« Cantina Toscana | トップページ | しばしお別れ »

Nの発言集

「〇〇ちゃんに顔をほじくられたー。」というN。多少意味が間違っていたとしても、「ほじくる」「巻きつける」「目をやる」「繰り返す」といった普段使っていない単語もいつの間にか口からポンポン出るようになりました。3歳で1000語、4歳で1600語の語彙を習得するそうですが、努力せずとも自然に吸収できるスポンジのような脳は、羨ましい限りです。

最近は、イソップ物語や「さるかに合戦」「つるのおんがえし」といった日本昔話にはまっています。「ウサギとカメ」も、すっかり内容を理解しています。Nに内容を語らせると、こんな調子で話し聞かせてくれます。「ある日、うさぎとカメがいました。うさぎがカメをバカにして、僕の方が早いよーと言いました。どっちが早いかなぁ~と、キツネに(審判を)頼みました。そして、ウサギはとっとこ駆け出しました。みるみるうちに早く行ってしまって、後ろをみても、誰もいません。途中、ウサギはちょっとだけPause(休憩)をしようとして、眠ってしまいました。カメは、うさぎのところまで来ました。それからウサギは起きて山のてっぺんを見るとカメが手を振っているではありませんか。(ウサギは)悔しくて悲しくて。おしまい。」

車の中から原っぱを見て、「うわー、モンゴルみたいにひろーい。」(モンゴルは行ったことないんですけどね。おそらく「スーホの白い馬」からでしょう。しりとりをしていても「ば」から始まる言葉として時々「馬頭琴」が登場したりしますが、絵本の影響は計り知れません。)

覚えたての「かさぶた」という言葉。「お。『かさぶた』って『ブタ』と似てるねぇ。ブタがかさぶたを食べちゃった。ぎゃはは~。」と無邪気でおやじなNです。

シュピールグルッペでの出来事もぼちぼちと報告してくれます。例えば、「Frau K(K先生)がリンゴを切ったときに、リンゴの中から虫が出てきて、どっかとんでっちゃったの。でも、そのリンゴ、みーんなで、Frau KもLanaもLinaも、食べたんだよ。」 BIOのリンゴをおやつに食べているようです。

DVD鑑賞中に、Nは一人席をたちトイレへ。
「ママ、一人で見てもいいからね。すぐ戻るからだいじょうぶよ。」

「Nちゃん、ママ、好き!」(「ポニョ、そーすけ、好き!」を真似て。とろけます。)

ドイツ語の方はフォローしきれていないのですが、最近は、いきなり食卓でドイツ語の歌を二曲披露してくれました。それぞれシュピールグルッペで歌ったようです。"Komm Schwester, kommt mit mir....einmal rechts, einmal links...." "Am Gebuesch hat es kleine Bluemli..."  スイスジャーマンらしい発音を聞くと、子供がどこか遠くへ旅立ってしまうかのような(←大袈裟?)いくばくかの寂しさを覚えます。

なかなか治らない言い間違え。でも、可愛いから、あえて治していません。
「いい思いがついたー。」→「いいこと思いついたー。」
「ぱべる」→「食べる」
「ちこーててね」→「気をつけてね」
「カピキー」→「柿ピー」

もっとあったような気もしますが。。。頻繁に書き留めておかなくては。

20090927_n

|

« Cantina Toscana | トップページ | しばしお別れ »

「育児」カテゴリの記事

コメント

本当に、どんどん知識を吸収していく子どもの頭って羨ましいですよね。私くらいの年齢になると難しい本など何回読んでも頭に入らず、繰り返し読む度に“新たな”学びをする・・・。ある意味新鮮ですけどね、情けないです。
うちの孫、入学して1週間で埼玉っこから完璧な道産子になりました。“いいっしょ”とか“~だべや”とか、私たちももはや使わない古典的な北海道弁を駆使しています。少々悲しいです。
うさぎとかめのお話の要約、素晴らしいです。今の若い看護師は記録が苦手です。ストーリーをまとめることが出来ないからです。Nちゃんはきっとたくさん本を読んでもらいたくさんお話を聞いて育っているからですね。このまま子育て頑張ってくださいね!将来が楽しみです。

投稿: | 2009年9月29日 (火) 13時39分

スミマセン、又名前忘れ。でも、バレバレのキーワードたくさん入っていますね。

投稿: すーさん | 2009年9月29日 (火) 13時40分

すーさん、お孫さん、さっそく感化されて楽しんでいるようで何よりです。本当に、子供の頭は柔らかいですね~。私も米国で過ごした小学校時代、寝言は英語だったそうです。今は英語なんて忘れる一方ですけどね。。。

そうですね、本は結構読んでいる方だと思います。スイス在住の子育ての先輩から、目的をもたない読み聞かせが功を奏したという話を聞いて、マネっこして意識して始めた読み聞かせ。今では、「読み聞かせている」というより、私も色々ある遊びの中で「本読み」を好んで選んでいるような気がします。なんといっても、二人でゴロンと横になって読むのは快適ですからねー。それに、Nの反応も面白いし、Nが気に入った本は、彼女が「読んでくれる」ので私の役割は実はあまり無いんです。

投稿: ハイジ | 2009年9月29日 (火) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/31556206

この記事へのトラックバック一覧です: Nの発言集:

« Cantina Toscana | トップページ | しばしお別れ »