« 退院後いろいろ | トップページ | クリスマス色 »

出産記録

20091126_nl

 

 

 

 

 

 

 

 

すっかり育児に追われる毎日。特に何をしたという訳ではないのに、日々、飛ぶように過ぎていきます。夜も、3時間置きに起こされるので、どうしても寝不足。。。頭がボーっとしていて、PCに向かうことさえやっとの日も。昨晩は、どうしてもまとまった睡眠が欲しくて、夫にナイトシフトを依頼。夫は粉ミルクと格闘していたようですが、おかげで今日の私は幾分すっきり。今のうちに、出産当日の流れ、それから感じたことを備忘録として記しておきます。

08:30 検診。(子宮口がすでに開いているので、当日入院することに。
     これまで初老(?)の先生に診てもらってきましたが、まさか当の本人が
     メスを握るとは思えなかったので、手術は腕のいい先生にお願いしようと
     手術担当の先生が誰になるのか尋ねたところ、本人が担当するとのこと。 
     心の中で唖然。)
09:30 いったん自宅に戻り荷造り。(この頃には心を決めたのか、家族・親しい友人への
     連絡、両親とSkype、洗濯、夫と娘にお昼ご飯の準備とまめまめしく動き回る。
     ちなみに、私は飲食禁止。)
12:00 病院到着。入院。
12:30 諸々の手続き。(必要書類に記入したり、まだ決まっていなかったミドルネームを
     考えた後、家族3人そろって昼寝。モニターをつけ、赤ちゃんの心拍など確認。)
17:00 手術準備開始。(Nは研修生の方に、預かってもらう。夫は立会い。)
17:20 手術開始。
18:01 誕生!
18:30 手術室を出て別室に移動。
19:30 麻酔が切れる頃なのか、痛みが強くなる→痛みどめを打ってもらう。
20:00 我が子との対面。(初乳与える。)
21:00 軽食。(パン、ビスケット、ヨーグルト、フェンネルのお茶)
22:00 病室に移動。(点滴、尿管はつけたままだが、この日から母子同室。)

 

200911_wartezimmer  

 

 

 

 

 

 

 

突然決まった手術ではあったものの、医師に信頼をおいていたのと、助産婦さんや麻酔などその他の担当医がそれぞれ丁寧に説明してくれたので、安心して手術にのぞめました。実際、スイスの医療技術水準の高さなのか、麻酔の種類なのか、医師の腕なのか、痛みも少なかったです。Nのときは、手術直後は痛みが酷く、リクライニングのベッドの傾斜を変えるだけでも痛みが走ったものでした。今回は、当日から母子同室を申し出る元気さえ残っていて、翌日には立って、少しずつ歩けるようにもなりました。

手術は硬膜外麻酔。よって、胸から下は麻酔がきいていて感覚が全くありませんが、意識はハッキリしているので、Lが生まれた瞬間の産声もしっかりと聞くことが出来ましたし、枕元で立ち会っていた夫とともに、少しの間、Lを抱っこすることも出来ました。Nのときともそうでしたが、この時ばかりは自然と涙が出て胸が熱くなりました。小さくともよくぞ頑張って生まれてきてくれたという感激と、この子がずっとお腹にいたんだなぁという感慨深さ。わが子に対する愛おしさでいっぱいになりました。

 

200911_wochenbett

 

 

 

 

 

 

 

  

授乳に関しては、Lとの愛称は良いようです。Nのときは、授乳の途中でNが寝てしまったり、乳首を口に持っていっても、のけぞって手足をばたつかせたり、一苦労。私自身も母乳だけで足りているのか心配で、ミルクを足したり、痣が出来るほど搾乳したりと、母乳育児が起動に乗るまで3ヶ月はかかりましたっけ。。。対して、小柄で弱々しく見えたLですが、頑張って大きくなろうとしているのかな、、、とてもよく飲みます。黄疸が酷かったときは若干飲む量が減ったものの、今ではすっかりよい飲みっぷり。

 

200911_stillen

 

 

 

 

 

 

 

 

順調な母乳育児ですが、産後4日目には、おっぱいが張ってしまって助産婦さんに手を借りることになりました。授乳後に、PastaboliやQuark(フレッシュチーズの一種)を塗ってクールオフするそうです。入院中は、Pastaboliを貼ってもらいましたが、これ、独特のにおいがする湿布のようなもので、ひんやりと気持ちがいい上、炎症をおさえる効果もあるそうです。日本では、ジャガイモ湿布などが使われますが、所変わればですね。

 

200911_essen_3

 

 

 

 

 

さて、食事編です。日本で帝王切開の手術をしたときは、24時間以上食べ物・飲み物を口にすることが出来ず、ようやく食事にありつけると思ったら、10倍粥、5倍粥とおかゆから段階的にスタート。これが、結構、ひもじかったんですよね。。。スイスでは、手術3時間後には、パンやヨーグルトを口にすることが出来ました。その後も、朝・昼・おやつ・夜、とボリュームある食事が続きました。決してスイスの病院の食事が美味しい訳ではありませんが(失礼!)、私の場合、高カロリーの食事は体力の回復に役立ったようです。

 

200911_zimmer

 

 

 

 

 

 

 

 

病室です。広さもあり、シンプルながら、機能的。

 

200911_badezimmer

 

 

 

 

 

 

      

  

シャワー・トイレ。

 

200911_wickeltisch

 

 

 

 

 

 

 

 

