« カルタ考 | トップページ | 妹夫婦、来瑞! »

エコミュージアム

20090711_ecomuseum1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エコミュージアムとは、エコロジー(生態学)とミュージアム(博物館)とをつなぎ合わせた造語で、ある一定の地域において、住民の参加によって、その地域で受け継がれてきた自然や文化、生活様式を含めた環境を、総体として永続的な(持続可能な)方法で研究・保存・展示・活用していくという考え方、またその実践である。→Wikiより抜粋。

ミュージアムというと、学芸員などの専門家によって高度な文化や技術が守られている、といったイメージがあるのですが、ここ、アルザスにあるエコミュージアムは、さながら「江戸村」や「明治村」、はたまた、いつぞや行ったことのあるAmish Countyといったところ。

広い敷地には、70ほどの木組みの建物の他に、当時の生活様式を感じとれるような陶器屋や鍛冶屋、パン屋などがあります。ここは、そういったアルザスの住環境や伝統を残しておきたい、という人々の思いと努力から実ったミュージアムなんです。

 

20090711_ecomuseum2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古くからの友達家族と一緒に行ったのですが、子供達も大喜びでした。馬車に乗ったり、家畜と戯れたり、当時からある旧式のメリーゴーランドに乗ったり。Nもよっぽど気分が良かったのでしょう、音楽に合わせてグルグルまわりながら踊りだす場面もありました。子供達がご機嫌に遊んでくれると、親たちだって、ゆっくりおしゃべり出来ますからね。行く前は、「せっかくアルザス行くなら、リボヴィレかリクヴィル。エコミュージアムなんてわざわざ行って楽しめるかな。」なんて思っていた私ですが、行って良かった!これぐらいの年齢の子供達にとって刺激が強すぎず、ゆる~い楽しみ方が出来るミュージアム、おススメです。

|

« カルタ考 | トップページ | 妹夫婦、来瑞! »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/30567114

この記事へのトラックバック一覧です: エコミュージアム:

« カルタ考 | トップページ | 妹夫婦、来瑞! »