« L、8ヶ月 | トップページ | こんな週末 »

ニュルンベルク観光

20100700_burg1

住み始めてはや4ヶ月。少しずつですが、この街に馴染んできました。地図なしでも大体場所が分かるようになってきたところで、今日は旧市街をご紹介。

ニュルンベルク(Nürnberg)はワーグナーの歌劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」や第二次世界大戦中の「ニュルンベルク裁判」などでお馴染みかもしれませんが、ドイツ最大のクリスマスマーケットの会場として、あるいは画家デュラーの生誕地などでも有名です。
中世においてはヨーロッパ最大の商業都市でしたが、街を散策していると、その輝かしい中世の時代にタイムトリップできます。現在は、バイエルン州ではミュンヘンに次ぐ第二の都市。

 

20100700_burg2

街の北部には、ニュルンベルクのシンボルとも言うべき、カイザーブルク(Kaiserburg)があります。1050年にハインリヒ3世が築城し、その後神聖ローマ帝国のすべての王がここに滞在したというお城です。度重なる増改築を経て、15、16世紀に現存のものが出来上がったそうです。お城というより、堅牢な城塞といった様相。

  

20100700_aussicht

お城の見晴台からの眺めです。ジンベル塔(Sinwellturm)からはさらに良い眺望が得られるそうですが、赤子を抱いて螺旋階段をあがるのはちょっと厳しいので、断念。

  

20100700_duerer_haus

カイザーブルクの西側の階段を下りると、15~16世紀のルネサンス期に活躍したドイツを代表する画家、アルブレヒト・デューラー(Albrecht Dürer)の家に行き当たります。現在は博物館として公開されています。

  

20100700_henkersteg

さらに進むと、ペグニッツ川に架かる死刑執行人の小橋(Henkersteg)という名前の橋が見えてきます。この辺りは観光客も少なく、ますます中世の迷い込んだような錯覚を呼び起こします。

  

20100700_hauptmakrt

そして、ハウプト広場。クリスマスマーケットの会場となります。普段は、月から土曜日まで市場が開かれています。

  

20100700_markt

新鮮な野菜たち。鮮やかな色ですね~。イチゴは終盤に、さくらんぼやすももが旬を迎えています。"Frankische(フランケン地方の)..."と書かれた値札に、地元の人の誇りが現れているように思います。

 

20100700_frauenkirche_2

ハウプト広場にあるフラウエン教会(Franenkirche)のファサード。仕掛け時計があり、1日1回正午に動くそうです。

 

20100700_st_lorenz_kirche

旧市街の中心に位置する聖ローレンツ教会(St.Lorenz Kirche)。ゴシック様式で、2本の尖塔を持った教会。「受胎告知」のレリーフ像が見どころだそうです。

 

20100700_handwerkershof

旧市街に入るとすぐ左手にあるのが職人広場(Handwerkerhof)。木組みの家が立ち並び、皮製品のお店やレープクーヘンを焼く店など伝統手工芸の店が集まっています。

 

20100700_einkaufen

旧市街内には歩行者専用道路がいくつも設けられています。総延長にして6kmほどのショッピングプロムナードはドイツで一番長いとか。徐々にお店を開拓して、お気に入りのお店が見つかるといいな~。

 

20100700_nuernberg

ニュルンベルクは人口50万人の中規模都市であり、ドイツの中でも治安がもっとも良い都市だそうです。冬を体験していないのでなんとも言えませんが、夏に関して言えば、ファミリー向けのアクティビティーも多く、とても居心地の良い街。先週末も旧市街内では音楽祭が催されていました。

住めば都となりつつあるニュルンベルク。小さな楽しみを増やして行きたいな、と思っています。

|

« L、8ヶ月 | トップページ | こんな週末 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ちょっと前の記事を見て、
スイスから遊びに行っている人もいるんだ~、私も行きたいな!と調べてみたら。
ありゃ、電車で7時間半ですね、えーそんなにかかるのか、とちょっとビックリしました。
でも写真を見ていたら、ますます行きたくなってきた、クリスマス市も行ってみたいし、
マーケットに弱すぎる私はこういう大規模な市も見てみたい…もちろん建物も魅力的…
真剣に悩み始めてます(笑
車だと500キロメートル、5時間かぁ~
もうしばらく悩みそうです(笑

投稿: Mic | 2010年8月 3日 (火) 21時25分

素敵な街並みですね~。そして、住めば都になりつつあるとニュルンベルグを紹介しているハイジさんにホッとします。落ち着いたんだな~と・・・。
ヨーロッパ中世そのものみたいな街並み、馬に乗って槍を構えた騎士が出てきそうな光景です。そして、市場がいいですね!。野菜・果物が箱に山積み、感激します。日本はパック詰め袋詰めラップでしっかり覆い、こんな光景見られないのですよ。
そうそう、昔この土地ののワインバーにはじめて入ったとき、ワインのあまりわからない私たち夫婦にマスターが勧めてくれたのが“フランケン”という名のワインでした。そちらの物ですね!

ドイツ語で寝言を言うようになったNちゃん、すくすく大きくなっているL君と、しっかりその地に根付いて元気に過ごされますように!

