもしれませんね。最近は娘は、「まだ小さいからママやって」とか「もう大きくなったから、出来るもん。」などと上手に使い分けています。(^_^;)

絵本の記事のTBありがとうございました!楽しみにして、のちほどお邪魔しますね。

投稿: ハイジ | 2008年12月13日 (土) 12時48分

ああ、、私もまったく同じことをよく言ってしまいます。
ハルが泣きながら何を言っても泣く、しかしないときや、お客さんが来てて、恥ずかしいのか、「うーうー」としか言わなくなってしまうことがよくあり、つい「ちゃんと喋れるんだから、言葉で言って!わからないよ。」と、、、
心の奥のことなんてわかってあげなきゃ、なんて余裕もなく、ついきつい口調で言ってしまいます、、
このところ、ハルには我慢させてしまうことが多く、今回のハイジさんの記事みて
反省、、、もっと2歳の心に耳を貸さなきゃ、後になって大変なことになるかも。。と。
ああ、でももう冬休みにはいるので、日中もずっと家にいることになるから、そんな心の余裕を持って接してあげれるか不安~、、

投稿: はるみみ | 2008年12月17日 (水) 11時03分

はるみみさん、私はこの本を読んだ直後には、よし頑張ろうと思いを新にしたのですけれど、やはり日常で疲れがたまっているときなどは、どうしても余裕をなくしてしまい、娘の言動に対して目くじらを立ててしまっています。。。ダメダメですね。

でも、思うのですけれど、ハルちゃんやNが泣いたり、グズったりするのは、親に甘えてくれているということで、健全な成長の証なのかもしれませんね。甘えられるママがいるということは、心の「安全基地」があるということ。今は大変ですけれど、がんばりましょうね~。

投稿: ハイジ | 2008年12月17日 (水) 14時32分

本当に楽しい夜だったね。でも、ハイジさん、確かに全然飲まなかった(笑)!
特に、元保母さんだったYさんの言葉は、参考になることが多かったな。「この位の子供はまだキチンとやるなんて無理なんだから、一応声かけるだけかけておいて、言うこと聞かなくても叱らなくていいんだよ。」て。「叱らなくちゃいけない」とか逆に「怒っちゃいけない」と言われると、母親にとってすごくストレスになるんだけど、「叱らなくていい」て言われると、すごく気が楽になるもんです。
また「何とか」と名目打って、こういう会をやりましょうね。

投稿: よしこ | 2008年12月18日 (木) 09時14分

よしこさん、本当に楽しくて有意義な時間をどうもありがとう&ご馳走様でした。皆をリラックスムードにさせてくれるのも、よしこさんの美味しいご馳走とおススメ上手があってこそ。感謝!
 
そうだね、もう一人のYさんが「5歳になったら子供はみな泣かなくなる。」と言ってたのも印象的。娘の愚図りも甘え泣きも、今だけなんだなぁって思うと、すこし余裕が出来る気がするな。
 
明日から日本。諸事情で思いっきりとまではいかなくとも、出来るだけ羽を伸ばしてきてね!帰ってきたら、うちでおかえりなさい会兼新年会をやろう!

投稿: ハイジ | 2008年12月19日 (金) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/26089022

この記事へのトラックバック一覧です: 元気が出る夜:

« ストラスブールへ行こう | トップページ | Winter Wonderland »