« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

L、8ヶ月

L、すくすく成長中。

8ヶ月を目前にしてようやく寝返りが出来るようになりました。
とは言っても、たまーに気が向けば寝返りをうつぐらいで、
普段は仰向けのままで満足している現状維持派のようです。

手先も器用に。6ヶ月の検診の際に、レーズンをつまむことが出来て
先生をも驚かせましたが、小さいものをつかんだり、手を持ち替えたり、
両手で別々の物を持ったり、格段に手先が発達しました。
パンくずやゴミを一生懸命拾おうとしている姿も可愛いもの。

離乳食も3回食に移行済み。自分で哺乳瓶を持って飲んだりします。
コップも自分で飲みたがりますが、まだ危なっかしいので、私が手を添えています。
ストローはまだ。

下の前歯が生えてきました。Nは一歳になったときにようやく生えてきたのですが、
Lの歯は早めかも。そろそろ断乳かな。

後追いもするように。私の姿が見えなくなると、すがるようにエーンと泣くことがあります。
お腹がすいた時には大泣き。あとは、顔を拭くのと、服を着るのがあまり好きではなく、
嫌そうに泣き声をあげることはあるぐらいで、どちらかというと泣かない子です。
なぜ泣いているのか分からず途方に暮れる、といったことは殆どありません。
(泣いていても、あまり気にならなくなったせいもありますが。。。)

二週間ほど前に、喉に炎症を起こし39度の熱を出しました。緊急で診てもらいましたが、
下剤(Dafalgan)と喉の炎症を抑える薬を処方してもらい、三日後には回復。
生まれた直後に黄疸が出て入院して以来の大きな出来事でした。

身長・体重ですが、6ヶ月検診のときは、それぞれ67cm、7kgでした。
それから二ヶ月。68cmのボディーがキツイので、さらに伸びている気がします。
N同様、やや痩せ型。

さいごに、平均的な一日の流れを書き留めておきます。
お出かけのときなどは、またぜんぜん違う生活リズムになりますが、
それでも適当に流れに従ってくれるので、助かっています。

07:00      起床
08:00      朝ごはん(バナナなど果物)、おっぱい
09:30~10:30  ねんね
11:30      お昼ごはん(BF、Griessbrei、ご飯に野菜を混ぜたものなど)、おっぱい
13:00~15:00 ねんね
17:00      夜ごはん(BF、Griessbrei、大人の夜ごはんから少し)
19:00      おっぱい→ねんね
22:00      おっぱい
14:00頃    (たまに、おっぱい)

20100717_l_in_buggy

20100716_l_schlafen

20100718_nl_beim_essen

20100719_fernseher

20100727_l2   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

波乱な日

友達の訪問の続きですが、三日目はうちに遊びに来てもらいました。
一緒にランチをしておしゃべりに明け暮れて。
友達が子供たちの面倒を見る間に、洗濯物をたたんじゃったり、魔法の手を持つ友達に
マッサージまでしてもらって、極楽だわ、なんて思ってリラックスしまくっていたところ、
Nが手に負えなくなるほど大荒れ状態に。

今思えば、朝から雲行きが怪しかったんですね。。。
DVDを自分でセットしたかったと言っては泣き叫び、チェリーの種を落としてしまったのは
私がしゃべっているのが原因だと理不尽に人のせいにしたり、大人同士が話していて
関心がNに向かないときなどに大声で割り込んできたり、杏仁豆腐をスプーンで上手に
すくえず、「この杏仁豆腐は言うことをきかない」と怒ったり、「楽しくやろうよ。」と言って
なだめ聞かせても「分かっているから言わないで。」と逆ギレされる始末。

Nとしても友達に会うのを楽しみにしていたくせに、どうして台無しにするようなことを
するのだろうと、私のイライラも絶頂に。
「大好きだよー」と抱っこして言い聞かせる方法も効かず、またすぐに同じことの連続。
「泣いたり怒ったりで、楽しく出来ないのだったら、もう置いていく」と強攻策に出ると、
「みにくいアヒルの子みたいになりたくない。一人ぼっちになりたくない」と泣いて訴えるN。
さすがに参りました。。。

Nにてこずることはあっても、これだけ大荒れの状態が続くことは珍しく、
いっきに溜まっていたストレスが湧き出したのかと夫と途方に暮れました。
友達が指摘するように、引越しがあり、幼稚園に通い始め、
母親は相変わらず下の子に構う時間が長く、Nも辛いのかもしれません。
環境の変化が心に及ぼす影響は大きいもの。
Lに対して一度も手をあげることがなく、いつも優しいお姉ちゃんで、幼稚園でも
ドイツ語で気丈に頑張っていて、4歳ながらに無理しているのかもしれません。
友達も経験を語ってくれましたが、落ち着くまでには半年ぐらいかかるとのこと。
今、Nは心の奥に寂しさや緊張、不安を抱えているのかもしれませんが、
それらが、抑圧されて溜まっていかぬよう、ひたすら愛情を注いで、耐えるしか
ないのかなぁ、と思っています。