投稿: すーさん | 2010年8月 4日 (水) 13時13分

なんだか、町並みはあったかい色で溢れて、
市場は新鮮なあかるーい色で目がまぶしいw
日本ではあまり目にしないような
色とりどりの風景で、ステキな場所だなーって思います。
うち、自宅が県道に面したマンションの8階なので、見える景色は割と灰色・・・
夜は乏しいけど、やや夜景らしきものは
見えますが、、、
嫌いな景色ではないんだけど、
味気ないというか。。
ハイジさんが住まわれてるとこが
いつもキレイな緑や町並みに囲まれてて
憧れますw

投稿: はるみみ | 2010年8月 4日 (水) 18時01分

Micさん、まずはおかえりなさ~い!ご旅行、色々なハプニングがあったようですが、楽しかったようで何よりです。肌によい泥の温泉に母娘で入るなんていいですね~。いつか私もNとやってみたいな。
Micさんの所からだと電車で7時間もかかっちゃうんですね。車だと500km、5時間ですかー。(アウトバーンですもんね。)でも、なんとかなりそうな距離かしら?、、、なんてずうずうしくお誘いしてみちゃってます。中規模都市らしく、それなりの華やかさがありながらも落ち着きがあって、ドイツの良さをじっくり味わえるような街です。ロマンチック街道にも近いし、見所は沢山ですし。Micさんと一緒にマーケット巡りをしたら楽しそうだなぁ。。。ゲストルームを用意してお待ちしていますね~。

投稿: ハイジ | 2010年8月 4日 (水) 21時26分

すーさん、ご心配かけました。お察しの通り、母娘ともども大分落ち着きました。明日はいよいよ家にお引越し、9月からNは新しい幼稚園ということで、まだバタバタしそうですが、私が子供たちの心の拠り所となれるよう、ドシッと構えていなくっちゃ、と思っているところです。
街中のマーケットへはしょっちゅうはいけませんが、行けば行ったで楽しめます。マーケットに並ぶ野菜・果物は、市販のものより若干高めなのですが、鮮度は抜群。先日買ったチェリー1kgもその日中に皆で平らげてしまうほど甘くて美味でした。
マーケットでは子供にも味見をさせてくれたり、サービス精神も旺盛なのですが、そうなるとつい予定外のものも買い込んでしまうんですよね。。。それだけが難点かな。
フランケンワインですかー。秋になって卒乳を迎えた暁には、フランケンワインをじっくり試してみますね。
すーさんもお孫さんたちと楽しい夏休みをお過ごしくださいね。

投稿: ハイジ | 2010年8月 4日 (水) 21時27分

はるみみさん、たしかに街全体がオレンジっぽい暖色系なんですよね。そういえばフィレンツェやプラハもこういった色合いでした。ヨーロッパ特有なのかしら。。。今回は城壁で囲まれた旧市街を中心に写真を載せたのですが、郊外に行くと、またちょっと違った印象を持たれるかも。追々ご紹介しますね。
ヨーロッパも良いのですが、生まれ育った日本もやっぱり魅力的。ジブリのDVDを見ていても、心をくすぐるのは、トトロや耳をすませば。洗濯物干しや、電信柱、駅のホームの看板、縁側、、、そんなものに、日本らしさを感じたりして、懐かしさがこみ上げてくるときがあります。はるみみさんのベランダからの眺めも素敵でしたよ。ご近所さんとの交流もあっていいなぁって。どこに住んだとしても、人間関係が一番大事なのかも、なんて思ったりします。

投稿: ハイジ | 2010年8月 4日 (水) 21時34分

素敵な街ですね。瑞西はバーゼル在住ですが、クリスマス(25-28日)に家族でドイツに車で行こうかと考えております。小さい子どもが2人いまして、麺類の食べられるアジアレストランの有無(そしてクリスマス前後にあいているかどうか)が心配です。また、観光名所なども多分まってますよね。そのあたりニュールンベルグはいかがでしょうか?ご教示いただけましたら幸いです。

投稿: さる | 2011年12月 7日 (水) 19時08分

さるさん、こんにちは。バーゼルにお住まいなんですね。私もここへ来る前は、4年間バーゼルに住んでいました。バーゼル、いい街ですよね。こちらは今はクリスマスマーケットの真っただ中で、市内も賑わいをみせていますが、25日にいらっしゃるとなると、マーケットも前日に終わっていて、閑散としているかもしれませんね。おそらくスイスと同じで、25日、26日は、お休みのお店も多いかと思います。(なにぶん昨年この時期は里帰りしていたので、はっきりとしたことはお伝えできないのですが。)ちなみに、観光名所のカイザースブルグやドイツ鉄道博物館などは26日は開いているようですね。
麺類のあるアジアレストランとのことですが、バーゼルと比べると選択肢も多く、懐にもやさしいです。例えば、HiroSakao(お寿司メインだが、焼そば、焼きうどんなどあり。)、Sakura(ラーメンはまずまず。)、ISHIHARA(鉄板焼きがメインだがうどんあり。)、Sushi Glas(お寿司メイン。麺類はなかったかと。)など。アジア系のお店も市内に幾つか点在しています。ただ、ご滞在中に、開いていると良いのですけれどね。

投稿: ハイジ | 2011年12月 8日 (木) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/252447/35997653

この記事へのトラックバック一覧です: ニュルンベルク観光:

« L、8ヶ月 | トップページ | こんな週末 »