« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

改めて、バーゼル観光

朝、義理の両親から「午後から遊びに行ってもいいか?」という電話があり、特に予定もなかった私達はすぐさま賛同。夫もバーゼルに戻ってきていたので、夏らしい天候のもと、皆でバーゼル市内観光をすることに。(かなりベタですが。)

20090726_rhein_view_from_mitterele_

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライン河にかかるMittlere Brücke(ミットレレ橋)は、1226年、ライン川に架けられた史上初の橋。1905年にトラム工事のために架けかえられたそうですが、この橋を中心とした風景が、バーゼルらしくて好きです。

 

20090726_rhein_wasser

 

 

 

 

 

  

 

 

ライン川では、泳いでいる(というより、浮き輪にしがみついて川の流れに身を任せている)人々を見かけました。ライン川、色々な楽しみ方が出来るようです。でも、聞くところによると、水温は20℃前後。勇者でない限り、飛び込めません。

 

20090726_overlooking_from_mitterele

 

 

 

 

 

 

 

 

母と義母は大の仲良し。この日も、楽しそうでした。言語の壁が多少あったとしても、持ち前の朗らかさでそれを克服してしまう母の姿勢や度胸、そして誰でも受け入れることの出来る義母のキャパ。そんな二人の母の姿を見るのはいいものです。

 

20090726_grosspapin

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私達は、ライン川沿いを散歩。Nはアイスを片手に、ご機嫌でないはずはありません。それに、よく懐いている義父と一緒だと、”いい子度合い”が増すようです。義父はNのハンドリングが上手。親が主体というスタンスで、厳格過ぎると思える面もあるものの、毅然とした態度・分かりやすい説明は、Nの心を捉えるようです。褒め方もさることながら、叱り方も上手。感情に任せたり、上から押さえつけるような叱り方ではなく、何がいけなかったのか目線を同じにして考えさせる叱り方。そろそろ義理の両親のところへ、Nの従兄弟達が辿ったように、Nも留学させようかしらん。

 

20090726_faehri

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、Fähri(フェーリ)と呼ばれる、水の力だけで両岸を行き来する渡し舟です。フェリーは両岸に固定されたワイヤーロープと結ばれていますが、見えるでしょうか。モーター音こそ無い、静かな渡し舟に乗っていると、150年前にタイムスリップできそう。

 

20090726_faehri2

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、はしゃぐNと一緒では、物思いに耽る事なんて無理でした。。。

 

20090726_drei_koenig  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Les Trois Rois(独名:Drei Könige)というスイスで最も古い、五つ星ホテルにも立ち寄りました。過去には、皇太子妃、ダライ・ラマ、ピカソ、シューマン、ゲーテといった名だたるVIPを迎えたホテルです。この日は、Nのトイレ休憩という名目で。Molton Brownの石鹸にローション、そしてふんわりタオルまで用意されていて、さすがです。次回は、お茶でもしたいものです。

最後は、我が家のファミレスとも言えるテラスレストランで締めくくり。慣れもありますが、歳もとったのかな、、、家族っていいもんだ~、とリラックスして楽しめるようになりました。

 20090726_spitzwald

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いつもと違うコルマール

20090718_race_2

 

 

 

 

 

 

 

  

 

妹夫婦と一緒にコルマールを訪れた日は、ちょうどツール・ド・フランスの開催日と重なっていたため、いつもの閑静なコルマールとはうって変わって賑やかで、ちょっとしたお祭り騒ぎになっていました。

 

20090718_souvenir

 

20090718_shop

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人をかきわけながらノロノロ歩きで進んでいけど、この人混み。フランスだけでなく、ノルウェーやルーマニアの応援旗も広がっています。人混みみもまれ、歩き疲れ果てた頃、とりあえず非難しようと思って入ったファーストフードのお店が、この日のスタート時点の真向かいという偶然に恵まれました。女性陣はお店の中でゆっくりとコーヒーをすする傍ら、男性陣は外に出てビデオ撮影に奮闘。ツール・ド・フランスは、明日、パリのシャンゼリゼでフィナーレを迎えます。

 

20090718_oldtown

 

 

20090718_oldtown2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コルマールの旧市街をのらりくらりと散策。特にプチヴェニスもバルトルディ博物館もワイン街道も立ち寄らず、コルマールの一角にとどまっただけでしたが、妹夫婦は気長に子連れペースに付き合ってくれました。感謝!