この四ヶ月間、私も必死で新しい環境に慣れようとして、Nの変化に気が付いてあげら
れなかったことも確か。もしかしたら、もっと前からNはSOSを出していたのかも。。。
良かれと思って、あちこち連れ出してニュルンベルクが楽しい所だと思えるように
親として努力してきましたが、それよりもっと向き合って、遊んだり、じゃれ合ったり、
してあげた方が良かったのかな。。。

はるばる遠くから来てもらった友達に、気まずい思いをさせてしまったのは悪いなぁと
思いつつも、心許せる友達にこのような現状を見てもらって、相談にのってもらえたことは
本当に有難く、救われるような思いがしました。
ニュルンベルクでは、まだここまで突っ込んだ話の出来る友達はおらず、
知らず知らずに自分の中で溜め込んでいたのかも。
一人であれこれ悶々と考えていると、堂々巡りになったり、どんどん
ネガティブな方向に行ってしまったりしますからね。。。
友達に話せたおかげで、ちょっと吹っ切れたような、方向転換が出来たような、
すがすがしい気持ちがしています。

お友達には本当に感謝しつつ、また次に会える日を楽しみにして。
それまで、ぼちぼち頑張るね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

素敵な再会

20100722_bahnhof

Sくん「ICEに乗っていくからねー」
N「待ってるよー」
Sくん「待っててねー」
N「待ってるよー」

電話ごしに、恋人さながらの会話をするSくんとN。
そんな打ち合わせを経て、バーゼルのお友達二人がそれぞれ二人の子供たち
(我が家と年齢構成が近い)を連れて、約5時間も電車に揺られてやって来てくれました!
駅に降り立ったEちゃんとSくんから飴とガーベラをお土産にもらったNは、
久々の再会に照れくさそうな顔もしていましたが、すぐに打ち解けました。

  

20100722_kinder_lorenz_kirche

ホテルにチェックインした後は、街に繰り出しました。
疲れ知らずの子供たちは、はしゃぎまわります。

  

20100722_kinder_bruecke_2

友達と一緒だと寄り道だってなんだって楽しいね。

  

20100722_kinder_marktplatz

奇跡のスリーショット。

  

20100722_kinder_marktplatz2

世話焼きN、本領発揮で、Sくんにパンを与えていましたっけ。。。
鳩のエサやりのつもりでしょうか。。。失礼、Sくん!

  

20100722_bratwurst

夫も合流し、Bratwurst Rösleinへ。
ニュルンベルガーソーセージをバクつきます。

  

20100722_mm

ドイツ的には、なかなかサービスもよい店で、子供用椅子にクッションまで
用意してくれました。下の子たちもなにげに交流中。赤子が並ぶと可愛いですね~。
二人目は手がかからないのは、どこも一緒のようで。

  

20100723_kinder_in_playmobil

二日目は雨の予報が出ていましたが、雨が降っておらず、思い立って
Playmobil Funparkヘ。

  

20100723_nmml_in_playmobil

到着したのがお昼近かったので、まずは腹ごしらえです。
でも、子供たちはご飯そっちのけ。
Nも、友達がいると、親の目が届かないところまで行って遊んでくれました。

親も、いかだを漕いでみたり、おっかなびっくり滑り台を滑り降りたり、
体を張って遊びました。子供たちをおっかけまわしたり、下の子をあやしたり、
途中から雨が降ってきてしまったりで、写真があまり撮れなかったことがちょっと残念。

  

20100723_ubahn

帰りの地下鉄で。さすがに子供たちもお疲れの様子。

  

20100724_sushi

三日目はうちに来てもらって、ランチをしたり、マッサージをしてもらったりと、
まったりと過ごし、夜は東京寿司というお店に繰り出しました。
なんだか酔っ払い(?)みたいな3人です。

    

20100725_burg

そして最終日は、天候にも恵まれ、カイザーブルクへ。
小高い丘の上にあるお城なのですが、バギーを押しつつ、上の子たちにも
発破をかけながら進ませるのはなかなか難儀。

  

20100725_aussicht

でも、お城からの街並みは、これぞニュルンベルクといった眺めで一見の価値ありです。

  

