« カボチャ農場 | トップページ | 「ちょっとだけ」 »

サーカスがくれた夢

20091003_circus_nock1_3 

 

 

 

 

 

 

 

 

スイスの代表的なサーカスであるCircus Nock(ノックサーカス)を見に行ってきました。 バーゼルメッセの会場に近い、Rosentalという一角に、テントやワゴンが並んでいました。昔ながらのスタイルと雰囲気にどこか懐かしい郷愁を感じつつ、過去へタイムトリップしたような気分にさせられます。

 

20091003_chaplin

 

 

 

 

 

 

 

 

会場内に入ると、目にとまったのがこちらの絵。このノックサーカス団の監督はチャーリー・チャップリンの息子であるユージーン・チャップリン氏なんですね。

 

20091003_circus_nock2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公演内容ですが、スイスのCircus Knie(クニーサーカス)と比べると、動物たちの出番が少ないようにも感じましたが、空中ブランコ、ジャグリング、フラフープ、バランスアクトなどアクロバット系の曲芸は見ごたえがありました。演目の間には、ピエロが出てきて、言葉を発することなく、パントマイムと奇妙な発声音だけで、皆を笑わせてくれます。少々くだらないと思えるジョークもありましたが、Nや他の子供たちの笑いのツボはしっかりおさえていたようです。

 

20091003_buch

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、このサーカスのことはこの本で知りました。夫が子供の時に読んだ本です。Ursula Huber(著)Celestino Piatti(絵)による、アンティーク本。サーカスで働くノック・ファミリーの実際の暮らしぶりが綴られています。次の興行へと向かう道中の様子、出番まで練習や衣装合わせをする模様、テントの中で勉強に励むサーカスの子供たち、一族の台所をまかなう「おかみさん」の姿、、、などなど、言ってみればサーカスの舞台裏が淡々と描かれています。

 

20091003_ponyreiten

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記の本はさほど興味を示さなかったNも、実際のサーカスには釘付けでした。(多少、飴玉と、休憩時間のアイスクリームでつったりもしましたが。。。)三歳児にとって二時間という公演時間は長いと思うのですが、途中「わおー!」「こわーい!」などと歓声をあげたり、拍手をしたり、一丁前の観客でした。ちょうどいいご褒美となったのが、公演の後のポニー乗り。同じアリーナでポニー乗りが出来るなんて、子供の心を鷲づかみにしますね。

 

20091003_vor_dem_zelt

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一週間たった今でも、しっかり記憶に残っているようで、「空中ブランコはすごかったねー。普通に乗るんじゃなくって、ブラブラしてたー。」と熱く語ります。バレリーナになりたいという夢も一段とふくらんだようです。とは言え、時々、絵描きさんにもなりたいとも言うので、小さな乙女心はいろいろと揺らいでいるようですけどね。 (^_^;)

|

« カボチャ農場 | トップページ | 「ちょっとだけ」 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

サーカスの醍醐味はスリル満点の空中ブランコ、ハラハラドキドキがなんとも堪らないのですが、おなかの子は大丈夫かい?って勝手に心配してしまいました。
Circus Nock, Caffe Chicco DORO, Zoo
のサインが、いかにもそちらのサーカスらしいなぁと思いました。カフェあり、動物ありで、一度に3つも楽しめちゃうわけですから。
Nちゃんの雄姿に嬉しくなりました。観客席に手を振る余裕は、誰に似たのでしょう?
それにしてもMさんの絵本といい、モデルになったNockサーカスといい、双方今でも健在なのに驚きました。物を大事にする文化、息の長さ、さすがヨーロッパだと思いました。脱帽!

投稿: rosemary | 2009年10月13日 (火) 13時12分

rosemaryさん、その通り、大人が見ると、「命綱がないぞ。」「動物がこちらに飛び越えてきたらどうしよう。」なんていろいろと考えてしまう訳で、違うレベルでのドキドキ感も増しますね。それに、このサーカスで活躍する女性たちは、(中国雑技団など比較すると)なかなか立派な体格で、その女性たちを持ち上げたりする男性陣の腕や腰の強さにも驚きました。
Nのサーカスデビューは安泰に終わりました。手を振り、飴もくわえちゃって(よくよく考えれば、これって危険ですね。。。)度胸だけは据わっているようです。

投稿: ハイジ | 2009年10月13日 (火) 13時31分

チャップリンの息子さん。知りませんでした。今度来た時に行ってみようかな??
Nちゃんも楽しんだとのこと、子どももOKのサーカスなのね。
Knieではピエロ役の人の演技でしか反応しなかったの。

投稿: Sakura | 2009年10月13日 (火) 18時13分

Sakuraさん、こじんまりとしたファミリー的なノックサーカスは、結構子供向きかなと感じました。年齢的にはチビSakuくんぐらいがちょうど良いのではないかしら?Nは最近バレリーナ熱が上昇中なので、踊ったり、飛んだり、というアクロバット系の出し物がツボにハマッたようです。

投稿: ハイジ | 2009年10月14日 (水) 13時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/31748559

この記事へのトラックバック一覧です: サーカスがくれた夢:

» 更年期 ツボ [更年期 ツボ]
更年期のツボについての情報です。 [続きを読む]

受信: 2009年10月15日 (木) 09時28分

« カボチャ農場 | トップページ | 「ちょっとだけ」 »