 

20090718_all

 

 

 

 

 

 

 

その日の夕方からは、チューリッヒから義理の両親と姉が、妹夫婦に会いにかけつけてくれました。簡単に、インスタントのソースでスパゲッティーだけを食べるだけですが、穏やかな笑い声が響く団欒が何よりのご馳走。

 

20090719_magonote

 

おまけ。買い物上手な妹夫婦からのお土産で、義父がいたく気に入ったのは、こちら「孫の手」。Nに会えず淋しいときには、この「孫の手」を使って背中をカキカキするそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

3歳1ヶ月 成長記録

Blumenfeld_2 

 

ここ最近、ずっと自分のことで精一杯だったような気がしますが、今日はしっかりとNの成長を残しておこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【乙女度】 ますますヒートアップ。ズボンより断然スカート派。とても私の子とは思えないほど、女っぷりを上げています。カメラを向けると、首をかしげて、手を頬にあてたり、いかにもというポーズをとることもあります。綺麗なもの、ピンク色のもの、キラキラ光るもの、プリンセス系のものには目がありません。お花も大好き。私の妹(←私と違ってお洒落です。)が履いている華奢なサンダルも早速目をつけ、「Nちゃん、こっち履きたい。」とせがみます。

 

Sonnenbrille

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【お姉ちゃんっぷり】 お腹の赤ちゃんのことはとっても楽しみにしている様子です。「赤ちゃんに見せてあげるの。」と言っては、紙とハサミとノリで何かこしらえてみたり、私のお腹に手をあてて「よしよし」したり、自分より小さい友達に手を差し伸べたり、すでにお姉さんの貫禄。と同時に、なんとなく心に微妙な変化が生じているようです。「おんぎゃあ、おんぎゃあ」と言いながらすり寄ってきて抱っこを求めたり、赤ちゃんごっこしようとせがむこともあります。産まれてから赤ちゃん返りしそうでちょっと怖いかも。。。

 

Cry  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【反抗期?】 イヤイヤ、グズグズは一時期のひどい頃よりはマシになりましたが、晴天の霹靂のようにご機嫌が急降下することも。大抵は、自分ひとりでやりたたかった場合やNが思うようにいかない場に泣くことが多いです。例えば、玄関の戸を自分で開けたいのに親が先に開けてしまった時、親がスパゲッティを食べやすいようにに細かく切ってしまったとき、親が靴をはかせるのを手伝ってしまったとき、絵が思うように描けないときなど。これまで笑っていたのにギャーっと大泣きされると、落差が激しすぎて、何か因縁をつけられているような気さえすることがあります。(>_<)

さらには、私が怒ると、逆ギレ反発されます。「Nちゃん、つまんなくなっちゃった。」「ママが怒るから、もう一人になりたいもん。」と拗ねてしまいます。私も、「だったら、一人であっち行ってなさい。」などと語気を強めると、「やだ、一緒にいたい!」と更に娘の声がトーンアップする始末。このように、時折り小憎たらしいNですが、私の母が言うには、本当に一人になってしまうのではなく、まだこうやって親の傍にいて口ごたえをするだけ、可愛いのかもしれません。

 

Schlafen1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【トイレトレーニング】 長い道のりでしたが、トンネルの出口の明りが見えてきたか?!といった状況です。寝る時以外は、パンツマン。外出時も、パンツをはかせています。
頻繁にトイレに連れて行っては便座に座らせて待つという面倒くさいことも無くなり、今では、自らトイレに行くタイミングを伝えてくれるようになり、大分楽になりました。(1枚50円ほどのオムツ代も浮く!)振り返ると、かれこれ半年ぐらいはトイレトレーニングを続けていたのでしょうか。。。その間のおもらし事故は10回ほど。時折り、Nがトイレを断固拒否したり、私の方が音を上げてしまったり、これ以上続けるとイライラのピークを迎えそうであえて中断したり、そんな事を繰り返しながらの半年間。いや~、長かった!
  