20100725_lunch

そして、近くのBurg-Wächterでランチ。子供のメニューといえど、このポーション。。。
小競り合いもありの子供たちですが、これからもずっと仲良しでいてね。

  

20100722_blume

本当に楽しい時間でした。
この4ヶ月間、日本人との接触が無く、日本語に飢えていた私。
友達二人が帰ってしまって、意気消沈してしまいましたが、またの再会を楽しみにして!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の遊園地

20100710_freizeitpark

先週、夏真っ盛りの日に、Freizeitland-Geiselwindという遊園地に行ってきました。かなりローカルな遊園地ですが、 地元では誰もが一度は行くというようなメジャーどころ。

   

20100710_hitze

じりじりと照りつける太陽が皮膚に突き刺さるような暑い日でした。

  

20100710_schwan

週末だというのに、人も少なく、どのアトラクションも待ち時間無しで乗れました。こういった小さい子供対象の乗り物は、ほとんど貸切状態。130cm以上の子供対象の乗り物が多かったのですが、特にチェックも無し。

  

20100710_merrygoround

メリーゴーランド。私はこういう回転系の乗り物が大の苦手なのですが、Nはへいっちゃらな様子。立て続けに二回も乗っていましたが、こちらは見ているだけで足元がフラフラしてきそうです。

  

20100710_jet_coaster

今回初めてNはジェットコースターを体験。出発前は余裕の笑顔だったのですが、戻ってきたときには顔がひきつっていました。遊園地=ジェットコースターという構図が頭の中にあるのもので、つい、乗ってみる?とせかしてしまった私のせいですが。。。

  

20100710_wasserspiel

この日は、暑さのせいもあり、水関連のアトラクションが人気のようでした。Nと乗ったウォータースライドも楽しかったなぁ。(絶対、子供より親が楽しんでいた。。。)

  

20100710_voegel

この遊園地には動物園も併設されていますが、動物と触れ合ったり、ポニーに乗ったり出来ます。「鳥になりたい」がブームのNは、鳥にエサやり。でも、鳥に近づきすぎて逃げられたり、離れすぎたところにエサをばら撒いて気づいてもらえなかったり、まだ微妙なコツをマスターしきれていない4歳児です。

  

20100710_wippe 

大人しくてついつい存在を忘れがちになってしまうのですが、Lはこの日もよく付き合ってくれました。あちこち連れまわされたのにもかかわらず、文句ひとつ言わず(当たり前ですが)偉いなぁ。動物園内の小さな公園では四人でシーソーをしましたが、普段あまり構ってもらえないせいか、ちょっとでも抱っこしたり構ってあげると、非常に喜ぶ健気な0歳児です。

  

20100710_l

炎天下でしたから、途中からLはオムツ一丁に。抱っこされながら、私の一眼レフに触ろうと必死になっているころです。

  

20100710_kataguruma

後半戦、疲れてきたNは、パパの肩車に。毎度お決まりのパターンです。190cmの肩車は、確かに眺めはよさそう。でも、最近また腰が痛み出したと言う夫が心配。。。

  

20100710_n

Nは、エサやりの際に拾った孔雀の羽を絶えず持ち歩いていたのですが、帰る間際、駐車場に置き忘れ。車に乗るやいなやバタンキューだったのですが、家について孔雀の羽がないと気づいたときには、それはもう張り裂けんばかりの号泣。せっかく楽しい一日だったのに、ぶち壊さないでおくれ~、と思ってしまうのですが、その辺はまだまだ4歳児ですねぇ。。。

  

20100710_l_in_buggy

遊園地デビュー(移動式遊園地は体験済み)を果たしたNとL。感想としては、親は結構楽しめましたが、子供たちにはまだ刺激が強く、難易度が高過ぎたかも。ドイツ最大のヨーロッパパークあるいはパリのディズニーランドはしばしおあずけです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

日本語であそぼ

20100701_en

またもやチューリッヒ関連ですが、義母の車を借りて友達にも会いに行きました。

ほぼゲリラ的に押しかけてしまったのですが、気さくなおもてなしで
居心地がいいのは以前と変わらず。
スイスの実家滞在で、ご飯がすでに恋しくなってきてた頃だったので、
こしらえてもらったおにぎりが、やけに胃にも心にもしみました。

  

20100701_spielen1

大きなお庭。
遊んでいると、お隣さんがチェリーを摘み取ったからお裾分け、と庭の垣根の間から
やってきました。こういう環境、いいですねぇ。
子供たちはすいかの種をピッと飛ばしたり、水着姿で砂まみれになって遊んだり。
夏だなぁ。

  

