« 試練の3日間 | トップページ | Züri Fäscht 夏祭り »

チューリッヒの実家にて

先週は、Nをチューリッヒまで迎えに行くついでに、私とLも義両親宅に一週間、
お世話になってきました。

  

20100628_db

ニュルンベルクからチューリッヒまでは、列車で。ミュンヘンで一回乗り換え、計6時間半。
ミュンヘンまではドイツの超特急列車ICEだったのですが、Kleinkinderabteilungという
幼児のためのコンパートメントを利用できました。バギーごと入るゆったりとした空間、
隣にはオムツ替えの出来るお手洗い、と快適。な~に、列車の旅なんて楽勝だわ♪
なんて思っていたのですが、その後のミュンヘン発のスイスの列車は混雑しているわ、
Lは愚図るわで、写真を撮る余裕もないほどでした。。。

  

20100630_nl_relaxen

チューリッヒ駅で迎えてくれた義父とN。感激の再会を果たしてチューリッヒ郊外の家へと
向かいました。ほっと一息ついたのは、私だけではなく、NとLもしかり。リラックス中です。

  

20100630_nl_kuesschen

NはLにあえて嬉しそう。ただくっついていたり、ちょっかいを出したり。Lの耳、さっそく
狙われていますが。

  

20100630_freibad

先週は真夏日が続いていたので、夕方からクールダウンしにプールへも出向きました。
18時半でこの明るさ。サマータイム万歳です。

  

20100630_npool

水遊びに興じるN。
月に2回のペースでパパがプールに連れていってくれるので、水に大分慣れてきました。
ゴーグルを使って顔に水をつけたり、すっかり水の子です。

  

20100630_abendessen

食卓の風景。トルテッローニとZwetschkenwaehe(西洋スモモのタルト)の残りとサラダ。
典型的な夜ご飯です。簡単ですが、作ってもらえるんですからね、文句は言うまい。

  

20100630_ltisch

Lもしっかり食卓に参加しています。ハイチェアだとまだグラグラするので、クッションを
回りに詰めています。

  

20100630_zwetschkenwaehe

このスモモのタルトは義母の十八番。おやつに、時には夕食にも堂々と登場したりします。
市販の生地にアーモンドの粉をふりかけ、プラムを並べて20分ほど焼き、
生クリーム+砂糖+卵を溶いたものを注いで更に20分ほど焼くだけ。
スイス人と結婚したからには、これを作れないと、といった雰囲気のタルトなり。

 

20100702_nfreibad

そして週末には夫も合流。家族揃って、再びプールに行ったときの写真ですが、
Nはさらに饒舌に。夫も、Nのドイツ語の上達振りには目を見張っていました。
最近口ずさむのはもっぱらドイツ語の歌ばかり。子供の頭の柔らかさには脱帽です。

  

20100704_en

そうこうしているうちにあっという間に一週間が過ぎ、ニュルンベルクに帰る日に。
帰り道は、Lのゴッドファザー宅にも立ち寄りました。何度もお邪魔していますが、
二人のお子さんがいるゴッドファザーの家はとても居心地がよく1時間予定していた
滞在がたやすく2時間に。

  

20100704_lk

9ヶ月の女の子と背比べをしたりも。それにしても、L、頭がかなり大きいかも。
0歳児たちが無邪気に遊ぶ傍ら、Nと二歳半のEちゃんは牽制し合うなど
いまいち絡めず、時間切れ。次回に持ち越しです。

  

20100704_rasthof

車だとチューリッヒからニュルンベルクまではシュトゥットガルト経由で約5時間。
でも、休憩を4回はさみながらなので、計7時間ほどかかりました。
パーキングエリアで義母の作ってくれたサンドウィッチを頬張ったり。
N、好きなハムだけ取り出していますが、ぽにょ並みにハムがお好きなようで。

そんなこんなで楽しかった一週間。
時間がゆったり流れるチューリッヒの実家滞在、クセになりそうです。

|

« 試練の3日間 | トップページ | Züri Fäscht 夏祭り »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

毎日暑いからプールへいきたいなておもうのですが、人が多そうでついつい先延ばしにしています。もっぱら森へ行くばかりですがそれはそれでたのしいものですね。

電車のたびをおひとりでされたなんてすごいですね。さすがです。

投稿: saharu | 2010年7月10日 (土) 14時15分

saharuさん、そうですね、プールはドイツでも(特に午後は)激混みです。プール担当はパパで、Lと私は家で留守番というパターンが多いです。森もいいな~、懐かしいです。

一人で子供を連れて5時間も運転できないので電車を利用したのですが、なかなかよい経験でした。スイスの列車内でトイレに行くときは、同じく幼児連れのお母さんにLを見ていてもらえるように頼んじゃったり。なんとかなる、ということが判明。

この暑さには参りますねぇ。。。ちょと前には寒い春だと文句を言っていた気がするのに。。。ご自愛くださいね!

投稿: ハイジ | 2010年7月12日 (月) 12時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/35687817

この記事へのトラックバック一覧です: チューリッヒの実家にて:

« 試練の3日間 | トップページ | Züri Fäscht 夏祭り »