« 青空BBQ | トップページ | 「語りかけ育児」考 »

嬉し楽しの連休締めくくり

20090502_j_a_n_lesen_cinderella1_2

 

 

 

 

 

  

 

 

もはや我が家の食卓には欠かせなくなった納豆を作っていらっしゃるMicさん。連休最終日の午後、ご家族で遊びに来てくれました。

家庭菜園も得意なMicさんに発芽した紫蘇をどうするかについてアドバイスをもらったり、Nが知りたがっていた「納豆はどうしてネバネバするの?」の質問に対して、ユニークで面白い説明をしてくれたり、過去の育児や現在の学校の話しをお聞きしたりと、とにかく、楽しくて身になる時間でした。

 

20090503_jan3_3

 

20090503_an1_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お姉ちゃんお二人も、Micさん譲りの努力家。日本とスイスを行き来して、さぞ大変だったことと思います。でも、そんな苦労もみじんも感じさせないほど明るくて、大人に対しても、きっちり目を見て話す姿は好感度高し!Nもお姉ちゃん達に遊んでもらって、大満足だったようです。幼い頃、やはりシンデレラに夢中だったというJuliちゃんとAirちゃん。お姫様ブーム続行中のNとも意気投合?! 

Micさんとは年齢が近いこと、それから幼年期のアメリカ在住期がダブっていることが判明して、勝手に嬉しくなっていまいました。でもね、経験値の違いなのか、私よりずっとしっかりされていて、人間的に大きいというか。。。スイスで納豆を生産することだって、並大抵の努力では出来ないですものね。試行錯誤を重ねて、幾多の困難を乗り越えてきたからこそ、味わいがある納豆が出来るんだろうなぁ。

ブログでも、率直な人柄がにじみ出ているのを感じられますが、実際お会いしてもギャップを全く感じない着飾らないお人柄。周りの人々に元気を分け与えてくれるパワーが備わっているようなMicさんに、これからも頼っていきまーす!

 

20090503_omiyage

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそう、いただいたお土産もこんなに沢山。作りたての納豆や豆の甘煮やハチミツシロップ、島おこし奄美カレー(←ウコンたっぷり、二日酔いのも良さそう!)、それからご主人の趣味で採っていらっしゃる水晶。Nにもヘアピンやら三方巻鳥やら。ご本人は、「大量に作って配り歩く昭和のおばさんみたい」なんておっしゃってましたが。(^^) どうもありがとうございました!

|

« 青空BBQ | トップページ | 「語りかけ育児」考 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そもそも、スイスで納豆を作ろうというその発想がどこから湧いたのか、すーさんはビックリです。人の考えないことを考え出す人って、きっとユニークな人ですよね。
それにしても、化粧品のセールスウーマン?のお話でも思いましたがいろんな人と気負うことなくおつきあい出来、誰からも謙虚に学び取っている様子のハイジさん、きっとどんどんステキな大人に成長するんだろうなと思ってしまいます。
このごろブログ更新が楽しみです。勉強になるんですよ、ホントです。

投稿: すーさん | 2009年5月 5日 (火) 13時30分

はじめまして。昨日チューリッヒから帰国しました大竹と申します。

今日、このサイトをみつけることができて、とてもラッキーです!“スイスジャーマン”でひっかかってくれました!ナ~イス!!

今回初めてスイスを旅しました。6年前ニュージーランドで出会い、一か月寝食を共にしたスイス人の友に会うためです。6年の月日は長かったですが、その時間を感じさせないスイスの12日間でした。

スイスって素敵!!ローカルな場所にもたくさんつれていってもらい、私も住みたくなりました。もちろん物価は安月給の私ではとても難しいことだと思いましたが、スイス人の温かい人柄にほれました!ツェルマットで出会ったプチホテルのオーナーはまじ最高でした♪

私は英語しかできないので(しかも中途半端・・・)、スイスジャーマンにはたどりつけそうもないなぁ。と思いますが、私の友人のフラットメイトがドイツ語を教えているので、交友関係を深めるべくドイツ語をかじりたいと思うこの数日。このモチベーションがさがらないようこのサイトをみながら、がんばりたいと思います!
何かいいアドバイスがありましたら、ぜひよろしくおねがいします!!

