« サーカスがくれた夢 | トップページ | 和食で打ち上げ »

「ちょっとだけ」

20091011_puzzle2 週末の朝、日本からの小包が届きました。Nと同じお誕生日のハルちゃんのママからです。

ハルちゃん直々のお葉書(ママの注釈付)に加えて、携帯できるプリンセスパズルや、辛子明太子入りのお煎餅など。とっても嬉しかったです。どうも有難うございました!

さらには「ちょっとだけ」(瀧村 有子 (著), 鈴木 永子 (イラスト) という絵本。暖かいタッチの絵も魅力的なのですが、何よりも主人公の「なっちゃん」とまもなくお姉ちゃんになるNが重なり、胸を打たれてしまいました。赤ちゃんのお世話で忙しいお母さんの手を煩わせまいと、甘えたいのを我慢したり、自分一人でやってみようと頑張るなっちゃん。それが健気でいじらしくて。。。最後のシーンは涙無しでは読めません。

子供の気持ちは、本当に繊細です。私自身も二人姉妹の姉として、「お姉さんらしくしなきゃ」という気持ちを子供時代ずっと抱いていました。実際は、「寂し20091011_buechleinい」という気持や甘えたいという気持ちを抑え過ぎて空回りしたり、卑屈になっていたこともあります。そのことを思うと、なっちゃんの素直さが胸に響きます。

この絵本のお母さんも素敵です。暖かく見守ることにより、上の子の自立を促しているだけでなく、最後のシーンですっと出てくるセリフから分かるように、上の子の気持ちも上手に理解してあげているんですね。私は忙しいとき、Nに対して「もう三歳なんだからしっかりしてよ。」という気持ちが先走ってしまいがち。。。子供は、「気持ちを理解してもらえる」「受け止めてもらえる」「見守ってもらっている」ということが分かるだけでも、安心感を持つのでしょう。

こんなお母さんを目指したいと思いつつ、素敵な絵本との出会いをつくってくれたはるみみさんに感謝です。いつもどうもありがとう!

|

« サーカスがくれた夢 | トップページ | 和食で打ち上げ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
はじめまして。
お子様の純粋な気持ちはいつまでも大切にしたいですね。
あの澄んだ瞳。。。
お子さんは宝です。
いつまでもその純粋な気もで育っていただきたいですね^^^

投稿: 一心 | 2009年10月14日 (水) 17時47分

いつも一生懸命子どもに向かおうとしているハイジさんのブログに、読むたびに感動します。これを大きくなったNちゃんが読んだらきっと感激するでしょうね。

うちの長男に弟が出来たのは1才7ヶ月の時、このちっちゃいのが何か良くわからないようでよく目に指を入れようとして困ったのを思い出します。Nちゃんは3才、きっとちゃんと分かりますよね。逆に“おねぇちゃんなんだから”という頑張りすぎが心配ですね。
現役時代、40才で始めて子を持った師長が居ました。とても毅然とした子育てをしており、3才の誕生日に“○○子、あんたの今年の目標はなんなの?”と訊いたという話しがありました。みな爆笑、そして、それはやりすぎでしょう!とブーイングの嵐でした。

投稿: | 2009年10月15日 (木) 02時07分

ごめんなさい、上記名前忘れ。

投稿: すーさん | 2009年10月15日 (木) 02時10分

兄弟姉妹の育児をふたたびかんがえさせられました。素敵な本とめぐりあえてよかったですね。おともだちにかんしゃ!ですね。
あたたかく見守る、難しいけどトライしてみようとおもいました。
お互いがんばってみましょうね。

投稿: saharu | 2009年10月15日 (木) 10時09分

はじめまして、サチと申します(o^-^o)
とっても素敵なブログで、一気に読み進んじゃいました☆
お嬢さんもとっても愛らしくて、素敵です♪
私もスイスに住んでいるので、うなずける記事がたくさんありました。
これからも遊びに来させてください( ^ω^ )
更新楽しみにしてます!

サチ

投稿: サチ | 2009年10月15日 (木) 21時09分

 ハイジさんの周りには、ホントに心がこもったステキなものや、心が優しくなるものが集まってくるようになっているのでしょうね~。
いい本に出会えて、良かったですね☆
何だか、私も嬉しくなりました。

私の娘達が小さかった頃にこういう環境にいたかったなぁ~、なんて事も少し思っちゃいましたが…いえいえ、今彼女達が元気である事に感謝して、今やれる事、をやらなくちゃね☆

投稿: Mic | 2009年10月15日 (木) 21時22分

こんにちは。
届いたんですね! お姉ちゃんになるNちゃんに、好きなプリンセスのパズルを、と思って書店でうろうろしてたときにタマタマ
出会った本なんですが、立ち読みしてて
自分の育児と比べてしまい、いろんな意味で
涙が出そうになりました・・・
ハルは割となんでも口に出すほうだから
そんなに心配はしてなかったけど、
子供の素直な甘えたい気持ちもあるんだ、もっと親が察してあげつつ、手を差し伸べるとこ、見守るとこを考えないとな、、って
思わさせてくれた絵本でした。
もうすぐお姉ちゃん、いや、お腹にいるんだからもうお姉ちゃんか。
Nちゃんとハイジさんへどうしても
贈りたくて一緒に入れちゃいましたw
気に入っていただけたようでよかったです。
これから出産にむけて、心身ともに
強く! ママがんばってくださいね♪

投稿: はるみみ | 2009年10月16日 (金) 12時41分

一心さん、ご訪問ありがとうございます。子供は本当にピュアですよね。子供から学ぶことはたくさんあります。

投稿: ハイジ | 2009年10月17日 (土) 21時11分

すーさん、年齢差が近い二人の息子さんを育て上げたすーさんに拍手です。妹と私も同じぐらいの歳の差ですが、やはり母も苦労したんだろうなぁと思います。私自身は、本当は子供の年齢差は、2歳ぐらいが理想かな~と思っていましたが、Nが2歳前後の時はまだまだ手がかかって大変だっただろうと今になって思います。ただ、年齢差があいたのは良いとしても、その分私は歳をとっちゃいましたからねぇ。これから男の子の体力についていけるかちょっと心配です。。。
毅然とした子育て、面白いですねー。子供扱いするのではなく、一個の人間として対等に向き合うことって大事ですものね。でも、「一年の抱負」を元旦の食卓で聞かれるのが嫌で嫌でたまらなかった小学生だったころを思い返すと、そのお子さんにちょっぴり同情しちゃいました。

投稿: ハイジ | 2009年10月17日 (土) 21時16分

saharuさん、その子が抱えている気持ちに気がついてあげるだけでも、子供はだいぶ安心するようですね。特に、長女のMちゃんはお姉ちゃんとして我慢をしたり、健気に頑張っていまるものね。(私は、つい長女にエールを送りたくなる傾向があるようで。。。)一緒にかけっこ(最近はしていませんが)したりする時に見せる、キャッキャッと笑う無邪気な笑顔を見ると、普段はしっかり者のお姉ちゃんだけど、まだ遊びたい盛りの子供なんだなぁって思うことがあります。実際二人の子育てが始まると、右往左往しそうですが、いろいろ教えてくださいね。

投稿: ハイジ | 2009年10月17日 (土) 21時18分

さちさん、お越しいただきありがとうございます。同じスイスなんですねー。スイスという特異(?)な国に住んでいると、共感する部分が多かったりしますよね。また遊びにきてくださいね。意見交換などしていけたら嬉しいです。のちほど私もお邪魔させていただきますね~。

投稿: ハイジ | 2009年10月17日 (土) 21時19分

Micさん、そうですね、私は環境的にとても恵まれているのでしょうね。スイス(その中でもバーゼル)という子育てをしやすいおおらかな環境と、理解ある友達と、寛大で協力的な家族と。日常に流され当たり前のように感じてしまっている節がありますが、指摘されると、改めて周りの人たちへの感謝の気持ちがわいてきます。
きっと、親ってそのときそのときで一生懸命なんでしょうね。完璧な育児なんて無いとわかっていながらも、後悔が先走ってしまうこともあります。でも、後悔する時間があったら、Micさんの言うとおり、今やれる事をやるって姿勢が大事なんでしょうね。がんばりまーす。

投稿: ハイジ | 2009年10月17日 (土) 21時20分

はるみみさん、本当に素敵な本、そして沢山の心温まる贈り物をどうもありがとうございました。Nと誕生日が一緒なだけでなく、性格なども似ているかなと思われるハルちゃん。はるみみさんがどのように接しているのか、本当に参考になります。今は、二人目が生まれたら、Nの甘えたい気持ちを上手に受け止めてあげようと思う余裕がまだありますが、実際、二人目が生まれるとどうなるのかちょっと不安でもあります。そんなときには、何度でもこの本を読んで、今のこの気持ちを思い起こしたいと思います。先輩ママからのエール、本当にありがたく頂戴いたしました。これからもよろしくお願いしますね。

投稿: ハイジ | 2009年10月17日 (土) 21時21分

この絵本ちょうど他の人もブログで紹介してて気になってました。内容ちょっと聞いただけでもうるっweepと涙しちゃいました。笑;なんかお姉ちゃんがいじらしいというか。。最近うちのお姉ちゃんも赤ちゃん返りなのか?授乳の時おっぱいを欲しがるので、なんて対応したらいいか困ってますcoldsweats02なるべく寂しがらないよう構ってスキンシップを図るようにはしてるんですけどね〜。。。coldsweats01娘なりにちょっとづつお姉ちゃんに成長してるのかな〜?なんてこの絵本を見ると思っちゃいますね。

投稿: アミーガ | 2009年10月24日 (土) 01時58分

アミーガさん、先日拝見したお写真では、あゆみちゃんは随分とお姉ちゃんらしくなったなぁと思ったのですが、きっと赤ちゃんに戻りたくなることだってありますよね。Nも、私が妊娠してからというもの、私の耳たぶをしゃぶるんです。おっぱいの代用?みたいです。今は、お姉ちゃんになるのが楽しみで仕方ないようですが、実際赤ちゃんが生まれるとどう変わることやら。。。
この本、本当にジーンときます。タオルをご用意あれ。

投稿: ハイジ | 2009年10月25日 (日) 14時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/31771473

この記事へのトラックバック一覧です: 「ちょっとだけ」:

« サーカスがくれた夢 | トップページ | 和食で打ち上げ »