20100701_teilen

シュタイナーの幼稚園に通うEちゃんは、見立て遊びや収集が上手。
Nととても似ているのでウマがあうだろうなぁと勝手に思っていたのですが、なかなか図星。
久しぶりでも仲良く遊んでくれました。勿論、親の仲裁がところどころで入りますけどね。

途中、二人はドイツ語に切り替わって会話をしている場面もありました。
「おうちごっこをするときはドイツ語なの」、とはNの弁。
この二人、いつかは、ドイツ語に切り替わってしまうのだろうか、、、とやや複雑な心境。

  

20100701_singen1

大人同士でおしゃべりにあけくれている間、EちゃんとNはLをあやしてくれました。
「むすんで、ひらいで~♪」と二人の歌声が聞こえてきたときは、嬉しかったなぁ。
Lもお姉ちゃんたちにあやしてもらいながら、ガールスパワーを体感できたかな?

「どうぞ」「じゅんばんこ」の場面も増えたし、子供たちは成長したことを実感。

ニュルンベルクではまだ日本人で知り合いはいないので、日本語に飢えていた
Nと私。やっぱり同胞はいいなぁ、と肌身で実感した一日でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

Züri Fäscht 夏祭り

チューリッヒ滞在の続きです。

この日は、3年に一回開催されるスイス最大のお祭り、"Zuerifaescht(Zurich Fest)"に
猛暑の中、行ってきました。

 

20100703_albis

道路は混むだろうということで、船で市内に繰り出します。

  

20100703_ml

この案が正解。ゆったりと、船上で風を感じながら、しばし湖上の風景を楽しみます。
これだから湖のあるチューリッヒはいいなぁ。

 

20100703_buerkliplatz

見えてきました!市内の中心であるBuerkliplatzに到着。

  

20100703_strasse

この日は100万人のひとでだったそうですが、普段は落ち着きのある街並みが
人でごったがえしていました。

とは言え、日中はまだマシだったようで、バギーでいくか抱っこ紐でいくか
迷っていたのですが、バギーで十分OKでした。

  

20100703_eis

友達家族と合流。久しぶりにあってぎこちない子供たちの心を、まずはアイスで
解きほぐします。(親もビール休憩したいしね。)

  

20100703_staende

道沿いには、ブラジル料理、パキスタン料理など国際色豊かな屋台が並んでいました。
移動式遊園地や空港ショーあり、夜にはメインアトラクションの花火ありと、
なかなか派手なお祭りです。

屋台から漂ってくる匂いに惹かれまくっていた私ですが、子供がいると
どうしても思うようには身動きがとれません。
観覧車に乗ったり、鴨に餌をやったり、子供たちを楽しませるのがメインでした。

  

20100703_zuckerwatte1

お祭りに付き物。

  

20100703_patrouille_suisse1

そして、夫が見たがっていた、パトルイユ・スイス(いわゆる、スイス空軍のTop Gun)
による曲芸飛行。青空をバックに9機の一糸乱れぬアクロバティックな飛行に目が覚めました。

   

20100703_l_schlafen

この日もつきあいのよいL。帰りはZwieback(ラスクのようなもの)を握り締めたまま、
パパの腕でストン。

三年後はどこにいるんだろう、またお祭りに参加できるかな、といったことを
思いながら帰途につきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チューリッヒの実家にて

先週は、Nをチューリッヒまで迎えに行くついでに、私とLも義両親宅に一週間、
お世話になってきました。

  

20100628_db

ニュルンベルクからチューリッヒまでは、列車で。ミュンヘンで一回乗り換え、計6時間半。
ミュンヘンまではドイツの超特急列車ICEだったのですが、Kleinkinderabteilungという
幼児のためのコンパートメントを利用できました。バギーごと入るゆったりとした空間、
隣にはオムツ替えの出来るお手洗い、と快適。な~に、列車の旅なんて楽勝だわ♪
なんて思っていたのですが、その後のミュンヘン発のスイスの列車は混雑しているわ、
Lは愚図るわで、写真を撮る余裕もないほどでした。。。

  

20100630_nl_relaxen

チューリッヒ駅で迎えてくれた義父とN。感激の再会を果たしてチューリッヒ郊外の家へと
向かいました。ほっと一息ついたのは、私だけではなく、NとLもしかり。リラックス中です。

  

20100630_nl_kuesschen

NはLにあえて嬉しそう。ただくっついていたり、ちょっかいを出したり。Lの耳、さっそく
狙われていますが。

  

20100630_freibad

先週は真夏日が続いていたので、夕方からクールダウンしにプールへも出向きました。
18時半でこの明るさ。サマータイム万歳です。

  