うれしくてたくさん書いてしまいました。またブログ拝見します。
失礼します。

投稿: わかば | 2009年5月 6日 (水) 10時16分

ハイジさんのお友達をビックリさせてしまいましたね(笑
いえ、「納豆が食べたい!」という、飽くなき食欲から…「昭和のオバサン趣味」が高じて…

頼るのはもしかしたら、私の方かもしれませんよ~、私ってば男兄弟に挟まれた真ん中なので、どうしても姉妹の「姉」ってものの気持ちが分からないんですよね…。
「っんでこんな事でこんなに意地張んだよ!」
と長女との修羅場も多いわけで…
ハイジさんの体験談を大いに参考にさせてもらわないといけないかも☆
よろしくお願いしますね~♪

投稿: Mic | 2009年5月 6日 (水) 17時00分

すーさん、スイス、とりわけここバーゼルでは、日本食材が入手しずらく、和食に対する熱い思いというのは、並大抵ではないんですよ。(私の場合、単に食い地が張っているということもありますが。)無いと、余計に手に入れたくなるのも人間の心理。「必要は発明の母」とは良く言ったものですね。私の周りの友達は、発想・創意工夫・努力を惜しまず、納豆、キムチ、うどん、肉まんなど手作りしちゃうんです。Micさんの手作り納豆は本当に美味しいんですよ。娘もこれさえあれば、昼は満足してくれるし、納豆が嫌いだった夫も、すっかり納豆好きに。ちなみに、私も餡子などは手作りしていますが、日本に住んでいたら、手軽に買えちゃうので、作ろうなんて思いも寄らなかったのかもしれません。。。不自由ながらも、こんな生活が結構気に入っています。

投稿: ハイジ | 2009年5月 6日 (水) 19時54分

わかばさん、ようこそ、スイスへ!6年のブランクを経ての再会は、さぞ嬉しかったことでしょうね~。しかも、スイスで楽しい思い出を作ることができたようで、私も聞いていて嬉しくなりました。

スイスは訪れるのと、実際住むのでは、また違った面が見えてくることもあるかもしれませんが、なかなか良いところですよ~。私はスイスに計4年半住んでいますが、スイスジャーマンの道のりはまだまだ果てしなく遠く、苦労することも多々あります。。。でも、スイス人の性格などは日本人と似ている部分もあり、居心地は段々よくなってきました。

私の夫も、最初っからスイスジャーマンをかじるのではなく、ハイジャーマンを習って基礎をつくるようにと言います。日本では、ちょこっと青山のゲーテにも通ったりしていましたが、モーティベーションを維持するのって大変ですよね。頑張ってくださいね!

投稿: ハイジ | 2009年5月 6日 (水) 20時02分

Micさん、男兄弟に挟まれた真ん中とは、それまた羨ましい♪ 一時期はお兄さんに憧れてましたから。姉とは、案外難しい立場なんですよねぇ。繊細で真面目で正直で妹思いで、でも、不器用だったりして。Juliちゃんに共感することも多く、いつか、Juliちゃんと姉談義をしてみたいなぁ、なんて思ったりしています。

納豆も本当に美味しかった!豆の甘煮も夫が「栗の味がする」と気に入っていました。タンポポシロップも毎朝お世話になっています!花びらがわずかに入っているのがとてもお洒落。改めて、ご馳走様でした!

投稿: ハイジ | 2009年5月 6日 (水) 20時11分

私もここでよく手作りの納豆を頂いて重宝しています。
アジアンストアーでも売ってたりもするのですが、手作りは新鮮で美味しいですよね?(納豆に鮮度もあるのかしら?笑;)
外国で暮らすと食べたければ自分で作らなきゃっ!て感じになるので創作意欲をかきたてられますね?bleah