室内には、オムツ替えの台もあります。これが結構便利。かがんだり、しゃがんだりする動作が傷にひびくので、立ったままオムツ交換が出来るのは有難かったです。その他、台の上には、オムツの他、Octenisept(おへそ用消毒液)、Milchzucker(粉末タイプの乳糖。消毒液を乾かすため。)、体温計なども完備されています。

 

200911_aussicht

 

 

 

 

 

 

 

 

病室からの眺め。うっすら明るくなりはじめる7時頃、この景色を眺めながら、赤ちゃん誕生の嬉しさをかみしめていたものです。

赤ちゃんの沐浴指導も一回受けました。お湯の温度は37℃で石鹸やシャンプーはいっさい使わず、ガーゼでささっとなでておしまい。上がり湯も無し。水が硬水意で皮膚が乾燥しやすいのと、西洋の赤ちゃんの皮膚の違いといった理由もあるのかな。皮膚が乾燥している場合は、オリーブ油をたらして入れるとよいそうです。それにしても、ものの3分程度の簡単沐浴、まさにカラスの行水です。そして、沐浴は毎日ではなく、週に1~2回程度でよいというから驚きです。今、家では、折り合いをつけて(?)二日にいっぺんの沐浴です。

 

200911_zeichnung

 

 

 

 

 

 

 

 

ドタバタ出産でしたが、Lが元気に生まれてきてくれたことと、私自身の回復も早かったことを改めて嬉しく思うとともに、産後も家族や友達、病院の方々たくさんの人に支えてもらえたことに感謝して。

 

20091203_l

 

|

« 退院後いろいろ | トップページ | クリスマス色 »

妊娠」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

シンプルだけどお洒落な病室!
Lくん、Nちゃんと良く似てるけどご主人寄りな感じ?生まれたての赤ちゃんって旦那さんにそっくりだモンね~
男の子って吸引力がハンパないのでビックリすると思うよ~
同室だと色んなお世話するんだね~
日本はおへそのケアってするのかしら・
しかし、Lくん癒されるわ~

投稿: CACA | 2009年12月 8日 (火) 05時50分

ハイジさん 出産~今までのご様子ブログで拝見できて嬉しかったです。黄疸治療の時等は精神的にも大変でしたよね。お疲れ様でした。しかし早くに良くなられて良かった(#^-^#)産後の回復も順調でなによりです。高カロリーなお食事などが良かったこと等私も産後の参考にさせて頂きます。産後の回復について今からとても不安でして‥当たり前ですが長男の時より年をとっているので体力的なことや傷跡の痛み等不安です。今気をつけていることは鉄のサプリを採ったり風邪とインフルエンザ対策しているくらいで、運動は全くしていません(>_<)ハイジさんは体力作りされていましたか?
ハイジさんお身体の為に当分はマイペースで育児されてくださいね。

投稿: あろま | 2009年12月 8日 (火) 16時13分

一番上のお写真とっても素敵です。
ブログを読んで本当にまたはいじさんにあいたくなりました。
ひよこのときにだんなさんに会えました。改めて素敵なだんなさんですよね。一生懸命手伝っておられるのがひしひしと感じられました。
出産記録、なんだかあたたかく、懐かしい時間を思い出しました。

投稿: saharu | 2009年12月 8日 (火) 22時29分

CACAさん、Lの顔、日によって変わる気がするけれど、
トロンとした優しい表情は確かに夫譲りだね。
いやいや、それにしても、本当にすごい吸引力だわ。
かぶりつくように吸い付いてくるので、最初は痛い!と悲鳴をあげています。
おへそケア、日本では病院にいる間はやってもらっていたような。。。
その後は、自宅で消毒、そして赤チンをつけてたっけ。
書き留めておかないと、ドンドン忘れちゃうね。
そうそう、NKさんから嬉しいメールが届いていました。
連絡してくれたのね、どうもありがとう!

投稿: ハイジ | 2009年12月10日 (木) 10時22分

あろまさん、高カロリーな食事は、日本では乳腺が詰まるからと
いう理由で控えめにとるように言われていますよね。
こちらでは、何を口にするか、まったく気にしなくても良いようで、義理の両親が
お祝いに来てくれたときも、箱一杯のプラリネを持ってきてくれました。
体力づくりは、中期にはよーくNと一緒に散歩をしていましたけれど、
後期に入ってからは怠けていたかも。。。
巣作り本能の一種なのか、お掃除は頑張ってしていました。
いよいよですね。嬉しいニュース、楽しみにしています。

投稿: ハイジ | 2009年12月10日 (木) 10時23分

saharuさん、月曜日のひよこは、雨の中の送り迎え、大変でしたね。
傘(あの大きなバギーを押しながらでは傘は無理ですよね。。)もささずに
びしょ濡れになって送り迎えをされている、saharuさんはタフですごい、
と夫はビックリしていましたよ。お疲れ様でした。
クリスマス会ではお会いできるかしら?とても楽しみにしています!

投稿: ハイジ | 2009年12月10日 (木) 10時24分

皆さまのあとに遅れて一言だけ、Nちゃんのお顔がどことなくおばぁちゃまの若き日に似ていると思いました。以上です。

投稿: すーさん | 2009年12月10日 (木) 11時32分

すーさん、ふふふ、そうですかー。でこちんなんですよね。ここは誰に似ている、そこは誰に似ている、なんて話をするのも楽しかったりします。

投稿: ハイジ | 2009年12月12日 (土) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/32524734

この記事へのトラックバック一覧です: 出産記録:

» 書類の書き方 [書類の書き方]
書類の書き方についての情報です。 [続きを読む]

受信: 2009年12月15日 (火) 13時45分

« 退院後いろいろ | トップページ | クリスマス色 »