« 誕生 | トップページ | 出産記録 »

退院後いろいろ

20091128_l 退院してから一週間。授乳中心の毎日が過ぎていきました。赤ちゃんとの生活は、寝る・飲む・排泄するといった基本活動の繰り返しで、生活がどんどんシンプルになっていく気がします。

幸い、家事全般およびNのお世話を義理の両親がみてくれたので、私はLのお世話に集中できましたし、細切れながらに、体を休めることができました。買い物から三食の準備、洗濯、子供服の整理、たまっていたワイシャツのアイロンがけ、バッテリー交換に出していた車の引き取り、病院への送迎などなど、あらゆる面で助けてもらいました。食事中に授乳をすることもありましたが、お皿に盛った料理を片手で食べやすいように小さく切ってもらったり(食べながら授乳だなんて、あさましい姿ですが、終始お腹がペコペコの私。赤ちゃんのためにもせっせこと食べませんとね。)Nの運動量が足りないと思われる時には、動物園に連れ出してもらったり。。。70才を過ぎた義両親に甘え過ぎています、私。

Nの生活リズムと言えば、まだ乱れっぱなし。退院後は、なるべく以前と同じリズムを保てるように、、、と思っていたのですが、まだ難しいです。でも、今は、「こうするべき」という観念はなるべく捨てて、その時その時を乗り越えていくだけ。Nにとって義両親との時間も大事ですし、赤ちゃんを迎え入れる過程にNを巻き込むことも大事かなぁとも思われ。なるべく、Nにも手伝ってもらったり、意見を聞くようにしたりして、疎外感を感じさせないように気をつけています。

そんな家族の協力があってか、Nは気丈にがんばっています。時折り、私の耳たぶをしゃぶったり、ミルクを立て続けにこぼしたりして気をひこうとしたり、変な行動もちらほらと見せていますが、酷い赤ちゃん返りはありません。でも、今週こそは、私とNの二人だけの時間を確保したいところ。

20091127_spital さて、Lですが、黄疸が出てしまいました。黄疸とは、血液中の赤血球が壊されてできたビリルビンが肝臓で処理しきれず増加して、皮膚や粘膜が黄色くなる症状をいいます。 このビリルビンの数値が退院直前に上がってしまったので、地元の小児科で再検査を要請されました。二日間に渡り診察に行ったところ、数値がさらに上昇。27日の夜から急きょ病院に戻り、光線治療を受けることになりました。病院では、豚インフルの流行で治療室に入れる人に制限がかかっていたので、私だけがLに付き添うことに。簡易ベッドとシャワー室も見せられ、長期戦を覚悟。そして、夜の21時から治療が開始されました。赤外線を浴びるのでアイマスクをし、オムツ一丁になって透明のケースに入れられたLの姿には胸が痛みました。Lは相当嫌がり、激しくもがくので、ケースの真ん中に置かれていたのに、頭が端にぶつかるまで移動。本当に、痛々しく、傍で見守るだけで何も出来ない自分がもどかしくもありました。でも、幸い、一晩明けて再度採血をしたところ、数値も下がり、無事に退院できることになりました。今は、自宅で極力ウィンターガーデンなど日当たりのよい場所(と言っても、ここのところずっと太陽は出てくれず。厚く覆われた雲が恨めしい。。。)で過ごすようにしています。

そんなこんなで過ぎていった一週間。母は強くならねば、と感じた一週間でした。今週からは、単身赴任が終わり早々と休みに入った夫とともに、家族4人の生活が始まります。

|

« 誕生 | トップページ | 出産記録 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

久しぶりのブログアップに飛びつきました。読んでて途中でハラハラ、ドキドキ・・・Lくんの黄疸治療は大変でしたね。季節柄、新型インフルエンザの心配もしなければならないし・・。でも乗り越えたようでホッとしました。赤ちゃんの生命力も強いけれど、母の愛も強いようです。こうしてだんだんと逞しくなっていくのでしょうね。頑張ってください。義両親のお世話もあり難いですね。優しい人たちで本当によかった!!Nちゃんのお姉ちゃん心理は微妙ですから、赤ちゃんに体がとられてても、たっぷりの目と口でせっしてあげてくださいね。とにかく黄疸の一件、事なきを得て本当によかったです。今日はお日様が出るといいですね。