投稿: アミーガ | 2009年5月 6日 (水) 22時41分

そういえば、田舎育ちのすーさん、幼いころ納豆も味噌も普通に自宅で造っていました。納豆は大豆を煮てわらで編んだ「つと」に入れ、布団の中に入れるのです。暖めていたのはアンカだったか石を焼いてボロ布で包んだ物だったか、だんだん発酵して納豆のにおいが漂ってくるのです。私はこの納豆作りがイヤでした。だって、納豆と一緒の布団に寝るのだから絶対臭くなる・・・。わらづとの納豆なんて今や食べられないのにね、ありがたみを知らない時代でした。
味噌は、大豆を何日も煮て臼でつき、おにぎりにしてしばらく置くのです。カビが生えたら細かく刻み、塩と一緒に樽につけ込むのです。1年ほどたつと味噌のできあがり。これもキライでした。街の人が食べるなめらかなお味噌が美味しそうと思っていました。
そういえば、お豆腐もたまに作っていました。これは覚えていません。うどんを作るとき、こねるのに新聞の上に乗っていつまでも踏まされたのを覚えています。これもイヤでした。
な~んだ、今思えばなんと贅沢な食生活、罰当たりなことにあれもこれもキライでした。

スイスで味噌を造るMicさんと、それをかけがえのない物として喜んでいるハイジさんに学ばされ、遠い昔を思い返して反省しているのです。

投稿: すーさん | 2009年5月 7日 (木) 12時43分

アミーガさん、そうそう、海外暮らしだと和食を求めて結構必死だったりします。(^_^;)でも、日本に里帰りすると、パタッと作らなくなるから不思議。すっかり食べ役に徹します。
手作りだと、作り手の顔が見えて、安心ですよね。BIOの豆を使っているし、イソフラボンで美肌効果もありそうです。

投稿: ハイジ | 2009年5月 8日 (金) 07時22分

すーさん、貴重な思い出話、ありがとうございます!わらずとの納豆だんて、写真でしか見たことが無いかもしれません。納豆菌が自然に培養された納豆なんですよね。さぞ美味しかったことでしょう。納豆とともに布団に入るなんて、なかなか出来ない体験ですね。
お味噌も作られていたなんて!こういう手作りものって、すべてぬくもりが感じられます。「買えば食べれる」、のではなく、「作って食べる」、という概念は、生きていく上で、物を大事にしたり、忍耐を培ったり、ぬくもりを感じる心をもつようになったり、とても有益なのではと思います。
それにしても、親の有り難味って、後から分かるものですね。私も幼少時代、アメリカと日本を何度も往復をして、友達と離れるのが淋しくて親を恨んだものです。でも、今となっては、貴重な体験だったと感謝しているんですけれどね。

投稿: ハイジ | 2009年5月 8日 (金) 09時01分

奄美カレーってどんなの?ちょっと気になりました。
Micさんの納豆、本当においしいよね。持ち寄りにいけないので、購入回数が減ってしまうのだけど・・・

投稿: Sakura | 2009年5月10日 (日) 08時55分

Sakuraさん、まだね、スペシャルな日にとっておこうと思って取ってあるの。パッケージには「奄美大島の島おこしのシンボルとして、特別栽培されたうこんをパウダーにせず、生ウコンをベースに、こだわりの原料を使用し、人工的添加物、味付けを加えることなく作られたカレーです」と書いてあるけれど、かなりワクワク。
そうね、最近は持ち寄りでなかなか会えず淋しいわ。子ども会も二回連続で雨に足止めをくらってしまったし。また近いうちに会えることを楽しみにして!

投稿: ハイジ | 2009年5月10日 (日) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/29432516

この記事へのトラックバック一覧です: 嬉し楽しの連休締めくくり:

» パワーストーン [パワーストーン]
「パワーストーン」と呼ばれている石には、天然石、人工石、加工石など、たくさんの種類の石があります。「パワーストーン」と言うと、「水晶(クリスタル)」を思い浮かべるかもしれません。パワーストーンの効果を維持させるためには、毎日愛情を込めてケアを行うことが大切です。パワーストーンの効果を維持するためのケアには、洗う、エネルギーの浄化を行う、パワーをチャージする、という3つの方法があります。... [続きを読む]

受信: 2009年5月 6日 (水) 06時48分

« 青空BBQ | トップページ | 「語りかけ育児」考 »