« 怒涛のような一週間 | トップページ | 2010年 »

クリスマス

20091224_tree

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      

 

恒例となった義理のお姉さん宅でのクリスマスディナー。
家族・親戚たちが集まります。

生セコイヤのクリスマスツリーがイブの夜を盛り上げてくれます。

  

20091224_singing

 

 

 

 

 

 

  

       

16時に集合した後は、義理のお兄さんのギター伴奏にあわせて
皆で歌を歌ったり、(義理の姉・兄は教会のコーラス・グループに
所属していたので、歌が上手。)、子供たちは楽器の演奏をしたり、
ゆる~い時間が流れます。

  

20091224_geschenk_aufmachen

 

 

 

 

 

 

 

    

子供たちお待ちかねのプレゼントの開封タイム。
プレゼントを開ける度に、感謝の意をこめて贈ってくれた相手にキスをするので、
これだけでも、相当の時間がかかるんです。

  

20091224_kindertisch

 

 

 

 

 

 

 

  

写真撮影・歓談(?)をはさんで、19時頃からようやくお食事。
子供たちは別テーブルでしたが、Nは自宅にいる時よりもちゃんと座って
食べていました。(やれば出来るじゃん!)
面倒見がよい年上の従兄弟たちがいてくれると、親は断然楽ですね。
ちなみに、今回は義母によるカシミールカレーでした。
この献立、義母の十八番なのですが、日常的にもよく食卓に登場したりします。

 

20091224_n_mit_cousine

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、スイスで何回目のクリスマスを迎えたことになるのでしょう。
すっかりお馴染みとなった一見繰り返しとも思える風景の中でも、
子供たちの成長を実感したり、自分の心の変化に気づいたり、
ささやかな発見を楽しむ自分がいたりします。
そして、善良で、飾り気がなく、ファミリーの絆を大事にする家族・親戚の
有り難味を感じつつ、素敵なイブにありがとう!

  

20091225_geschenke

 

 

 

 

 

 

 

 

家に帰ってから、もらったプレゼントを広げてみました。
今年は大人同士のプレゼント交換は無しにしようと事前に
打ち合わせていたはずなのですが、ふたを開けるとこの通り。
でも、ま、一年に一回ですからね。多少の労力、お金、時間を惜しまず
楽しんじゃうのもアリかな~、と。
手作りのクッキー・ジャム・ロウソクのほか、Nには玩具、
LにはZwillingの名前入りのテーブルウェアなどなど。

 

20091225_regenschirm

 

 

 

 

 

 

 

 

目下、Nをとりこにしているのが、こちら。特殊ペンで色塗りが出来る傘です。
世界でたった一つだけのオリジナル傘となるわけですが、
これを差して歩くと目立ちそうだなぁ。。。

さてと。今年もあとわずか。4人に増えた家族、そして私の両親とともに、
和気藹々と一年の締めくくりにしたいです。

|

« 怒涛のような一週間 | トップページ | 2010年 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ハイジさん、こんばんは。
今年も素敵なクリスマスをお過ごしになったのですね。生セコイアの木はさすがにホンモノとしての威厳すら感じます。日本でもIKEAなどで生木が販売されているようですが、殆どの家庭はフェイクのツリーですから。そして、以前、訪れたザンクトガレンの街中で見かけた生セコイア?の販売所を思い出しました。スイスの皆さんはこういうところでツリーを買われるのだなぁと羨ましく思った瞬間でした。

さて、先日は大変失礼なコメントをしてしまったと反省しきりです。ハイジさんや旦那さんなら当然ご存じのことだろうし、他人から言われることではない、とお感じになった内容ではなかっただろうかと、胸を痛めています。自戒の念としての思いの強さからのこと、と寛大なお心で受け止めていただければと思っております。お気持ちを害されていなければいいのですが・・・
そんな中、我が家で早速、父親としてどうなんだろうか、という事件が起こりました。備忘録としてアップしておきましたので、お時間がある時にでもご一読いただければと思っています。こどもを叱る、と言うことはホントエネルギーを使うし、辛いことだといつも感じます。

投稿: グリンデル | 2009年12月28日 (月) 19時56分

忙しい時間を過ごされているようですね~、
愛情いっぱいのクリスマス!読んでいるこっちまでとっても嬉しくなってきます。Nちゃんも可愛がってくれる人がいっぱいいて、良かった良かった♪
ハイジさんの体調はどうですか?
私の場合、忙しくなってきて疲れ&ストレスがたまりだすと決まって乳腺炎を発症していましたので(滝汗
これだけ忙しくしているハイジさんが少々心配に…あ、でもだんな様もいるしご両親もみえるから大丈夫かな?
お父様、本当に大変でしたね、Kちゃんも心配していました。
とにもかくにも、皆さん無事で年を越せる事ができて何よりです!
良い年を迎えてくださいね。

投稿: Mic | 2009年12月30日 (水) 19時36分

グリンデルさん、ちょうどクリスマスシーズンにスイス観光されたんですね。特別な雰囲気がありますよね。こちらでは、日本とは逆に、本物のモミの木を見ることの方が多いです。日本だと門松はやはり本物を、、、と考えるように、こちらではツリーに対して本物志向が強いのかもしれませんね。昨年は本物のモミの木を飾りましたが、今年はその余裕無しでした。本物の木は、買うタイミングも難しいんですよね。早すぎると、クリスマスのときには干からびてしまいますし、遅すぎると、形の良い木が売り切れてしまっていますし。来年もヨーロッパにいたら本物を飾りたいな、と思っています。
先日のコメント、ありがたく拝見したんですよ~。母・父の役割分担について、つい忘れてしまっていましたら。ご指摘いただいて感謝しています。これからも率直なご意見、よろしくお願いします。のちほどグリンデルさんのブログにも遊びに行きますね。

投稿: ハイジ | 2010年1月 3日 (日) 10時18分

Micさん、先日は、素敵なグリーティングカード、ありがとうございました!みなさんの笑顔の素敵なこと!私も自然な笑顔で写真に写ることが出来たらなぁって思いました。
父の入院は本当にビックリでした。21日に緊急入院、そして25日はカテーテル手術。これまで不整脈は時折り出ていたのですが、今回は一時期は脈が210ほどまで上がり、家族一同慌てました。父本人は手術は日本に帰ってからでも、と最初は決めかねている様子でしたが、こちらの医療水準の高さ、先生たちの説明のわかりやすさ、スタッフの親切さに、そして成功率の高い手術と説得されて、こちらで受ける決心がついたようです。結果、無事に手術が終わり、以前より体調が良くなったと父は言っています。昨日はMとTechnoramaに行ったり、見違えるように元気になりました。普段は当たり前に感じてしまう健康ですが、有り難味を改めて感じますねぇ。Micさんがたもどうぞくれぐれもお大事に~。

投稿: ハイジ | 2010年1月 3日 (日) 10時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/32775271

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス:

« 怒涛のような一週間 | トップページ | 2010年 »