« こんな週末 | トップページ | ダウン、そして復活 »

ドイツの田舎でのんびり

20091105_ferienwohnung1

 

 

 

 

 

 

 

 

親子3人最後の旅行地として選んだのが、シュバルツバルト(黒い森)。
1ヶ月程前にそこに滞在した友達から、子供も楽しめて、かつ大人ものんびりと
ダラダラしたいのなら打ってつけだとリコメンドをもらい、そこに決めました。
バーゼルから車で約1時間半。
臨月を目前にして、万が一のときにはトンボ返り出来る距離も決め手となりました。 
 

20091105_ferienwohnunginnen

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

滞在したのは、Ferienwohnungというカテゴリーに入る、農家が経営する宿泊施設です。
広さも十分あり、自分の家のようにくつろぐことの出来る、家族向けの休暇用アパート。
ドイツらしい機能的で清潔な室内には、キッチンも付いていて、食器から調理器具まで
何でも揃っています。(Ferienwohnungは、ドイツ観光局によりその清潔さや設備の点など
星マークで評価されているようです。)価格的にはホテルと比べるとずっとお値打ち。
今回滞在したのは、6人まで泊まれる部屋タイプでしたので、次回は両親や友達を
誘ってみるのもいいのかも。 

 

20091106_hase

 

 

 

 

 

 

 

 

アパートは、厩舎と隣接していて、動物達といつでも触れ合うことが出来ます。
ウサギや豚に餌をやったり、猫を抱っこしたり。
家畜の餌やりは、残飯を細かいルール(例えば湿ったパンやパスタの残りは豚に、
乾燥したパンや人参はウサギにといった具合。)に従って与えて良しとなっています。
その他のゴミの分類も細かく指示があり、そんなところにもエコ大国ドイツを感じました。 

 

20091106_ponyreiten_im_wald2

 

 

 

 

 

 

 

 

Nが大いに喜んだのはポニー乗り。Nはドースケという名の小さいポニーが気に入り、
滞在期間中は毎日乗馬を楽しみました。鞍やヘルメットは適当に(!)借りて、
手綱を握るのも自分達で。「草を食べさせてはいけない」、「手綱は短く持つ」、
「馬の後ろに立ってはいけない」、といった三つの約束さえ守れば、いつでもどこでも
乗馬を勝手に楽しんでいいというから、自由度には驚かされます。
また、広い敷地内には子供の遊び場もあり、雨に振られた最終日以外は、
寒さに負けじと外遊びを楽しみました。

 

20091106_ponyreiten_im_wald3

 

 

 

 

 

 

 

 

また、アパート周辺は、黒い森という名前の通り、針葉樹が生い茂り、迷い込んで
しまいそうな細道や粗道がたくさんあります。紅葉はほとんど終わっていましたが、
冬の到来を感じながら落ち葉を踏みしめながら歩くのもなかなか粋です。
シュバルツバルトにあるTitiseeへはにも日帰りで遊びに来たことがありますが、
白く雪化粧をした森も美しいですしし、夏には避暑地としての魅力もあり、
四季を通して違った表情を見せてくれます。

 

20091105_noodeln

 

 

 

 

 

 

 

 

食事に関しては、基本的には自炊、飽きたら近場で外食という形をとりました。
スーパーで買った食材をそのまま味わう、、、といった簡素な食卓でしたが、
それでもお腹いっぱいになりました。まずいことで有名(?)なドイツの食事ですが、
パン、チーズ、ヨーグルト、ハムなど基本的な食材は、噛めば噛むほど味わいが出て、
美味しいものです。(とは言いつつも、持参したカップ麺が有難かったりもしましたが。。。)

 

20091105_n_2

 

 

 

 

 

 

 

今回の場所は、どこにでもあるようなドイツの田舎なのかもしれませんが、自然とともに
生きていることが肌感覚で実感できる、極上の場所。
美味しい空気を胸いっぱい吸って、動物達と触れ合い、夜には満点の星を拝んで。
この場所を勧めてくれた友達に感謝しつつ、自然のヒーリングパワーを改めて感じた
旅行となりました。

|

« こんな週末 | トップページ | ダウン、そして復活 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

家族三人水入らずの最後の旅行、たっぷりの愛情を独り占めにできたNちゃんの表情は満足気です。どれもいい顔にみえます。12月には4人家族、晴れてお姉ちゃんになるけれど、それと共にちょっと我慢もしなくちゃの場面が出てきたり・・。そんな時、「ちょっとだけ」の絵本が、大きな役割を果たす事でしょう。いい本を頂きましたね。

日本でもドイツの農家を見習った宿泊施設を作るところもあるそうですが、
ここまで快適な滞在ができるかどうかは、農家の意気込みと田舎の環境、観光協会や村役場の本気度が試されます。体験学習だけでは、いまいち魅力に欠けますモンネ。

