« いつもと違うコルマール | トップページ | 親子三代おんな旅 »

改めて、バーゼル観光

朝、義理の両親から「午後から遊びに行ってもいいか?」という電話があり、特に予定もなかった私達はすぐさま賛同。夫もバーゼルに戻ってきていたので、夏らしい天候のもと、皆でバーゼル市内観光をすることに。(かなりベタですが。)

20090726_rhein_view_from_mitterele_

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライン河にかかるMittlere Brücke(ミットレレ橋)は、1226年、ライン川に架けられた史上初の橋。1905年にトラム工事のために架けかえられたそうですが、この橋を中心とした風景が、バーゼルらしくて好きです。

 

20090726_rhein_wasser

 

 

 

 

 

  

 

 

ライン川では、泳いでいる(というより、浮き輪にしがみついて川の流れに身を任せている)人々を見かけました。ライン川、色々な楽しみ方が出来るようです。でも、聞くところによると、水温は20℃前後。勇者でない限り、飛び込めません。

 

20090726_overlooking_from_mitterele

 

 

 

 

 

 

 

 

母と義母は大の仲良し。この日も、楽しそうでした。言語の壁が多少あったとしても、持ち前の朗らかさでそれを克服してしまう母の姿勢や度胸、そして誰でも受け入れることの出来る義母のキャパ。そんな二人の母の姿を見るのはいいものです。

 

20090726_grosspapin

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私達は、ライン川沿いを散歩。Nはアイスを片手に、ご機嫌でないはずはありません。それに、よく懐いている義父と一緒だと、”いい子度合い”が増すようです。義父はNのハンドリングが上手。親が主体というスタンスで、厳格過ぎると思える面もあるものの、毅然とした態度・分かりやすい説明は、Nの心を捉えるようです。褒め方もさることながら、叱り方も上手。感情に任せたり、上から押さえつけるような叱り方ではなく、何がいけなかったのか目線を同じにして考えさせる叱り方。そろそろ義理の両親のところへ、Nの従兄弟達が辿ったように、Nも留学させようかしらん。

 

20090726_faehri

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、Fähri(フェーリ)と呼ばれる、水の力だけで両岸を行き来する渡し舟です。フェリーは両岸に固定されたワイヤーロープと結ばれていますが、見えるでしょうか。モーター音こそ無い、静かな渡し舟に乗っていると、150年前にタイムスリップできそう。

 

20090726_faehri2

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、はしゃぐNと一緒では、物思いに耽る事なんて無理でした。。。

 

20090726_drei_koenig  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Les Trois Rois(独名:Drei Könige)というスイスで最も古い、五つ星ホテルにも立ち寄りました。過去には、皇太子妃、ダライ・ラマ、ピカソ、シューマン、ゲーテといった名だたるVIPを迎えたホテルです。この日は、Nのトイレ休憩という名目で。Molton Brownの石鹸にローション、そしてふんわりタオルまで用意されていて、さすがです。次回は、お茶でもしたいものです。

最後は、我が家のファミレスとも言えるテラスレストランで締めくくり。慣れもありますが、歳もとったのかな、、、家族っていいもんだ~、とリラックスして楽しめるようになりました。

 20090726_spitzwald

|

« いつもと違うコルマール | トップページ | 親子三代おんな旅 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ハイジさん 今日も素敵な景色で癒されました(^-^) バーゼルの青空の色は本当に美しいですね。お母様、義父母様とても仲が良くて益々家族の時間が楽しくなりますよねo(^-^)oハイジさん、先日もコメントのお返事ありがとうございました。当時のNちゃんの様子も教えて頂き有り難いです。うちはあれからなかなか調子が良くならず、私は不安で泣きそうになる時があります。三歳児検診で相談しましたが元気に会話も出来るし(その時はたまたま吃音が出ず)他の発達が順調だから吃音だけ治らないということはないと思うから様子みていて大丈夫。と言われたのですが、ずっと一緒にいる私としては心配で心配で‥。Nちゃんのように2.3ヶ月で良くなると良いなと思っていましたが、もう少し長い目でみたほうが良さそうな感じです‥うちの子はあ行の言葉がだめなのですが、Nちゃんはどのような感じでしたか? あと、ハイジさん、相談なのですが私は、なかなか息抜きができません‥。ずっと趣味=育児だったので子供といる時間が長く自分の時間というものを、きっと、あえて作ろうとせず、暇な時間があれば子育てに関する本を読んでそれで満足していましたし、家族で出かける事が楽しかったのでいつも家族で過ごしていました。でも最近は良い意味でもう少し子供の事を頭から離すことも大切だと思いました。そうでないとつい心配ばかりになってしまい余計にいけない‥でも、今いざとなるとどのように息抜きしたら良いのかわからないのです‥苦笑。産前はお友達と食事したりお買い物へ出かけたり沢山遊びました。ですが、今それをしたいかというとなんだか違って‥変な相談してすみません。

投稿: あろま | 2009年7月31日 (金) 19時07分

あろまさん、近況をお知らせ下さり、ありがとうございます。Nの吃音も、やはりア行で吃ることが多かったのですが、それ以外でも「ママ」と言う簡単な単語でも詰っていました。日によってもマチマチでしたね。ただ、歌を歌うときだけは吃りが少なかったので、気が付けばよく一緒に歌を歌っていました。2、3歳は、まだ初期の吃音ですから、高い確率で治ると聞いています。ただ、吃音に対する特効薬はなく、子供に自分の話し方を意識させない、つまり親としてはあまり構えないことが大事なんだと感じました。心配でたまらないときに、あえて何事も無いかのように普通に接するのは、とても辛いことですけれど。。。当時、励みになったのは、周りの人の話。私の育児の先輩も、やはりお子さんが吃音で悩まれていましたが、「結構治るまで長くかかったけれど、全然心配することは無い。」と断言されたことが心の糧になっていました。
それから、息抜きの件ですが、あろまさんのおっしゃること、よーく分かります。私は、周りの欧米人の友達と接していると、まだまだ子離れできていない自分に気づかされます。時折りGirl's Nightと称して食事をしにいったりしていますが、楽しい時間を過ごしていたとしても、やはり心のどこかでNのことが気になっていたり。。。妊娠前にジョギングをしていた頃は、ジョギングが頭を真っ白に出来る貴重な時間でしたが、今は走るなんてもってのほかなので、息抜きらしいことはしていません。あえて言えば、夜、Nが寝入った後にDVDを観たり、横になって胎動を感じてみたり、どこかにお出かけしたり(子連れですが)、ママ友とおしゃべり(結局、育児の話が多かったりするのですけれど)したりする時間が息抜きになっています。無理して趣味を見つけなくても、なんとなく気が向くことをやってみるところからはじめてみてもいいのかもしれませんね~。

投稿: ハイジ | 2009年8月 3日 (月) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/30740596

この記事へのトラックバック一覧です: 改めて、バーゼル観光:

« いつもと違うコルマール | トップページ | 親子三代おんな旅 »