20100630_npool

水遊びに興じるN。
月に2回のペースでパパがプールに連れていってくれるので、水に大分慣れてきました。
ゴーグルを使って顔に水をつけたり、すっかり水の子です。

  

20100630_abendessen

食卓の風景。トルテッローニとZwetschkenwaehe(西洋スモモのタルト)の残りとサラダ。
典型的な夜ご飯です。簡単ですが、作ってもらえるんですからね、文句は言うまい。

  

20100630_ltisch

Lもしっかり食卓に参加しています。ハイチェアだとまだグラグラするので、クッションを
回りに詰めています。

  

20100630_zwetschkenwaehe

このスモモのタルトは義母の十八番。おやつに、時には夕食にも堂々と登場したりします。
市販の生地にアーモンドの粉をふりかけ、プラムを並べて20分ほど焼き、
生クリーム+砂糖+卵を溶いたものを注いで更に20分ほど焼くだけ。
スイス人と結婚したからには、これを作れないと、といった雰囲気のタルトなり。

 

20100702_nfreibad

そして週末には夫も合流。家族揃って、再びプールに行ったときの写真ですが、
Nはさらに饒舌に。夫も、Nのドイツ語の上達振りには目を見張っていました。
最近口ずさむのはもっぱらドイツ語の歌ばかり。子供の頭の柔らかさには脱帽です。

  

20100704_en

そうこうしているうちにあっという間に一週間が過ぎ、ニュルンベルクに帰る日に。
帰り道は、Lのゴッドファザー宅にも立ち寄りました。何度もお邪魔していますが、
二人のお子さんがいるゴッドファザーの家はとても居心地がよく1時間予定していた
滞在がたやすく2時間に。

  

20100704_lk

9ヶ月の女の子と背比べをしたりも。それにしても、L、頭がかなり大きいかも。
0歳児たちが無邪気に遊ぶ傍ら、Nと二歳半のEちゃんは牽制し合うなど
いまいち絡めず、時間切れ。次回に持ち越しです。

  

20100704_rasthof

車だとチューリッヒからニュルンベルクまではシュトゥットガルト経由で約5時間。
でも、休憩を4回はさみながらなので、計7時間ほどかかりました。
パーキングエリアで義母の作ってくれたサンドウィッチを頬張ったり。
N、好きなハムだけ取り出していますが、ぽにょ並みにハムがお好きなようで。

そんなこんなで楽しかった一週間。
時間がゆったり流れるチューリッヒの実家滞在、クセになりそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

試練の3日間

20100708_park

写真とは関係ありませんが、ドイツ、負けてしまいましたねェ。。。

昨日から夫はマヨルカに出張しています。
夫によると、昨晩は、会社の人たちは仕事のことはさておきドイツTシャツに
身を包み、一丸となって観戦したそうですが、その甲斐むなしく負けてしまい、
気落ちしているようです。
何をしにマヨルカに行っているのかやや疑問が残りますが。。。

でも、スペインチームも素晴らしかった!そのスペインに対しあれだけよい試合が
出来たのだから、、、とすっかりドイツ贔屓になってしまった熱しやすい私は自分を
自分を慰めています。

 

20100707_nlzoo

夫不在の三日間ですが、昨日は動物園、今日は公園へと繰り出しました。
チューリッヒではうまくいっていたNとの関係ですが、戻ってきてからはため息をつくことが
多いです。同じことを注意しまくっている自分に嫌気が差すことも多々。
夫が居ないと、自分の気持ちに余裕が無くなるのが、一番の原因でしょう。

    

20100706_nl2

しっかりやろうと気が張り詰めてしまうと、余計に空回りするので、こんなときは、
思いっきって家事を放棄して堕落してみるのも方法なのでしょうけれど、
こういうときに限って私の中の几帳面な部分がにょきにょきと顔を出してしまいます。

  

20100707_trampolin1

まさに試練の三日間。家にいては悶々としてしまって解決の糸口が見えないので、
出かけまくっているというのが実情です。本来であればこんな日差しの強い日には、
家にこもっていたいところなのですけれどね。。。

 

20100707_nzoo1

二人子供がいると、自分のことはおろそかに。日焼け止め、日傘、帽子、手袋と
完全防備で出かけるわけには到底いかず、もうあきらめ境地、いや、半分投げやりに
なってしまって、こんがりと焼けてきた肌をさらしまくっています。

でも、外で新鮮な空気を吸うと、やはり癒されますね。自然のパワーに感謝です。
明日を乗り切ったら週末だ。がんばろう、自分。

 

20100706_nl1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »