« 動物園デート | トップページ | ラザニア »

9年の重み

明日は9年目の結婚記念日。知り合ってからはなんと18年。今、私達がこうして家族として生活を続けているのは、ひとえに彼の包容力と強い信念のおかげだと振り返っています。(相手がこの人でなかったら、続かなかったであろうことは、きっと私達のことを良く知っている家族や親しい友人は頷いてくれるはず。。。)

9年前に結婚式を挙げてからというもの5回引越しをしていますが、なんだかバタバタとしていて、精神的にも混乱期がありました。夫に対し、「なぜ理解してくれていない」「私の存在意義は?」「一生一回の人生だからこそエピキュリアンでいたい」などといった気持ちを抱えていた時期です。思えば、これらは私の幼い我侭であり、自分のエゴに因るものなのでしょう。その時、彼は逃げずに私と向かいあってくれたのですが、彼の忍耐力により、立て直しがはかれました。当時のことは後悔していませんが、今となっては、子供を中心に家族が仲良く生活していけることをつくづく幸せだなぁと身にしみて感じています。まさに子は鎹。人はこれを平凡な幸せと呼ぶのでしょうけれど、守るべきものがあるということは、人を少しだけ強くしてくれるようです。

恋愛感情は、生物学上3年で冷めるといいますが、どこの家庭でも恋愛感情が薄れた(あるいは消えた)後、それに代わる、地味だけど確たる信頼や愛着に似た感情を原動力として家族生活を営んでいくのだと思います。我が家においては、夫婦間の温度差があるものの、夫は出会った当初からずっと変わらず、いや、出会った頃以上に、私や家族のことを一番大事にしてくれています。物事に対し前向きで、家族に対し「怒り」の感情を抱いたことがなく、家事のことで一度も文句を言ったことがない人。私の「育ち」も含めてすべて認めてくれる人。もちろん、語学や文化の壁を感じ、意思疎通の面で難しいと感じたり、夫の鈍感さに辟易する時もありますが、私が彼のことを人生の伴侶に選んだことは、人生最良の決断だったと思います。

ちょっとオノロケ過ぎちゃいました。ま、結婚記念日ということで。オノロケはさておき、今感じているのは、これからも双方の努力が不可欠だということ。恋愛感情で突っ走ることはもう出来ないし、倦怠・諦念・期待・老化・疲れといった厄介なものとも付き合っていかねばなりません。これからも、紆余曲折はあるでしょう。でも、荒波を乗り越えていく覚悟と姿勢を再確認しているところです。

 

20090904_olive1※写真は、前倒しでお祝いディナーに行った時のもの。Nの義両親宅滞在中に、二人でOliveに行ってきました。地中海風の味付けがさわやか。

|

« 動物園デート | トップページ | ラザニア »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

素敵なオノロケ、なんだかこちらまで幸せな気持ちになります。ありがとう。
きっと色々なことがあったと思いますが、お二人がいい歩みを続けてこられたんだろうなあと思います。
と同時に、私もこんな出会いがあるといいな、という思いを強くしました。
それまでは、まずは一人の時間を幸せに過ごすことにいたしましょう。

とにもかくにも結婚記念日おめでとうございます!
ハイジさんとダンナさまとNちゃんとbabyの、これまでと今とこれからに乾杯!です。

投稿: naoko | 2009年9月16日 (水) 02時01分

9周年、オメデトウ御座います!
出逢って18年も・・・スゴイ。

うちなんてまだ3年なのに倦怠期よ。まるで口うるさい父親と反抗期の娘状態(笑)
最近は惚れた腫れたはどっか飛んでっちゃたけど、看取るのは自分の役目かな~と漠然と。

どちらかというと私は受身の御主人派かな~と思って読みました。周りを見渡してみると、男女の入れ替わりはあっても、能動的な人は受身の人と結婚してますね~
まさに割れ鍋に綴じ蓋!

こんな風にお惚気できちゃうハイジさんが羨ましいわ~
男の子が生まれると、ご主人が更に頼もしく見えてくるかも知れませんね~

これからもずっとずっと・・・お幸せに☆

投稿: CACA | 2009年9月16日 (水) 03時08分

まずは結婚9周年、おめでとう!そう言えば我が家もそうだったな。。。話を聞く限り、私と似たタイプのMさん。その凸凹コンビだから9年間も一緒にいられたんだと思います。
ある意味向上心のある夫は、この9年間に「別の奥さんを選んでいたらもっと・・・」などという後悔が幾度となく過ぎったに違いないが、私は一度たりともそんな風に思ったことはなかったなあ。「相手にどう思われてるんだろう?」「私のことを大切に思ってるんだろうか?」ということは、いくら考えても問い詰めても結局推測の域を越えないから、「どうせこの人は私じゃないとダメなんだし」という根拠のない自信に胡坐をかいて、今の状況で自分が幸せならそれでいいや、て満足しちゃうんだよね。それが相手にとっては「鈍感」にも映るんだろうけど、そこは大目に見ていただいて。。。
きっとMさんもそんな感じなんじゃないかな。一年に一度でも「自分を伴侶に選んだことは最良の決断」と思ってくれるだけで、こうして言葉に綴ってくれるだけで、万々歳だと思います。
これからもお幸せにね。

