« ティンゲリー美術館 | トップページ | Keep in touch »

寺子屋の風景

20080107_1寺子屋をはじめてからまもなく一年。当初は3人でスタートさせたのですが、現在は10人前後と参加者も増え、毎週水曜日午後は、持ち回りのホスト宅は熱気に包まれます。

前回は、mokoさん宅にて。お正月にちなんで、お手製福笑いを用意してくれました。子供達は目隠しはあえてせずに、皆でアンパンマンの顔のパーツを並べます。どんなヘンテコリンな顔が出来るかと思いきや、あっけなく順当に出来上がり、大人たちはちょっぴり拍子抜け。さすが、子供達は我らがヒーローのアンパンマンの顔を間違える訳はないか。

20080107_2恒例となったカルタ取りもしました。遊び方もサマになってきましたよ。身を乗り出して、カルタめがけてダイビングする子供の勇姿も見られます。そんな中、Nは、気が向いたら取ろうかな、といった悠長さ。競争心や負けん気に欠けているなぁと思いつつ、せっかちな私は「カルタ、取ろうよ。」とついついせき立ててしまいますが、それはまたNの良さなのかもしれませんしね。そんな話を家ですると、「アグレッシブでないのは良いことだね~。」とおっとりと反応する夫。Nはパパの性格を継いだなぁ、とつくづく思います。

20080107_3_3 本の読み聞かせやロンドン橋、時にはズイズイズッコロバシや、カゴメカゴメを取り入れたあとは、お待ちかねのおやつタイム。おしるこに舌鼓を打ちながらのおしゃべりタイムは、時間を忘れます。

Nも、「寺子屋に行きたいなぁ。今日は誰のおうち?」と心待ちにしている様子。寺子屋の成果を感じつつ、今後も楽しみにして。

|

« ティンゲリー美術館 | トップページ | Keep in touch »

「育児」カテゴリの記事

コメント

一時帰国で、寺子屋のお友達と遊べないけれど、大丈夫かしら・・『手作り福笑い』アンパンマンや、大判カルタを囲んで、子供たちの、楽しそうな表情。笑い声も聞こえてきそうです。「継続は力なり。」3人が10人に増えたことも証の一つでしょうが、子供たちの成長に、確実いいものを残していますね。おっとり構えるNちゃんは、そのままのおっとりで、大きくなってほしいものです。日本の競争は、幼児から始っているといいますから・・・

投稿: rosemary | 2009年1月11日 (日) 02時48分

ハイジさん、年明けのバーゼルはいかがですか?さて、ハイジさんたちが運営する寺子屋。とっても興味津々です。我が家の兄弟も学ばせていただきたいです。「おっとりした」Nちゃんですが、以前の成長記録を読ませていただいている限りでは、思いやりのある、とても頭のよい女の子じゃないですかぁ。たまたま、カルタ(札の絵)に興味を持たなかっただけでしょう。これからのNちゃんの成長を楽しみにしています。

あっ、それから以前のチューリヒ動物園訪問記、楽しく拝読いたしました。次回のスイス訪問では是非、訪れてみたい場所だったからです。そして、バーゼル動物園にも。手元にある『地球の歩き方』のバーゼルの地図には「動物公園」の名が・・・。説明文は全くありません(^^;;。どんな動物園なんだろうと思っています。

投稿: グリンデル | 2009年1月11日 (日) 17時14分

rosemaryさん、寺子屋は、海外にいる分、日本語に接する機会が少ないので、日本語上達のためにと思っていますが、季節の物も取り入れながら、日本の文化にもちょっぴり触れられるのはいいなぁって感じています。みなで子供達の成長を見守るといったあたたかい雰囲気も好き。

2月の里帰り、Nはしばらく寺子屋の友達に会えずに淋しいかもしれませんが、きっと日本に行けば行ったで、楽しみを見つけると思いますよ~。

投稿: ハイジ | 2009年1月12日 (月) 20時20分

グリンデルさん、今年のバーゼルは例年になく寒いんですよ。今日は日中は0℃までいったものの、朝晩は-8℃。先日は家の窓から樹氷の眺めを楽しみました。

私には歳の近い妹がいますが、子供の頃は喧嘩をしたり、いつも妹を意識しながら姉として変なプライドとたたかいながら育ちました。そのせいか、せせこましい性格なので、Nを見ていると、私とは全く違ったおっとりの性格なので、ある意味羨ましくもあり、その個性を伸ばしてあげたいなとも思っています。

バーゼル動物園もいつかいらしてくださいね~。「動物公園」という名の通り、夏場は、「公園」に動物がいるといった雰囲気です。(^_-)

投稿: ハイジ | 2009年1月12日 (月) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/27001659

この記事へのトラックバック一覧です: 寺子屋の風景:

« ティンゲリー美術館 | トップページ | Keep in touch »