投稿: rosemary | 2009年11月11日 (水) 08時59分

あはは、テーブルの上のタヌキそばらしき物に笑ってしまいました。日本からのお持ちこみですか?。こういうのを見ると料理全くダメの私はすっかり嬉しくなってしまうのです。
それにしても、1時間半で外国に行けるなんて、普通に国際性が身に付きますよね。日本は島国だな~とあらためて思います。外国に行くのはひと騒動の準備が普通だし、いまだに外人さん(?)が珍しい・・・

良いところで、良い休暇をされましたね。夫さんの優しい配慮を感じます。予定日は12月とのこと、精神的にも体力的にも蓄えをつくって、元気な良い子を産んでくださいね。

ところで、Nちゃんのまるまると着ぶくれた姿を見ると結構寒いのかな?と思ってみています。緯度は北海道と同じくらいだったでしょうか・・・

投稿: すーさん | 2009年11月11日 (水) 10時59分

ドイツで緑のたぬき!!
日本にずっと住んでてはなかなか体験できないシチュエーションかもww
ホント、ちょっとそこまで、で「外国」へいけるのは日本人からしたらすごくうらやましいことかも・・・
でも、実際、欧州にお住まいの方は、逆に
外国へ行く、という特別な感じとは
あるんでしょうか?
日本からだと、まずは飛行機、全く異なる言語、などかなり特別感がありますが・・・

今度は4人での旅行ですねw

投稿: はるみみ | 2009年11月11日 (水) 12時56分

いつか私たちも訪れてみたいです。
みなはポニーが大好きですし。
自然と戯れるのは素敵なことです。
ゆっくりできてよかったですね。

投稿: saharu | 2009年11月11日 (水) 21時15分

rosemaryさん、旅行中は、「いつおうちに帰るの?」と何度かたずねてきたNですが、帰ってきた今となっては「また旅行、行こうね」、と連発しています。「星がたーくさん見えたね。」「二人(二匹)のブタがたくさん食べたね。」などとふと思い出しては語っています。
こういう過ごし方が出来ると、農家に対する親しみもわきますね。普段飲んでいる牛乳も美味しく感じられるし、ゴミ処理方法に関してもエコ意識が芽生えますしね。もともとドイツ人やスイス人は、こういうFerienwohnungを利用する質実剛健(ケチ?)な人たちが多いので、繁盛するのではとも思えます。もしかして、宿泊施設を提供する側の努力だけでなく、利用客の意識変化も必要なのかもしれませんね。

投稿: ハイジ | 2009年11月11日 (水) 23時44分

すーさん、この緑のたぬき、実は頂き物なのですが、こちらではなかなか手に入らない分、贅沢品。3人で仲良く分けて食べました。(日本食が好きな夫を持つと、こういうときシェアしなくてはならないのが、たまにキズ。。。)
スイスは本当に小さい国なんです。ここバーゼルは特に国境沿いにある街なので、ドイツ・フランスへのアクセスがとても良いんです。ちなみにイタリアやオーストリアまでも車で5時間程度でしょうか。ふいに国境を越えることもありうるので、パスポートないしは滞在許可書をいつも持ち歩いています。緯度的にも、気候的にも、北海道と同じくらいだと思います。滞在したところは若干小高いところにあって、夜は2℃まで冷え込みました。帽子、手袋、ずぼんの下のタイツは欠かせません。

投稿: ハイジ | 2009年11月11日 (水) 23時44分

はるみみさん、緑のたぬきは、こちらで買う場合、おそらく日本の4、5倍ほどのお値段がすると思います。もったいなくって、最後の一滴まで味わっちゃいました。
確かに、ここバーゼルからドイツへ行く場合、ドイツ語圏ということで同じなので、余計に外国に行く気分を味わえないかもしれません。日本から海外に出る場合の方が、特別感や異国情緒を深く感じるかもしれませんね。ちなみに、スイスのTV番組は、ドイツやフランスなど外国の番組の方がスイス独自の番組よりずっと多いんです。3、4ヶ国語は平気で操るスイス人、「外国」や「外国語」に対する意識も日本人が感じるものとは違うのでしょうね。
乳幼児と一緒だと、しばらくは旅行はお預けですが、また4人で旅行できる日が楽しみです。

投稿: ハイジ | 2009年11月11日 (水) 23時45分

saharuさん、ここはYさんから教えてもらった宿泊場所なんです。Eちゃんもポニーに乗ったり、楽しんだようですよ。私たちも、期待以上の満足感を得られました。子供がいると、人が大勢集まる観光地より、こういった場所が落ち着きますよね。スポーティーなsaharuさんのお子さん達だったら、一日中、野山をポニーと歩き回りそうだわ。ドイツはスイスと比べて、宿泊料だけでなく、すべてが安く感じられますね。帰りは、ドイツのスーパーで食料品を大量に調達して帰ってきました。

投稿: ハイジ | 2009年11月11日 (水) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/32152407

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツの田舎でのんびり:

« こんな週末 | トップページ | ダウン、そして復活 »