とは言え、まだ喜ぶのは早く、「大」の方は相変わらずてこずっています。これまで二度だけトイレで成功したものの、トイレですることを躊躇うので、結局寝る前にオムツをはかせた後にする、というケースが続いています。日中、排便のタイミングを逃してしまうため、夕方以降、お腹が痛くなって泣くことも。我慢すると悪循環になりかねないので、何とか対策を打ちたいところ。。。

 

Pudding2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【テーブルマナー】 このところ、テーブルマナーが悪くなりつつあります。(~_~;) 好きな物だけ(例えば、ご飯を食べずにふりかけだけつまむ。)食べるのは序の口で、片膝をついたり、手で食べたり、じっと座っていられなかったり、玩具で遊び始めたり、挙句の果ては、足をテーブルに乗っけたり。友達が、「食べてくれるだけでいい。まだこの時期は、胃もキャパも小さく、一度に沢山は食べることは出来ず、腰の筋肉も発達しきれていない為、ずっと座っているのは苦痛。正しいテーブルマナーを伝えることは大事だけれど、強要するのは無駄。」といった事を言っていましたが、私も少し寛容に見守ることにします。

 

Driver2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【言葉の発達】 なかなか話が長く 雄弁になってきました。「Kちゃんちに行ったとき、Rくんがシャボン玉をこぼしちゃって、Kちゃんんがダメ~って怒ったんだけど、Nちゃんはあんまり怒っちゃだめだよって言ったの。Rくん、まだ小さいんだから。」といった具合に、誇らしげに話してくれます。(ちなみに、この話、これまで3回は聞きました。(^_^;)) それから、「ねえねえ、知ってる」「あ!いいこと思いついた!」などと、会話の切り出しも一丁前に。四ヶ月ぶりにあった妹夫婦も、はっきり喋れるようになったねと驚いていました。

 

Velo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0~2歳の頃の劇的な成長ペースではないものの、それでも毎日、喜びがあり、発見があります。Nとみっちり過ごせるのも、あと5ヶ月弱。しっかり成長ぶりを謳歌しようと思います。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

妹夫婦、来瑞!

20090717_sightseeing  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妹夫婦が遊びに来てくれました。Nにとっての叔父と叔母。いつもながら、たーくさんの気の利いた、お土産を(ちゃっかりリクエストした物も含めて)持ってきてくれました。娘の甚平、うにのお煎餅、品質の良い衣類、可愛らしい&芸の細かいグッズ等など、日本人魂を呼び起こす物ばかり。嬉しい!そして、海を越え、国を越え、はるばるスイスまで来てくれてありがとう!

到着翌日は、皆でバーゼル市内観光。ボートに乗ってライン河三カ国巡りなんてコテコテでいいかな~、と思って乗った船。片道のみの船だったで、帰りはトラムに乗らなくてはならず、トラム乗り場まで歩く歩く。30℃を越す炎天下の中、20分は歩いたような。。。その後も、ブラブラと市内を散策した後、近くの森のレストランで夕食と、出ずっぱりな午後だったのですが、やはり小さい12kgの体には応えたのか、娘は熱を出しダウン。とは言え、熱の割りには、起き上がってシンデレラのDVDを見たりと元気なのですが、何をするにもママが傍にいて手伝わないといけないらしく、つきっきりになっています。(Nは現在昼寝中。)遊び上手な妹夫婦にNを任せて、自由時間を増やす魂胆は思いっきり外れちゃいましたけれどね。。。ま、今日はあいにくのお天気だし、こんな時こそ、ママの出番だと思って、みっちり看病に明け暮れることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコミュージアム

20090711_ecomuseum1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エコミュージアムとは、エコロジー(生態学)とミュージアム(博物館)とをつなぎ合わせた造語で、ある一定の地域において、住民の参加によって、その地域で受け継がれてきた自然や文化、生活様式を含めた環境を、総体として永続的な(持続可能な)方法で研究・保存・展示・活用していくという考え方、またその実践である。→Wikiより抜粋。

ミュージアムというと、学芸員などの専門家によって高度な文化や技術が守られている、といったイメージがあるのですが、ここ、アルザスにあるエコミュージアムは、さながら「江戸村」や「明治村」、はたまた、いつぞや行ったことのあるAmish Countyといったところ。

広い敷地には、70ほどの木組みの建物の他に、当時の生活様式を感じとれるような陶器屋や鍛冶屋、パン屋などがあります。ここは、そういったアルザスの住環境や伝統を残しておきたい、という人々の思いと努力から実ったミュージアムなんです。

 

20090711_ecomuseum2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古くからの友達家族と一緒に行ったのですが、子供達も大喜びでした。馬車に乗ったり、家畜と戯れたり、当時からある旧式のメリーゴーランドに乗ったり。Nもよっぽど気分が良かったのでしょう、音楽に合わせてグルグルまわりながら踊りだす場面もありました。子供達がご機嫌に遊んでくれると、親たちだって、ゆっくりおしゃべり出来ますからね。行く前は、「せっかくアルザス行くなら、リボヴィレかリクヴィル。エコミュージアムなんてわざわざ行って楽しめるかな。」なんて思っていた私ですが、行って良かった!これぐらいの年齢の子供達にとって刺激が強すぎず、ゆる~い楽しみ方が出来るミュージアム、おススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルタ考

20090701_card_game 遅咲きながら、勝ち負けの概念が分かりかけてきたようで、ばあばが先にカルタの札を取ろうものなら、毎回この泣き顔。「Nちゃんが先!」「(その札を)ちょうだい!」と大泣きしています。カルタのルールを説明しても「違う!」の一点張り。カルタごときで世界の終わりといった泣き方をするので、ばあばと私は苦笑い。ちょっと前までは、寺子屋などでカルタ遊びをしても、気が向いたら取るといったスタイルで悠長に構えていた娘でしたが、ここに来て負けん気を発揮。

他人を蹴落とすための勝負にこだわったり、勝ち負けの尺度で物事を判断するのであれば、それはつまらない人生になってしまいますが、実社会では常に勝負ですからね。。。子供が現代の社会への適応を願うのであれば、やはり前向きな競争心も大事なのかなと思います。もちろん、傲慢になることなく、敗者への思いやりも忘れぬように。難しいことですが。。。

20090709_card_gameカルタは家に三種類ありますが、「ぐりとぐら かるた」が目下のお気に入り。「めがねのしたから よこめで めくばせ」といった文章もあり、難しいのですけれどね。でも、知らない間に「むぎばたけ」「おしくらまんじゅう」といった言葉も身につけたようです。

こうやって遊びながら自然にひらがなや言葉をおぼえるだけでなく、ゲームをする楽しみ、ルールを守ることの意味、人とのかかわりあい方なども学んでくれるといいな~、といった期待を抱きつつ、今日もカルタとりで遊びましょか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

親子関係

20090703_blumen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親子関係、、、永遠のテーマです。物理的に離れていると、親と口論することはありませんが、母が日本からやってきて2週間。一緒に過ごすうちに、やはり多少の衝突がありました。日本から駆けつけてもらい、色々と手伝ってもらっているというのに、厳しい目で母のことを見てしまう傲慢な自分がいます。いい年齢になって、それなりに経験を積んで、完璧な人間であることがいかに難しいことかを知った今、母親の欠点も受け入れられるだろうと思っていたのですが。。。

