« 両親、帰国 | トップページ | 二ヶ月検診 »

Lの洗礼式

話しが前後してしまいますが、両親がまだ滞在中だった1月5日。
この日は、両親を含めて6人でバーゼルからチューリッヒへ向かいます。
チューリッヒの教会で、Lの洗礼式を行うためです。

 

20100105_auto

 

 

 

  

 

 

 

  

愛車のエスパスは、後部座席を追加出来て、大勢でも乗り込める点が便利。
それにしても、子供が増えると、荷物が増えますねぇ。
加湿器まで3台も乗せちゃっているので、かなりぎゅうぎゅう詰めでした。

  

20100105_pause

 

 

 

 

  

  

 

    

お昼過ぎにチューリッヒに到着。まずは、お茶を飲んだり、
クリスマス・クッキーの残りを食べたりして、エネルギー補給。
こんな時つくづく思うのですが、双方の両親が英語を話せて良かったなぁと。
両親同士で旅行に行ったりしてしまうほど仲が良いのも、意思疎通が出来てこそ。

 
 

20100105_dinner

 

 

 

 

 

 

         

  

16時頃にはMövenpick系列のGruet Farm というレストランに集合し、早めのディナー。
総勢21名ということで、全員同じメニュー(チキンストロガノフ)を事前注文。
味付けはちょっと薄かったようで、参加者はお塩・胡椒の回し合いで忙しかったです。
ちなみに、Mövenpickというとビーフタルタルが名物ですが、
このお店はFlügeli(チキンウィッグ)が有名。

 

20100105_kerzen

 

 

 

  

 

 

 

   

食事の後は、教会に移動。教会は、9年前に式を挙げた教会でもあり、3年前には
Nの洗礼式を行った教会でもあります。ここへ来ると、今まで自分が歩んできた道のりを
振り返ることが出来るような、何か胸にこみ上げてくるものがあります。
そして、19時、洗礼式は始まりました。

 

20100105_pfarrer

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

  

神父さんのゆったりオーラ、キュッと上がった口角も相変らず。
参列者の名前を間違えなかったり、冗談を飛ばしたり、頭の回転も冴えていて。
堅苦しい行事が、カジュアルでアットホームな雰囲気で執り行えたのも、
神父さんのお人柄に負うところが大きいのでしょう。

 

20100105_wasser

 

 

 

 

 

    

 

          

ハイライトである、頭に水を注ぐ「洗礼の儀式」です。
頭に水を注がれても、そのまま眠り続けたL。
二人目気質なのか、肝が座っています。(鈍感なだけ?)

 

20100105_goetti

 

 

 

 

 

 

 

  

Lのゴッドファザーは夫の友人、ゴッドマザーは夫の二番目の姉にお願いしました。
日本では、ゴッドファザー、ゴッドマザーの慣わしは無いので分かりづらいのですが、
親に何かあった時の後見人の役割、あるいは一緒に遊びに出かけるなど、
時間を共有しながら、生涯にわたり子供の成長を見守る役割を担います。
「イベントごとにプレゼントをくれる気前の良いおじさま・おばさま」程度に
考えていたのですが、実際は、もっと重たい役のようです。
この日、Nのゴッドファザーも参列しましたが、Nにつきっきりで面倒をみてくれました。
親にとっては有難い存在です。

 

20100105_all

 

 

 

 

 

 

  

  

そして、最後に集合写真で締め。中国から義理姉ファミリー、日本からは
私の両親もそろって、記憶に残る洗礼式となりました。
これだけ温かく見守ってくれる家族・友人がいて幸せものだね、L。

|

« 両親、帰国 | トップページ | 二ヶ月検診 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

日本で育った私には、なにもかもが
新鮮な儀式ですが、Nちゃん、Lくんに
とってはステキな、人生の中での重要な
日なんですね☆
世界中から、Lくんのために家族が集結するなんて、Lくんにはこの先とても
幸せな未来が待ってるでしょうねw
ゴッドファザーの慣習あったらいいのに・・・

投稿: はるみみ | 2010年1月22日 (金) 09時17分

はるみみさん、そうですね、夫はカトリックなのですが、赤ちゃんにとって洗礼式は第二の誕生日と言われるほど、大事な日のようです。私はカトリックではありませんが、なんの宗教であれ、信じるものがあれば強くなれるかなと思っているので、幼児洗礼にも抵抗はありませんでした。
たしかに、こういった機会に家族が終結することは本当にありがたいこと。洗礼式の途中で、参列者がLのために願うことを言う場面があったのですが、ウルウルきちゃいました。
ゴッドファザー・ゴッドマザーはいい慣習だと思いますが、実際その役割を負う身にとっては大変なこともあるかも。。。夫も甥二人のゴッドファザーなのですが、二人のために口座を作ってお金を積み立てていたり、遊園地に連れていったり、なかなかマメでないとこなせないお仕事だったりするんですよー。

投稿: ハイジ | 2010年1月22日 (金) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/33037390

この記事へのトラックバック一覧です: Lの洗礼式:

« 両親、帰国 | トップページ | 二ヶ月検診 »