« 百のありがとう | トップページ | スイスと日本のはざまで »

いまさらながら、ファスナハト

ちょうど一週間前に帰国しましたが、体調を崩してしまい心身ともにへたっていましたが、ようやく復活。生活リズムも軌道に乗ってきたところです。  

20090303_faschnacht1バーゼル人が"Die schönste Jahreszeit(一年で一番美しい時期)"と言わしめるお祭り、ファスナハト。せっかくだし、一目だけでもと、雨が降る月曜日に、時差ボケの体にムチをうち、家族でちょっくら見学に行ってきました。  

ファスナハトはもともと「断食の前夜祭」という意味。イースター前の40日間、断食に入る前に飲み食いをして大暴れしよう、というお祭りです。 人々は仮面や衣装をまとって街をねり歩き、グッゲンムジークという音楽隊は街を大音響でうめ尽くします。  

20090303_faschnacht3見学者の中にも、仮装して楽しんだりしていましたが、普段は、物静かなスイス人なのに、お祭りが行われる三日間だけ別の人格になるようです。  

と言っても、ただ騒ぐだけではなく、グループごとに、社会・政治を皮肉たっぷりに風刺したテーマを掲げていて、ちょっぴり知的。例えば、カダフィ(リビアの最高指導者の息子カダフィ氏がスイスで逮捕されたことが引き金となり、原油輸出停止となった事件)のお面をつけたグループがいれば、"Die gröschti Fläsche(大バカ者)"とUBS前会長オスペル氏の非難するものもあり。標準ドイツ語を導入することを皮肉ったもの、色々ありました。 

20090303_faschnacht5 夫が都度説明してくれましたが、もう少し社会情勢にアンテナはらなきゃなぁ、、、スイスドイツ語、ないしはドイツ語が理解できればなぁ、、、などと痛感したお祭りでもありました。娘は、山車からばらまかれる飴玉をゲットできて、嬉しそうでしたけどね。

|

« 百のありがとう | トップページ | スイスと日本のはざまで »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/28524172

この記事へのトラックバック一覧です: いまさらながら、ファスナハト:

« 百のありがとう | トップページ | スイスと日本のはざまで »