« 嬉し楽しの連休締めくくり | トップページ | 母の日に »

「語りかけ育児」考

久しぶりに「語りかけ育児」の本を引っ張り出してきました。Nが小さい頃は、ちょくちょく斜め読みをしていた本です。3歳前後の項目を読み返しながら、改めて「なるほどー」と思ったり、「こういう所を気をつけなくては」と気が引き締まる思いがしました。

今日はこの本を参照しながら、まもなく3歳になるNの、言葉の面からの成長ぶりを追ってみることにしました。

【過去・未来系が少しずつ分かるように】
「今日は何して遊ぼうか。」、「雨が降りそうだね。散歩できないねぇ。」、「昨日はプールに行ったね。」と時間軸を正しく伝えることが増えてきました。朝→昼→夜の流れも分かり、「明日」「今日」「昨日」「さっき」「この間」といった時制を表す言葉も、大分適切に使いこなせるようになりました。

【長い話が出来るようになる】
夫の帰宅後、三人で夕食となりますが、娘は一日あった出来事を話します。勿論、順序だてて説明することは無理で、一番印象に残ったことから話し始めます。例えばSpielgruppe(託児所)での話しをする際に、いきなり「Vくんがワニになって、Nちゃん怖くて泣いちゃったの。」と伝えて、夫を驚かすこともあります。。。
Nは、「こっちがママでこっちがNちゃん。」と私と立場を交換するのが好き。「ママ(つまりはN)が白雪姫を読んであげるね。」と言いながら、一所懸命読み聞かせをしてくれることも。「いつまでも幸せに暮らしました。」「シンデレラがはくと、ピッタリ。」といったセリフは本の通り。まだ文字は読めないので、耳からの記憶力に頼っているわけですが、子供の学習能力には驚かされます。

【会話らしくなる】
「あのね、Nちゃんね、」「聞いてくれる?」「なんかね、」と言いながら会話をスタートさせます。とは言え、いつもではなく、ベビーシッターさんの顔を見るやいなや、挨拶もそこそこに、「クッキー、持ってきたの。」といった発言が飛び出したり。まだ突発的というか発作的です。 

【会話への参加】
タイミングよく会話に参加するようになりました。もちろん日本語で会話をしている場合に限りますが。。。夫が仕事の話をしていると、「Nちゃんも会社に行ったとがあるねー。」と話題をさらっていったり、座の人気を得るのが得意なN。最近は、ドイツ語の場合でも、夫がNのことを話題にし、「die Kleine ist...(the little one is)」と話ていると、「"die Kleine"ってNちゃんのこと?」とすかさず質問をしてきます。また、「"Nein Danke(No thank you)"は、なんで"Danke"が付くの?」などと少しずつですが、ドイツ語にも興味を持ち始めているようです。

【お姉ちゃんとしての意識】
Nは、自分で出来ることも増えてきましたが、それを「よく出来たねー。」と褒めると、「赤ちゃんは?」と口癖のように聞き返してきます。そして私が「赤ちゃんにはまだ無理かもね。」というと満足げな表情を浮かべます。裏返せば、「赤ちゃんは出来ないけれど、お姉ちゃんになった私には出来る」という誇りの表れなのかもしれません。私がおそらく「Nはお姉ちゃんになったね。」ということを強調し過ぎたせいなのでしょうか。Nは「今は2歳、もうすぐ3歳」と自ら言うように、お姉ちゃんになるんだという意識を強く持っている気がします。大きくなったから、着替えも出来る、歯磨きも出来る、汚さないで食事が出来る、泣かない、走れる、あるいは、そういうことが出来るはず、、、と思っている節があるようです。
逆に、自分がダダコネをしながら泣いてしまったときなどは、そんな自分が嫌になるのか、はたまた悔しいのか、収集がつかないほどの泣きに発展することがあります。また、トイレトレーニングが滞っていたり、特に人前でのオムツ交換を嫌がったりするのは、「赤ちゃんがしているオムツを自分がしているのが恥ずかしい。」と思っているからなのでは、と推測しています。
私自身、姉として育ちましたが、「お姉ちゃんだから。」「お姉ちゃんなのに。」とプレッシャーをずっと感じていたのも事実。Nには、そういった「大きくなったから出来て当然」「もうお姉ちゃんなんだから、しっかりやりなさい。良い子じゃないとダメ。」といったプレッシャーはあまりあたえたくないと思っています。
勿論、褒めることは大事ですが、「何かが出来たらから、もうお姉ちゃんだね。」という
褒め方ではなく、N自身が頑張っている過程を、絶対的な評価として褒めてあげるようにしなくては、と思いなおしています。そして、「今のままでいいよ。自分のペースで成長していけばいいからね。」といった事も伝えたいですね。

この本には一日30分の語りかけの時間をきっちり取って子供と向き合おうと書かれていますが、それなら出来そうかなと思って気軽な気持ちで手にした本。出合えてよかったと思っています。

20090510_n3_3   

|

« 嬉し楽しの連休締めくくり | トップページ | 母の日に »

「育児」カテゴリの記事

コメント

ああ、、また反省。。
じっくりハルと向き合って会話って、
実はあまりないかもです。
ユウが先に寝たか、パパ抱っこでOKなときは
ハルと二人で絵本読んだり、お話したり、くらいかな。。もっと時間とらなきゃ。

Nちゃんと同じ言葉、ハルがよくいいますw
「ハルね、2歳になったら、3歳になるんよ」と得意げにしょっちゅう言ってます。

あと、よく自分の希望を誰かに代弁させる、というか。。 散歩にいきたいとき、
「おかあさん。プーさんが散歩いきたいなって言ってるよ。」とかw
そのうちおもちゃとかの催促もそうやってくるんだろな。。

