« クリスマス色 | トップページ | 上の子の心 »

自転車

20091212_velo

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

先週末、スイスの両親が再び手伝いに来てくれました。遊びに来てくれるのではなく、文字通り「手伝いに」、です。夫と私は子供二人のお世話にまだまだ余裕がなく、二人とも疲れ果てて言葉数も少なくなってきたときに、救世主のごとく来てくれました。

少し早いのですが、Nへのクリスマスプレゼントまで持って。(クリスマスの日にはチューリッヒの実家で会えるのですが、その時にはその他のクリスマスプレゼントを沢山持ち帰るであろうと、私たちの車のトランクのスペースを考慮して、早々と持ってきてくれたんです。)

そのプレゼントが、この自転車。セカンドハンドで買ったものを、綺麗に磨いて、少々手直しをしてくれました。Nの反応と言えば。。。お気に入りの人形を乗せることのできるかご付き、しかもピンク色。まさにNのストライクゾーン。お天気になるのを待ちきれず、家の中で試乗と相成りました。キッチンで自転車を乗り回すのだけは勘弁を、と言いそうになるのをグッとおさえて。この日だけは多めに見てあげましょうか。

|

« クリスマス色 | トップページ | 上の子の心 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あはは、二人とも疲れ果てて言葉数も少なく、というところに実感がこもっています。まさしく危機一髪に現れる義ご両親ですね。そして早めのクリスマスプレゼントがセカンドハンドの自転車、なんてしゃれているんだろうと感動しました。私なら見え張ってピカピカの新車を買うかもしれない。でも、すぐ小さくなっていくらも使わないのですよね。殆どいたんでいないセコハン、資源保護にもなります。そちらの方の合理性ってこういうところにも違いがでるのですね。ハイジさんのブログはいろいろ勉強になります。
もう一組の救いの神ががきっと間もなく到着ですね。もしかしたらもう着いていらっしゃる?。こういうときはウ~ンと甘えてこき使った方が親って嬉しいのですよ。まだ親の役目があった、って実感出来るのです。
大家族の楽しい時間をお楽しみください。でも、くれぐれも混浴温泉(?)には行かれませんように!

投稿: すーさん | 2009年12月17日 (木) 12時18分

すーさん、そうですね、見栄という言葉とはかけ離れた義理の両親。本当に大事なモノを知っている人たちです。中身で勝負できるから、流行やブランドにも左右されません。一般的に、スイス人には、そういった質実剛健な人たちが多いように感じます。
さて、もう一組の助っ人ですが、二日前に無事に(今回はすんなりと)到着しました!昨晩から、時差をものともせずに色々と手伝ってくれています。そして、我が家の食卓は、魚の粕漬けや、ひじき、煮豆、讃岐うどん、アナゴのお寿司などと、これまでとは打って変わって豪華になりました♪ Nをシュピールグルッペに迎えにいって帰宅すると、だし汁のいい香りが漂ってくるなんて、幸せですよね。おかげで元気が出て、お乳もたくさん出ています。育児は人が多ければ多いほど、楽になりますね。昔の大家族の意義を痛感したりします。
ブログ内容はタイムラグがあるようで。。。のんびり更新で、またこちらの様子をお知らせしますね。

投稿: ハイジ | 2009年12月17日 (木) 14時28分

大変な時期のご両親のヘルプ、ありがたいですよね。
思いっきり甘えてくださいね。

キッチンで自転車。試乗とはいえすごいです。

投稿: Sakura | 2009年12月18日 (金) 11時40分

Sakuraさん、キッチンでの初乗りは、やりすぎよね。。。靴脱ぎ場があいまい化したり、室内履きをおやつと一緒にかばんに入れちゃうのも平気に感じられる今日このごろ。スイス人化してきちゃったのかな、、、と気になるところです。

投稿: ハイジ | 2009年12月21日 (月) 18時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/32626462

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車:

« クリスマス色 | トップページ | 上の子の心 »