子育てをするとき、自分の中で理想の母を思い描くことがあると思いますが、自分の母を基準にしてしまい、描いた理想と実際の自分とのギャップに悩むことがあると聞きます。私の場合は、親を通して、自分の弱みや自分の自信の無さが露呈してしまうことが、一番の課題と言えるのかもしれません。母の発言に固執してしまい、自分の器量の狭さを痛感することとなったり、「やはりカエルの子はカエル」だと悲観してしまったり。。。妊娠中は、ポジティブ思考とネガティブ思考が交錯するとは言え、まずは自分と対峙する必要がありそうです。結局は自分の問題として捉え、自分で解決するしかないんですよね。

少し時間を置き、お互いに向き合って比較的平和的に話し合いをして和解した今となっては、家族関係において一歩を踏み出したようで、有意義な時間だったと感じています。気分を入れ替えて、思いやりの気持ちを忘れず、楽しく過ごさなきゃ損損、と思っています。

母は和食を中心とした美味しい家庭料理を作り続けてくれています。Nの遊び相手になったり、散歩に連れ出してくれたり。毎晩お風呂から聞こえてくる二人の笑い声に、私は癒されています。ありがとう!

 

200907_essen1

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ドイツで朝食を

20090703_fuenfschilling5 

 

 

 

 

 

 

 

 

も通い続けて、毎度お馴染みになってきた、ドイツのFuenfshillingというレストラン。ここは、"Straussi"といって、農家がレストランを営む形態をとっています。新鮮な野菜・果物類のほか、自家製パンやジャム、ヨーグルトなどが、お手頃なお値段で味わえます。先日は、親子三代で、朝から車を飛ばして行ってきました。

 

20090703_fuenfschilling2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テラス横にはお店専属の公園があり、そこで子供が遊ぶ間、絞りたてのリンゴジュースを片手にゆっくりと朝食をとる、なんてことも出来ます。

 20090703_fuenfschilling4_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、帰り際には、隣接の直営店にも寄ってお買い物。何と言っても目を引くのが、今が旬のチェリーの他、カラフルなイチゴ、ブラックベリー、ラズベリー、グースベリーなどのベリー類など。桃やスモモ出始めました。夏の味覚です。そして、秋、葡萄の収穫の時期には、ワインの新種などを目当てにここのお店にやってくる人もいるように、季節ごとの恵みを、目で、舌で、楽しめる場所です。

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

クッションカバーの集い

20090701_lunch

 

 

 

 

 

 

  

 

「クッションカバーを作ったんだけれど、お披露目を兼ねて、ランチしに来ない?」とのお誘い。素敵ですよね、こういうの。母がNを面倒みてくれるというので、二つ返事でお邪魔することに。

急に決まったランチ会でしたが、集まった4人の友達とは、おしゃべりもはずんで、気持ちよ~く楽しみました。ハンドメイドに精を出す、語学学校に通う、旅行先ののスイス人との交流を深める、、、、等々みなさん、しっかり地に根を張って頑張っているんですよね~。

人参の葉の天ぷらはこちらの人にも受けが良い、ゴマペーストはRein Centerで買える、Rein Center近くのトルコのお店の肉がいい、Loerrachのマーケットの旬情報、スイスの片栗粉(Maizena)について、などなど、生活に必要な情報交換もしっかり行って。有意義で、楽しくて、刺激ある午後のひとときでした。

あ、肝心のクッションカバーですが、しっとりと落ち着いた色合いといい、やや光沢のあるエレガントな生地といい、ステキでした♪

20090701_balkon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妊娠事情 日本とスイスの違い

20090617_spital_zimmer

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スイスでは初めての妊娠・出産になりますが、日本との違いを、妊娠17週までに気が付いた範囲で、備忘録として少し書き留めておこうと思います。