そうそう、私も2人姉妹の姉で、よく
お姉ちゃんだから、とか言われて嫌な気持ちをたくさん味わってきました、、
なので、ハルには同じような感情は持たせないように気をつけなきゃ、、って。
悪いことで、「お姉ちゃんでしょ!」って言うのではなく、いいことで「さすがお姉ちゃん、よくできたね!」と、言うようにはしてますw
語りかけ、私もきをつけなきゃ。

投稿: はるみみ | 2009年5月11日 (月) 17時54分

はるみみさん、二人のお子さんがいると、時間配分とか大変ですよね。。。私は日中、時間がとれない場合は、やはり夜寝る前に、本を2,3冊読んだり、しゃべったりふざけあったりして過ごしています。日中は、「洗濯物を干さなきゃ。お買い物にも行かなきゃな。」などと邪念が多いのですが、夜はもう寝るだけなので、私自身もリラックスして娘と向き合える気がします。

ハルちゃんも3歳になることをしっかり意識しているんですね。今年はお誕生会はされるのかしら?うちは昨年エネルギーを使い果たした(?)のか、今年はスキップしようと思っていました。でも、Nのことを考えると昨年以上に楽しめるかもしれないと思うと、小規模にしてやろうかな、という方向に傾き始めました。

ハルちゃん、代弁させるなんて、なかなかの知能犯ですね~。(^^)

お姉ちゃんの立場って難しいですよね。私が姉としてのプライドが妙に高く、上手に甘えられなかったりした子だったので、Nにはもっと気楽に構えていいよ、ということを伝えたいなぁって思っています。

投稿: ハイジ | 2009年5月11日 (月) 21時37分

ほんと、、姉って意外に損な役回りも多い、、
妹は姉の行動見て 小さいときから育ってくからなんというか、、要領もいい、
甘え上手です。
私も同じく、ハルには適度に甘え上手な子になってほしいな、なんて思います。

お誕生日会といっても、家族呼んでご飯食べるだけなんで、フツーに今年もやろうと思ってます。
4歳、幼稚園はいったらじい、ばあまで呼ばずに、4人だけでお祝いもいいかな、と。

私自身、子供の頃からずっと家族だけでのお祝いだったなw

投稿: はるみみ | 2009年5月13日 (水) 16時43分

私も持ってますこの本。
でも最近ご無沙汰。また読んで娘の月齢に合わせ参考にしたいと思います。30分の語りかけって私には思ったより大変です;あはは;何を話していいやらと結構実況中継風になる事もしばしば;

投稿: アミーガ | 2009年5月14日 (木) 00時28分

こういう成長の記録を残すって、凄いことですね。あとあと貴重なハイジ家の育児書になるかも・・・

投稿: rosemary | 2009年5月14日 (木) 12時44分

はるみみさん、要領がよくて、甘え上手、、、、という点は私の妹も全く一緒です。当時は、喧嘩もたえず、最後には口達者の妹に対して私が手を出して、親のお叱りを受ける、、、というお決まりのパターンでした。今となっては、妹とは友達感覚でつきあえるので、感謝していますけどね。

昨年のお誕生会も、暖かい雰囲気で、ハルちゃんも楽しそうでしたよね~。お魚などご馳走がずらっとならんで。うちも両方のじいじ・ばあばが集まれればよいのですけれど、なんせ近くには居ないし。3人でやるのもちょっと淋しいし、仲の良いお友達を数人呼んで、こじんまりと楽しもうかな、と思っています。

投稿: ハイジ | 2009年5月16日 (土) 16時59分

アミーガさん、私もよく実況中継している気分になっていました。レスというかリアクションが無いと、結構シンドイんですよねー。でも、いつの間にか、もうちょっと静かにしててと思うほど、おしゃべりになったので、アミーガさんも乞うご期待!?それはそれで嬉し辛いの心境です。(^_^;) 
この育児本では、受け答えを「そうね」ではじめるようにして否定はしない、などといった基本的なことの重要性がわかって、良かったな~と思っています。

投稿: ハイジ | 2009年5月16日 (土) 17時04分

rosemaryさん、成長の記録は、ポジティブな面をつい表立って書いてしまいますが、育児をする上でネガティブな面も正直に書いていけたら、と思っているところです。
ここ最近、色々ありまして。。。Nの第二反抗期か、と思うほど手を焼いています。(>_<)

投稿: ハイジ | 2009年5月16日 (土) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/29556593

この記事へのトラックバック一覧です: 「語りかけ育児」考:

» 学習机 イトーキ [学習机 イトーキ]
「のこるん棚」と言う機能があります。この機能はイトーキの学習机の代名詞と言われる機能であるようです。この機能は収納が付いた小さな棚を書棚の中で自由にレイアウトできる機能です。 [続きを読む]

受信: 2009年5月11日 (月) 12時00分

» 新型インフルエンザ:ベビーシッター派遣会社と家事代行サービス [新型インフルエンザ:ベビーシッター派遣会社と家事代行サービス]
『新型インフルエンザ:ベビーシッター派遣会社と家事代行サービス』では、新型インフルエンザにより休園や休校担った場合に、共働きの家庭などが子供の世話をどうするかについてまとめています。 [続きを読む]

受信: 2009年5月19日 (火) 13時08分

« 嬉し楽しの連休締めくくり | トップページ | 母の日に »