投稿: rosemary | 2009年11月30日 (月) 02時22分

新生児黄疸出ちゃいましたか。
Aも保育器に入ってるときは光線治療しましたので分かります。
数値の上下で光線治療を何度も繰り返しましたから。
一度自宅でママを独り占めの心地よさを知ってしまったから、保育器は「なんかちがうぞ?」と思ったのかな、Lくん。

Nちゃん、耳たぶちゅーちゅー可愛いね!
Aも相変わらずおっぱい弄りたがって困ってます。
3歳になってすっかりお兄さんお姉さんらしくなって・・なんて思ってると幼稚園大丈夫か?なんて思ったり。
やっぱりまだ3歳なんですよね~

将来のことを考えるとNちゃんにお手伝いを頼むことも大事だし、自尊心をくすぐって良いでしょう。もちろん、2人だけの時間があってこそですが。この辺りはハイジさんも長女で気持ちはお分かりでしょうから心配要らないですね!

しかし、素晴らしい義両親さまだこと!
丸ごと大事にされて、ハイジさんもNちゃんもLくんも幸せね~
そんな光景を見てMさんの優しいお顔が更に緩んでいる様子が目に浮かびます。
Mさんのご帰還が待ち遠しいですね!

投稿: CACA | 2009年11月30日 (月) 04時40分

義両親のヘルプ、ホントに良かったですね~、
うちも上娘が黄疸が出ました。何度か光線治療していたなぁ~それでも私が入院中のことでしたから、そんなに大変じゃなかったかな。まだ太陽のある時期でもありましたから…早く、少しでも晴れて欲しいですね。
一度家に帰って、それからまた病院に、ってのはまた気が張る出来事でしたね、本当にお疲れ様でした。
Mさんもう帰ってきたんですね、それこそ何だかタイムリー!

投稿: Mic | 2009年11月30日 (月) 20時02分

rosemaryさん、昨日月曜日も採血したところ、ビリルビンの数値が上昇も下降もせず、ということで、ひとまず様子見ということになりました。峠は過ぎたようで、ホッと一息ついているところです。あとは、本当にお日様に出てきてもらえるようお天道様に祈るのみ。
二人の面倒はやはり大変ですね。今日の午前中はMは諸々の野暮用でいなかったのですが、授乳中に「お尻ふいてー」とトイレからNの声がしたり、手がいくつも欲しいところでした。

投稿: ハイジ | 2009年12月 1日 (火) 22時06分

CACAさん、A君の乗り越えた道のりと比べると、たいしたことないのに、うろたえちゃいましたねぇ。5回に渡る採血も、足の親指に針を刺して、細長い管に血を入れるのですが、Lの足が冷えていたせいか血がなかなか出ず、ギューっと絞り出すんです。それを見るのも辛くって。目指すは肝っ玉母さんなのに、オロオロしちゃいました。
光線治療では、夜通し、Lの横に簡易ベッドを置いて見守った訳ですが、私の不安な心境が伝わっちゃったのかも。それにしても、Lはよく暴れたので、アイマスクもすぐにズレてしまい、鼻と口が覆われるので、その都度直してあげてました。A君はおとなしくしてくれていたのかな?
耳たぶチューチュー、笑っちゃうでしょ。聞くところによると、おっぱいの代用だとか。ま、目くじら立てずに好きなようにさせているけれど、時々、わざと歯を立てるので困ったもんです。

投稿: ハイジ | 2009年12月 1日 (火) 22時10分

Micさん、Juliちゃんも黄疸が出ちゃったんですね。私がもう少し長く入院していたら光線治療をすぐに受けていたのかもしれませんけれどね。早くに退院しちゃったから、地元の小児科を介しての長いプロセスになっちゃいました。
Mが戻ってきてくれて一安心です。「亭主留守で、、、」と思うことも無きにしも非ずですが、やはりこういう時は居てくれて助かりますねぇ。Mは家事から子供のお世話までマメマメしく働いていますよー。Nもすっかりパパっ子になりつつあって、「Papiiii」「Ja, mein liebes」といった二人の甘い会話が続いています。今日なんて、Waldspielgruppeへの送迎をお願いしていたのに、別れ難い(?!)ということでずっと付き添っていたそうな。こんなんでいいのでしょうかねぇ。

