« 上の子の心 | トップページ | 雪の日 »

一ヶ月検診

20091220_l

 

 

 

 

 

 

 

 

Lが生まれて早1ヶ月。赤子がいると、ただでさえ早く感じる暮れの月日の流れに加速をかけるように毎日が過ぎてゆきました。

雪の振る中、Lの検診へ。(日本では、一ヶ月検診は母親の産後検診と一緒になることが多いのですが、こちらでは子供は小児科の診療所で、母親は通常は出産した産院でと別々。)ちなみに、Nは4ヶ月の時に来瑞したので、スイスで一ヶ月検診を受けるのは初めてです。

生まれたときと比べて、しっかり成長していました。

     出産時   一ヶ月後
体重      2440g         3520g
身長       46cm         50.2cm 
頭囲       34cm         36.5cm

ちなみに、Nのときはこちら。

     出産時   一ヶ月後
体重      2942g          4050g
身長      47.5cm        53.4cm 
頭囲      36.5cm        38.0cm

一ヶ月で4~5割り(毎日30g以上)体重が増えるなんて改めて驚きます。

身体測定の後は、目・皮膚・外陰部のチェックなどのチェック、反射・聴覚テスト、ビタミンK2シロップ投与、そして、検診は股関節のエコー。最後には、ビタミンD3を処方してもらいました。スイスでは、生まれて一年間はビタミンDを毎日赤ん坊に服用させるとのこと。それほどスイスの冬は日光不足。骨の成長のためにも、カルシウムの吸収を良くするビタミンDが必要ということなのでしょう。

気になっていた黄疸についても質問したところ、目の白い部分に少し残っているものの、大丈夫だろうとのこと。あとは、右に向く癖があるため、頭の右側がやや平らになっているということと、陰嚢に水がたまっているということと(こちらは様子見。多くの場合、自然に治るとのこと。)以外は、順調に成長しているとのことでした。ということで、一安心。

|

« 上の子の心 | トップページ | 雪の日 »

「育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/32703285

この記事へのトラックバック一覧です: 一ヶ月検診:

« 上の子の心 | トップページ | 雪の日 »