★検診と出産の場所が違う。(日本では、通常、診察から出産まで同じ病院に通うことになりますが、こちらでは、診察は個人の産婦人科医にて、出産は総合病院でするのが一般的。ただ、私の場合、出血などの問題を抱えていた為、すでに総合病院での検診に変更。)
★夫と一緒に診療を受けられる。(周りでも、夫婦揃って診察を受けているカップルが多い。)
★行きつけの総合病院では、先生が毎回違う。(希望する先生がいる場合、予約の時点でその先生の診察日を選ぶようにすることは出来る。)
★妊婦用栄養剤を摂るように言われる。(妊娠前から初期にかけてはElevit、現在はGynefamという葉酸なども含む総合妊婦用サプリメントを服用。加えて、私の場合、お腹の張りを和らげるためのマグネシウム、血液検査の結果から足りないと判明したカリウムも処方される。)
★体重・腹囲の管理がアバウト(体重は一応病院で測定するものの、既に5Kg増でも一切注意無し。自己管理あるのみ、触診も今のところ無し。)
★先天性疾患の検査には熱心。(希望者だけじゃなく、普通の検査の一環として行う傾向。)
★エコーは初期と安定期と出産前に3回ぐらい行うのが一般的。(だた、私の場合は、低置胎盤ということで、臨時診察が多かったため、エコーは妊娠4ヶ月の間に10回ほど。やはり、毎回赤ちゃんの姿を確認出来るのは嬉しい。今後もしばらくは二週間に一回のペースで経過を見守る予定。)
★生ハムや肉などを良く食べる習慣がある欧州では、生ハムや加熱処理の不十分なお肉だけでなく、生チーズやカビ系のチーズなどもトキソプラズマ(原虫の一種)の恐れがるので、避けるように注意される。生野菜も良く洗うようにとのこと。お寿司もNGらしい。
★60%が無痛分娩。SwissInfoによると、帝王切開も年々増えており、2全出産のうち約30%が帝王切開。

 

20090617_spital_essen1    

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、妊娠15週で入院した時の病院食はこちらです。最初の夕食は、鶏肉のクリーム煮に、伸びきったパスタとクタクタのほうれん草煮の付け合せ。

 

20090617_spital_essen2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリーム煮はヘビーだったので、次ぎの日は、「軽い食事」を選んだのですが、出てきたのがこちらのチーズプレートでした。茹でジャガイモもてんこ盛り。いやはや、、、ボリュームが違います。そうそう、コーヒーがデフォルトで付いてきたのには意外。

 

20060601_dinner_at_sanno1

 

 

 

 

 

 

 

 

ついでに、Nを出産した山王病院の食事はこちら。和食か洋食を選ぶことが出来ました。比べちゃいけませんね。。。ホテルと見まごう綺麗な施設に、サービスも至れり尽くせりで、入院期間を延ばしたかった程でした。

 

20090622_spital_with_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スイスでも暑さが続いていますが、なかなか出歩くのも億劫になってきました。私のお腹は、母の作るお料理のおかげもあってか、日増しに大きくなっているようです。周りの友達にも「目立つね」「大きいね」「さすが二人目」などと言われています。5ヶ月に入る前からすでに普通のズボンはアウト。マタニティ仕様のズボンに切り替え済みです。でも、なんだか、大きなお腹が愛おしい今日この頃。
"Golden Trimester"を穏やかに迎えられるのも、何よりも母のおかげ。それから、周りに妊婦友達が多いことにも勇気づけられています。秋から出産ラッシュ。賑やかになりそうです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

女三代の時間

20090627_park

 

 

 

 

 

 

 

   

 

女三代、おおかた(?)仲睦まじくやっています。
Nはすっかりばあばっ子となり、夜の寝かしつけの時も、
「ばぁばにこれ読んでもらうの。」とちゃっかりご指名です。

 
20090627_park2

 

 

 

 

  

 

 

 

 

ま、私としては、一人時間が増えるのは喜ばしいこと。
胎動も感じるようになり、お腹がますます大きくなって、すっかり怠け草が
ついてしまった最近では、横になってDVDを見たり、PCに向かったり、
気ままに過ごしています。

 

20090629_gruen80_picnic

 

 

 

  

 

 

 

  

 

特別なことはしていませんが、三人で近場をそぞろ歩きしてみたり、
二言目には、「お茶にする?」と一服したり。
そして、三人でベビーの名前が何がいいかな~とあれこれおしゃべりしてみたり。
そんなのらりくらりが、今の私には効く気がします。

 

20090627_blumemfeld

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »