« 荒れた一週間 | トップページ | ニュルンベルク動物園 »

ドイツに来て感じたこと

スイスのバーゼルからドイツのニュルンベルクへ引っ越してはやくも一ヶ月半。国をまたいで引越しても、言語(ドイツ語)、食文化、人々の週末の過ごし方、といった点において両国がとても似ているので、カルチャーショックも受けずに順応しつつあるように思います。

とは言え、ドイツらしいな~と感じた点もいくつか。

20100505_einkaufen まずは、商品が安くて種類豊富な点。とにかく買い物が楽しいです。徒歩圏内のスーパーだけでも、Edeka、Real、Aldi、Marktkauf、Netto、Norma、Lidl、とより取り見取り。スイスではほぼMigrosとCOOPの二者選択だったことを思うと、選択肢があるということはなんて素敵なのでしょう。EU国からの輸入品も豊富。
さらには、価格に関しては、スイスの半分ないしは3割引き。ついついスイス価格と比べてしまい、結果、安い安いとあれこれ買い込んでしまっているような。。。

20100401_auto_2 ドイツと言えば、Autobahn(アウトバーン。高速道路)。周りがみな飛ばしているので、トロトロ運転していると逆に危険と思われ。時速170kmで警察を追い越してしまった瞬間には、ドイツにいることを実感しました。
と、スピード狂の多いドイツですが、一方でスピード厳守が徹底しているのもドイツの特徴。住宅街の30km制限道路では、前がすいていようとも、監視カメラが(スイスと比べて)少なくとも、きっちりと速度遵守です。この辺も、ルールに厳格なドイツ人らしさかと。
因みに、見かける車はフォルクスワーゲン、ベンツ、アウディ、BMWあたりが多く、高速運転を前提に作られているようなスキがなく、頑丈そうなのが多いです。ニュルンベルクでは日本車はあまり多くは見かけません。

20100404_burg_5 ドイツは歴史認識がしっかりしていると言われています。スイスでもそうでしたが、ドイツでは輪をかけて歴史に関するドキュメンタリーが多い気がします。5月8日の終戦記念日の時期と重なったこともありますが、「ドレスデン」「ヒトラー ~最期の12日間~ 」などの映画なども連日TVで放映されていました。過去に、ドイツのオフィシャルな文化機関であるゲーテ・インスティトゥートでドイツ語を学んだ際にも、歴史物を読まされ、ドイツは歴史にしっかりと向き合える国という印象を抱きました。自国の非を認め、歴史に関する事実を次世代に伝えられる国は少ないのではないでしょうか。

ドイツは合理性を重んじるお国柄。ビールグラスのメモリは有名ですが、Pfand制度にも驚きました。ペットボトルやビールを買うと、飲み物の料金に容器代が上乗せされます。これがデポジット。飲み終わった容器を返すとデポジット代が返却されるという仕組み。リサイクルを徹底させるための方策のひとつなのでしょう。
このPfandのシステムは、遊園地やビアガーデンにも導入されていますが、エコ大国合理主義のドイツを感じさせます。

ドイツとスイス、隣国同士と言えど、お国が違えばで面白いです。

|

« 荒れた一週間 | トップページ | ニュルンベルク動物園 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

以前のブログで、ドイツ人の人懐っこさと、お節介なところがあることを、楽しく読みましたが、やはり決まりを守ることに関しては厳格なんですね。ドイツを訪れた人の話では、街も公園もゴミひとつ落ちていないきれいさ、どこも整然とした印象、と聞きましたが公共のモラルの高さでしょうか。東京に次いで物価高のスイスと違って、買い物が楽しめるのは、女性にとって大事な要素でもあります。ましてそこで生活するとなれば、なおさらです。ドイツの生活大いに満喫してください。


投稿: rosemary | 2010年5月23日 (日) 06時30分

rosemaryさん、ここニュルンベルクはバイエルン州に属しますが、バイエルンに住む人々はドイツの中でも豪放磊落な気質で知られています。ビアガーデンで陽気に太鼓っ腹を抱えてジョッキを飲み干しているイメージ。(←ステレオタイプでごめんなさい。)そんな大らかさと生真面目さが同居している人々。これらからもっと色々な人と接して詳しく探ってみたいところです。
スイスから比べると、東京の物価も安く感じられますからねー。それはともかく、ユーロがどんどん安くなっていますが、EC圏へ旅行するなら今がチャンスかと。ぜひ遊びに来てくださーい。

投稿: ハイジ | 2010年5月24日 (月) 13時10分

楽しそう!
買い物の選択肢が多いのは、すごーーーく羨ましいです!
スイスも、私が結婚した頃は、コーラとかDeppo(Pfand)のものが殆どでしたよ~、
ここ最近じゃないかな、スイスで使い捨てのものが主流になってきたのは。

ドイツ人の歴史に対する真摯さは、ダンナ氏もよく言ってます。

投稿: Mic | 2010年5月24日 (月) 22時09分

Micさん、スイスでも以前はDeppoだったんですね~。Deppoのシステムが定着しなかったのは、なんでだろう。。。
買い物に関しては、物欲が少ない私でも、ちょっとウキウキしています。ショッピングモールも近くにあるので、雨の日はそちらに繰り出したりしています。子供が遊べるスペースやフードコートは子連れには便利。先日はたまたまPuppenteaterが開催されていたので、見てきました。スケートリンクがあったりするアメリカのモールには適わないけれど、結構使えます。明日も雨。モール日和かもです。

投稿: ハイジ | 2010年5月25日 (火) 14時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/34743005

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツに来て感じたこと:

« 荒れた一週間 | トップページ | ニュルンベルク動物園 »