投稿: よしこ | 2009年9月16日 (水) 09時29分

naokoさん、どうもありがとう!naoぴょんには当時から色々と相談に乗ってもらったね。山あり谷ありだったけれど、今は育児に追われる忙しい毎日ながらに、心に平安が宿っている気がします。
今になって改めて感じるのは、恋愛と結婚は別物だということ。私は自分の気持ちに正直に生きたいと思っていたけれど、身勝手と自由を履き違えていたのかも。。。
12月に二人目が生まれると、しばらくは育児中心の生活が続きそう。でも、目を外に向けたり、自分の時間を少しでも確保することが出来たらいいなぁと願っているところ。幸せは心の持ちよう、それを実践しているnaoぴょんは素敵です。

投稿: ハイジ | 2009年9月18日 (金) 13時00分

CACAさん、メッセージ、どうもありがとう。18年だなんて、自分でもビックリしちゃうわ。もちろん、大学の統計学の授業で知り合ってから、しばらくは学友(?)関係だったんだけれどね。当時は、お互いに、「さえない学生」ぐらいにしか思っていなかったのに、まさかこうなるとは。。。まさに腐れ縁です。
本当に、夫婦って上手く出来ているなぁと感じます。私はCACAさんの包容力、忍耐力、そして何よりもAくんを守り抜く、育てあげるといった気概に感服です。ご主人は幸せですね。でも、きっと私が折々にふっと感じるように、ご主人もCACAさんの有り難味を感じているはず。男の人だから、そういった気持ちを表すことは、難しいのかもしれないけれどね。また、お酒の席で、色々と語り合いたいわ~。

投稿: ハイジ | 2009年9月18日 (金) 13時01分

よしこさん、お互いに、「おめでとう」だね!年末からはファミリーメンバーも増えて忙しくなるけれど、やはり夫の協力なしではやっていけないものね。
実は、こうやって、あたたかい気持ちで夫婦関係を見直せるのは、現在平日は遠距離であることも手伝っているのかも。実際、毎日顔をあわせるようになると、どうしてもツンツンしちゃうのよねぇ。。。こういうのも、相手が甘えられる相手であるからこそなのだろうけれど。
大抵の夫婦は凹凸コンビ。だからこそ(?)上手くやっていけるというのは、古今東西通じるようで面白いよね。よくよく思えば、夫はまさに「善人」タイプなので、自分の嫌な面が浮き彫りにされちゃうのよね。それで、イライラしているのだから、夫にしてみればたまったもんじゃないのだろうけれど。とにかく、私の課題としては、もっと適当に、「いい」加減に、そして、自分に対して優しくなることかなぁって思っています。

投稿: ハイジ | 2009年9月18日 (金) 13時03分

 色々あるのが、いいと思います。
色々あって、乗り越える時に見えるもの、乗り越えた後に見えるもの、
そんなものが全て人生の宝物になっていく、そんな確信があります。
ハイジさんもそんな感じなんじゃないのかな~と読んでいて思いました。
それにしても、何だかだんなの手のひらで転がされている感じなのはうちとよく似ているなぁ~。
相手に対する感謝と尊敬の気持ち、それから信頼を持ち続けて、ますますステキな夫婦に成り合っていきたいですね♪

何だか私にとっても、この記事とても新鮮でした♪
(結婚した時期は違うけど、知り合った時期までほぼ同じだし笑)

投稿: Mic | 2009年9月18日 (金) 20時42分

Micさん、ご主人と知り合った時期、手のひらで転がされている点など共通項が多くて嬉しいです。そうなんですよねー、相手の方が一枚ウワテというか、今思うと、私一人で勝手に騒いでいたような気がしないでもありません。(^_^;) 友達にも言われたことがあるのですが、大きな海が夫だとすると、そこで自由に泳ぎ回っているのが私だそうで。
ま、雨降って地固まるではないけれど、これからはなるべく平和に楽しくやっていきたいなと思っています。子育てにおいても夫婦関係の基盤がしっかりしていることは大事ですものね。

投稿: ハイジ | 2009年9月20日 (日) 21時38分

結婚9年目おめでとう!
心よりお祝いします。
はやいもんだねぇ。しみじみ。
時に振り返り、この人と結婚してよかった、と改めて感謝することも大切だね。
私も見習わなければ。

投稿: tohro | 2009年9月21日 (月) 18時28分

tohroさん、どうもありがとう!
私の場合、感謝はしていても上手に伝えられなかったり、つい感情的になったあげく相手の優しさにつけこんでキツクあたってしまったり、まだまだ未熟です。最近は大喧嘩はないけれどね。(って威張る話ではないか。)
とにかく、山あり谷ありだったけれど、ずっと私たちのことを見守っていてくれて、どうもありがとう。これからもよろしくね。

投稿: ハイジ | 2009年9月21日 (月) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/31222250

この記事へのトラックバック一覧です: 9年の重み:

« 動物園デート | トップページ | ラザニア »