投稿: ハイジ | 2009年12月 1日 (火) 22時12分

 新生児を迎えた慌しい生活が目に浮かんできます。黄疸、落ち着いて良かったね。産後の身で泊り込みは大変だったねぇ。うちも2人とも出ました。下の子は保育器に入っていた間に治療したんだけれど、上の子は退院後で、ドクターからの連絡でレンタル業者が機械を持って自宅にやってきたの。光の出るシート状のものを身体に巻きつけて寝ていました。おもしろいでしょ。
 パパも帰ってきてやれやれね。我が家も夏休みに戻ってきたあと、また不在だったんだけれど、先週からようやくロンドン勤務になりました。このまま落ち着いて欲しいです。
 パパのご両親の活躍もすごいですね。素直に甘えられて、気持ちよく手伝っていただける関係を築きあげているハイジさん、さすがね。ハイジさんにとっても、Nちゃんにとってもおじいちゃま、おばあちゃまにとっても、とても素敵な状況ですね。
 下が産まれたときのナツの様子ですが、1歳5ヶ月と小さすぎて、あんまり参考にはならないですね。たぶん、Nちゃんはおじいちゃん、おばあちゃんがお手伝いに来ている間はきっとそんなに寂しくなく、むしろ赤ちゃんが生まれて嬉しく思うだろうけれど、みんなが帰ってしまって、ハイジさんと子供達だけの普通の生活に戻った初期の頃が一番寂しく感じるのではないかなと思います。

投稿: Kana | 2009年12月 2日 (水) 15時25分

Kanaちゃん、体験談シェアしてくれてありがとう。光の出るシートとは面白いですね。アメリカでの体験だよね。その方が、裸ん坊にならなくてすむし、何より自宅にて治療が出来るのがいいですね。確かに産後の泊り込みはちょっと体にこたえちゃいました。夜の7時過ぎにお医者さんから電話があって、すぐに光線治療のため病院に来て下さいというので焦ってしまったわ。(すでに私はパジャマ姿だったし。)Lは裸になって手足をバタバタさせたので、胸や足に引掻き傷が出来てしまいました。
ご主人はようやく晴れてロンドン勤務になったのね!おめでとう。長い間、お疲れ様でした!ナツちゃんもTくんもがんばりましたね。これからはKanaちゃんも少し楽してね。
今日は私がNをシュピールグルッペにつれていきました。Lも一緒なので、何をするにも倍の時間がかかっちゃいますね。でも、1歳5ヶ月しか違わない兄弟を連れて異国の地でがんばっていたKanaちゃんのことを思うと、私もしっかりしなきゃって気になるわ。Nとの時間配分、心の折り合いをつけるにはまだちょっと時間がかかりそうだけど、ぼちぼちがんばるね。

投稿: ハイジ | 2009年12月 3日 (木) 10時28分

うちの息子も黄疸が出ました。結構長く出ていましたよ。
とても皮膚が茶色くなっていて、とても心配しました。
私も彼のために太陽が出ることを願ってますね。

投稿: saharu | 2009年12月 6日 (日) 00時28分

saharuさん、そうだったんですね。やはり冬生まれだと、日光不足で長引いたりしちゃうんでしょうか。Lは今だに少し黄色く見えます。特に、色白のNと並ぶと余計にそう見えるので、心配。。。明日はMuetterberatungがあるので、いろいろと聞いてこようと思っています。

投稿: ハイジ | 2009年12月 7日 (月) 14時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/32424635

この記事へのトラックバック一覧です: 退院後いろいろ:

» 客観的に扱う [アトピー日記]
アトピー [続きを読む]

受信: 2009年11月30日 (月) 02時00分

» 貸し子供服レンタルの情報 [貸し子供服レンタルの情報]
貸し子供服レンタルの情報です。 [続きを読む]

受信: 2009年12月10日 (木) 01時04分

» ブランド子供服リサイクル買取販売の情報 [ブランド子供服リサイクル買取販売の情報]
ブランド子供服リサイクル買取販売の情報です。 [続きを読む]

受信: 2009年12月11日 (金) 04時40分

» 福袋 ミキハウス、20,000円の子供服の福袋 [福袋 ミキハウス 2010通販情報]
福袋 ミキハウス 2010通販情報では、子供服の人気ブランド、ミキハウスの2010年福袋の楽天通販情報をはじめ、先行予約、限定福袋情報をお伝えします。 [続きを読む]

受信: 2009年12月13日 (日) 16時02分

« 誕生 | トップページ | 出産記録 »